FlyingStar Records

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FlyingStar Records(フライングスター レコーズ)は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(以下、ビクターエンタテインメント)のレコードレーベル

概要[編集]

2004年10月、新人発掘と育成を目的として、ビクターエンタテインメント傘下に前身となるBabeStar Label(ベイブスター レーベル)を設立し運営を開始。2009年4月1日にFlyingStarレーベルを新設したことにより、BabeStar Labelを合併し、再びビクターエンタテインメント傘下の新レーベルとして設立された[1]

音源制作は、同じ部門内にある新人発掘育成セクションのAD ROOMと協業で担当している。ビクターエンタテインメントは、エイベックスソニー・ミュージックエンタテインメント等のように傘下レーベルを子会社として分社化していないため、本レーベルに関しても、オリコン日本レコード協会では、発売元を本社であるビクターエンタテインメントとして一貫して扱われている[2]

レーベルの運営[編集]

FlyingStar Recordsでは、ロックを主体としたレーベル運営方針を採っている[1]。BabeStarとFlyingStarの2レーベルの性質が内包されており、単発契約あるいは包括契約で所属するアーティストが綯い交ぜとなっている。

BabeStar[編集]

BabeStarレーベルでは、アーティストは通常のメジャーレーベルで行われるような期間単位での包括契約を行わず、1作品ごとに契約を行うのが大きな特徴である[3]。なお、基本方針としては、本レーベルで作品を発表した後にビクターレーベルやSPEEDSTAR RECORDSなどの主要レーベルへ移籍という過程を踏むようになっており[4]、ビクターエンタテインメントのレーベルの中では新人アーティストの登竜門的な位置付けとされている[5][6]。この方針に伴い、2005年に本レーベルからデビューしたSPECIAL OTHERSは、2006年に本レーベルからデビューしたアーティストとして初めて主要レーベルへ移籍した。また、CD価格を見直し、経費削減によってメインアイテムとなるフルアルバムを2,000円に設定するという価格破壊に成功している[3]

BabeStarというレーベル名には、スナック菓子ベビースターラーメンに由来[4]しており、赤ちゃん黒星を組み合わせたロゴマークとなっている。

FlyingStar[編集]

FlyingStarレーベルでは、BabeStarとは異なり、通常のメジャーレーベルで行う包括契約を行っている[1]。BabeStarレーベルにおけるアーティストの飽和状態を解消し、アーティストが大きく出て行くレーベル作りを目指して設立された[1]

来歴[編集]

  • 2004年
    • 10月、ビクターエンタテインメント内のレーベルとして、当時常務取締役の高垣健が中心となって、前身となるBabeStar Labelを設立。
  • 2005年
  • 2009年
    • 4月1日、FlyingStarレーベルを設立。Babestar Labelを合併し、FlyingStar Recordsを新設。つしまみれがFlyingStar Records第1弾アーティストとしてデビュー。
  • 2015年
    • DのDVD「D 47都道府県ツアー ファイナル at 舞浜アンフィシアター」を最後に消滅。

かつて所属したアーティスト[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2006年03月24日 SUPER TRANCE BABE~gorgeous~ VICB-60013
2010年07月07日 TOKYO NEW WAVE 2010 VICB-60058
2011年03月16日 GO!GO!7188 Tribute - GO!GO! A GO!GO! VICB-60069
2013年03月27日 TREASON THE CUTTING EDGE OF ROCK PRESS VICB-60102

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Musicman-NET SPECIAL REPORT ビクター新レーベル「FlyingStar Records」設立インタビュー”. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ 現在でもSPEEDSTAR RECORDSflying DOGInvitation等のビクターエンタテインメント傘下のレーベルは、全て社内分社状態となっている。
  3. ^ a b Musicman-NET SPECIAL REPORT 「音楽の中身」以外の要素、ジャンル、年齢、一切関係なく音楽そのもので評価する”. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2009年1月4日閲覧。
  4. ^ a b Musicman-NET SPECIAL REPORT あくまでメジャー流通でヒットを狙いたい”. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.. 2009年1月4日閲覧。
  5. ^ ふくりゅう. “Yahoo!ミュージック - ミュージックマガジン - 「MINAMI WHEEL 2005」に注目!”. Yahoo!ミュージック. 2009年1月5日閲覧。
  6. ^ ビクターエンタテインメントでは同様の指針でこの他にも、配信専用レーベルとして、2006年にrookiestar labelを全社プロジェクトとして発足した。

外部リンク[編集]