トーキングドラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
現代風のトーキングドラム

トーキングドラム話し太鼓 talking drum)は、トーンプロソディーを模倣して遠距離の通信や、音で口承を行なう[1]西アフリカ太鼓である。

構造[編集]

トーキングドラムには片面太鼓や砂時計型、円筒形の両面太鼓など様々な形状がある。 メッセージを表現するには2つの高さの音が必要であるため、2個一対の太鼓や木製の打楽器を用いるか、音の高さの変えられる太鼓を用いる。現在の一般的なトーキングドラムは、後者である[要検証 ]

このトーキングドラムは[どれ?]、両面太鼓である。鼓面(ヘッド)が小さくて15cm内外である。それに比して胴は深く、40cm内外である。鼓面は胴にひもでくくりつけられている。このひもは両面に渡してある。このひもの締め具合で鼓面の張力が変わり、音の高さが変わる。

円筒形のトーキングドラムはガンゴゴ、ゴンゴン、ガンガオゴなどと呼ばれている。川田順造によれば、この種の太鼓に共通点を求めるならば「円筒形の胴の両面に皮が張ってあり、打奏中に音高を変える調べ緒は無く、湾曲した木の桴で打つということ」になるという[1]

奏法[編集]

右利きの奏者の場合(左利きの場合は逆)、左の脇に抱えて、脇の締め方によってひもの締め具合を変化させる。右手にはL字形にまがり先が球状になったバチを持ち、これで叩く。左手も素手で叩き、両者を織り交ぜて演奏する。

別名[編集]

ウォロフ語マンディンカ語セレル語(いずれも主にセネガル)では、タマ (tama) という[2][3]

アカン語(主にガーナ)ではドンド (dondo) という[3]

ヨルバ語(主にナイジェリア)ドゥンドゥン (dundun) という[3]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 阿久津昌三「王宮のなかの太鼓ことば」、『環境と音楽』、東京書籍、1991年ISBN 4487752574

関連項目[編集]

外部リンク[編集]