アイアン・イーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイアン・イーグル
Iron Eagle
監督 シドニー・J・フューリー
脚本 シドニー・J・フューリー
ケヴィン・エルダース
製作 ロン・サミュエルズ
ジョー・ワイザン
製作総指揮 ケヴィン・エルダース
出演者 ルイス・ゴセット・ジュニア
音楽 ベイジル・ボールドゥリス
主題歌 クイーンワン・ビジョン
撮影 アダム・グリーンバーグ
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年1月17日
日本の旗 1986年4月19日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $24,159,872[1]
次作 メタル・ブルー
テンプレートを表示

アイアン・イーグル』(Iron Eagle)は、1986年公開のアメリカ映画

概要[編集]

「捕虜となった戦闘機パイロットの父を救うべく、その息子が退役パイロットの手助けを得て乗り込んでいく」というスカイ・アクション作品。シリーズが本作を含め合計4作制作された。

なお本作に登場する戦闘機は「イーグル」の愛称を持つF-15ではなく、F-16(愛称:ファイティングファルコン)である。このF-16はアメリカ空軍が撮影協力を拒否したことから、イスラエル空軍所属のものを使用している。

ストーリー[編集]

アメリカ空軍大佐のテッド・マスターズは、F-16戦闘機のパイロットを務めていたが、中東地域の偵察飛行中に撃墜されて捕虜となり、軍事裁判死刑が言い渡されてしまう。だが、空軍は彼の救出のために出撃することを渋る。

彼の息子で、いつか父と共に空を飛ぶ夢を持つ飛行機オタクの高校生・ダグは「自分の手で父を救い出したい」と決意する。そこへ現れたのはテッドの親友であるベテランパイロットで、今は現場を退いていた「チャッピー」ことチャールズ・シンクレアであった。ダグの依頼を最初は渋るチャッピーだったが、ダグは同級生たちと組んでいた同好会「イーグル・フライング・クラブ」のメンバーを総動員し、飛行データや敵の防衛機密を基地から盗み出してみせた。そんな彼の熱意に負け、チャッピーはセスナ機によるマン・ツー・マンの特訓を施す。

そして父の処刑予定日、2人は空軍基地からF-16を2機無断拝借し、中東へ飛ぶ。途中でチャッピーが撃墜され落ち込むダグだったが、チャッピーが事前にカセットテープに録音していたメッセージを聞いて奮い立ち、1人で敵基地に向かって父を救出し離陸、追手の戦闘機も撃墜し、無事に親子で帰還することに成功した。

帰還後、ダグは査問会に呼び出されるが、誰も父を助けようとしなかったことを非難する。そこに死んだと思われていたチャッピーが現れ、2人は再会を喜び合う。空軍はダグの勇気を汲み、今回の件を誰にも他言しないことで2人の罪を不問とするという結論を出した。するとチャッピーが「ダグは口が軽いから、士官学校に放り込んで見張っていたほうが良いでしょう」と、ダグの士官学校入学を推薦する。こうして、ダグは本当のパイロットになるために進み出すのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS
チャールズ・”チャッピー”・シンクレア ルイス・ゴセット・ジュニア 内海賢二
ダグ・マスターズ ジェイソン・ゲドリック 関俊彦
テッド・マスターズ ティム・トマーソン 麦人
エリザベス・マスターズ キャロライン・ラガーフェルト 浅井淑子
アキール・ナイケシュ大佐 デヴィッド・スーシェ 筈見純
ジョエニー ショウニー・スミス 永堀美穂
マット・マスターズ ボビー・ジャコビー 羽村京子
レジー ラリー・B・スコット 鈴木勝美
トニー ジェリー・レヴィン 桜井敏治
マイロ ロビー・リスト 松野太紀
ノッチャー マイケル・ボーウェン 古田信幸
ケイティ メローラ・ハーディン 伊藤美紀
エミー キャシー・ワグナー 水谷優子
エドワーズ将軍 ランス・ルゴー 丸山詠二
役不明又はその他 西村知道
小形満
森利也
西川幾雄
秋元羊介
嶋俊介
水鳥鐵夫
翻訳 宇津木道子
演出 小山悟
調整 栗林秀年
効果 リレーション
制作 東北新社
初回放送 1989年11月7日
水曜ロードショー

シリーズ[編集]

メタル・ブルー(英語タイトル:Iron Eagle II )
第2作。1988年公開。チャッピーがソ連空軍パイロットと共同作戦を取り、中東某国のミサイル要塞の破壊作戦に挑む。
エイセス/大空の誓い(英語タイトル:Aces Iron Eagle III)
第3作。1992年公開。詳細は同項目の記事を参照の事。
アイアン・イーグル4(英語タイトル:Iron Eagle on the Attack)
第4作。1995年制作のビデオスルー作品。パイロット養成所の教官となったチャッピーが、退役して農薬散布をしているダグや、少年院から委託された教え子たちの協力を得て、キューバを細菌兵器で攻撃しようとする極右勢力の陰謀に挑む。

脚注[編集]

外部リンク[編集]