資生堂青春アワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

資生堂青春アワー(しせいどうせいしゅんアワー)は、1964年3月22日から同年8月30日まで日本テレビ系列の日曜19時00分 - 19時30分(JST)に放送されたテレビドラマの放送枠の名称である。資生堂一社提供

歴史[編集]

資生堂は1958年5月以降、『光子の窓』→『スタジオNo.1』→『あなたとよしえ』といったミュージカルバラエティ番組を提供した後、1962年5月より継続中のホームドラマ『ママちょっと来て』のスポンサーになり、続くホームドラマ『ホラ、しあわせが』までを提供していたが、1964年3月より内容を一新したドラマを放送する枠を設置するに至った。

内容は若者向けとし、主演者にも若手の俳優を起用した。そして放送期間も約1ヶ月サイクルとした。

番組ではオープニングキャッチが存在、若い男女の様子を映すと、アニメの手紙の中からタイトルカードが登場する物だった。またエンディングも有り、若い女性3人が夜の銀座を歩き、一人がバックを開けると、資生堂の商標「花椿マーク」が現れて銀座の夜を動き、最後は銀座に所在する「資生堂本社ビル」のネオンサインの「花椿マーク」に重なるという物だった。

8月30日放送の『回遊魚』をもって終了、総本数は5本だった。なお資生堂一社提供の30分ドラマは、本シリーズが最後となった。

放送作品一覧[編集]

その後の資生堂提供枠[編集]

  • 本シリーズの終了後、『光子の窓』以来6年4ヶ月続いた日本テレビの資生堂一社提供番組は一旦中断、7年2ヶ月弱後の1971年10月開始の『資生堂・サンデーヒットパレード』で再開する。
    • なお『サンデーヒットパレード』の放送枠は、奇しくも本シリーズと同じ日曜19:00 - 19:30だった。

備考[編集]

参考資料[編集]

日本テレビ 日曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
資生堂青春アワー
日本テレビ系 資生堂一社提供
ホラ、しあわせが
資生堂青春アワー