美乃家セントラル・ステイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
美乃家セントラル・ステイション
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル R&Bファンクソウル・ミュージックポップスニューミュージック
活動期間 1976年 - 1980年
レーベル 日本フォノグラム
共同作業者 大橋純子
メンバー 佐藤健(キーボード)
小田健二郎(キーボード、シンセサイザー)
土屋潔(ギター)
マーティン・K・ブレイシー(ドラム)
六川正彦(ベース)
後藤輝夫(サックス)
旧メンバー 見砂和照(ドラム)
土屋昌巳(ギター)
滝本大助(ギター)
福田郁次郎(ベース)
高杉登(パーカッション)

美乃家セントラル・ステイション(みのや-、1976年 結成 - 1980年 解散)は、日本のポップスバンドである。ヴォーカリスト大橋純子のバックバンドとして結成され、佐藤健土屋昌巳が在籍したことで知られる。「美乃屋」表記は誤り。

略歴・概要[編集]

1973年(昭和48年)当時、ヤマハ音楽振興会ポプコンに関する業務を行なう部署は「L.M制作室」といい、同室長は、編曲者から作曲家となった萩田光雄で、そこに船山基紀や佐藤健が在籍していた。そこで佐藤は、まだ20歳の大橋と出会った[1]。やがて1974年6月、22歳の大橋はシンガーとしてデビューする。

1976年(昭和51年)、佐藤は、大橋のバックバンドとして美乃家セントラル・ステイションを結成する。第一期メンバーは、佐藤のほか、見砂和照小田健二郎土屋昌巳(のちに一風堂結成)、滝本大助福田郁次郎高杉登である。

美乃家は、大橋とともに同年の各地の大学の学園祭に招聘され、大橋が「学園祭の女王」と呼ばれるのに貢献した[2]。翌1977年4月発売の大橋のサード・アルバム『RAINBOW』以降、「大橋純子&美乃家セントラル・ステイション」とクレジットされる[2]

1979年(昭和54年)、第二期美乃家がスタートする。見砂・土屋らが脱退した後のメンバーは、佐藤、小田のほか、土屋潔マーティン・K・ブレイシー六川正彦後藤輝夫であった。同メンバーで1980年(昭和55年)4月リリースのアルバム『HOT LIFE』を収録し、やがて同年内に解散した[2]1981年(昭和56年)、解散後の大橋のアルバム『Tea For Tears』のアレンジは、萩田が行なった[2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『RAINBOW』(1977年4月発売) - 1994年にCD化
  • 『CRYSTAL CITY』 (1977年11月発売) - 1994年にCD化
  • 『沙浪夢 SHALOM』 (1978年6月発売) - 1994年にCD化
  • 『FLUSH』 (1978年12月発売) - 1994年にCD化
  • 『FULL HOUSE』 1979年6月発売) - 1994年にCD化
  • 『Motions & Emotions』 (ベスト盤、1979年11月発売)
  • 『HOT LIFE』 (1980年4月発売) - 1994年にCD化

シングル[編集]

  • シンプル・ラブ/今シルエットのように(1977.04.05)
  • ミスター・スマイル/ラヴィン・スプーンフル(1977.09.05)
  • クリスタル・シティー/FUNKY LITTLE QUEENIE(1978.01.05)
  • FUNKY LITTLE QUEENIE/SIMPLE LOVE(英語盤)(1978.01.25)
  • スターライト・トレイン/センチメンタル・レディ一(1978.04.25)
  • ラプ・マシーン(1978.08.05)
    A面曲「たそがれマイ・ラブ」は美乃家セントラル・ステイションの演奏ではない。
  • サファリ・ナイト(1978.11.25)
    B面曲「火のように水のように」は美乃家セントラル・ステイションの演奏ではない。
  • ビューティフル・ミー/9月になったら(1979.06.25)
  • あなたにはわからない/メルヘンの終り(1979.11.25)
  • カナディアン・ララバイ/WELCOME TO MUSIC LAND(1980.04.05)

脚注[編集]

  1. ^ 大橋純子公式サイトの大橋自筆記事「Junkoの自伝的プロフィール」の記述を参照。
  2. ^ a b c d 大橋純子公式サイトの大橋自筆記事「アルバムレビュー日本フォノグラム編」の記述を参照。

関連項目[編集]