オーノキヨフミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーノ キヨフミ
出生名 大野 清文
生誕 (1978-09-29) 1978年9月29日(39歳)
出身地 日本の旗 日本北海道北見市
ジャンル J-POP
活動期間 2002年 - 現在
レーベル wagamama records(2001年 - 2002年)
SPEEDSTAR RECORDS(2004年 - 2006年)
SONG-CRUX(2007年)
hei-bon RECORDS(2009年 - 現在)
事務所 りぼん
共同作業者 The JINJA

桑田佳祐

ポールサイモン

オーノ キヨフミ(本名:大野 清文1978年9月29日 - )は日本の男性シンガーソングライター。所属芸能事務所は「りぼん」。メジャー時代の所属レーベルはビクターエンタテインメント内のSPEEDSTAR RECORDS。血液型A型。身長174cm。自身の作曲以外に、CM音楽/ゲーム音楽制作等、活動は多岐にわたる。

略歴[編集]

北海道端野町2006年に合併して北見市となった)で生まれ育ち、高校2年生の頃に桑田佳祐に憧れてギターを弾き始める。高校卒業後、札幌でストリートライヴを行う傍ら、宅録でデモテープを製作し、それが現在の事務所の目に留まる。2002年からは活動拠点を東京に移し、インディーズでリリースやライヴを精力的に行う。その後プロデューサー佐久間正英を迎え、2004年4月21日、シングル『平凡』でメジャーデビューした。2005年からはセルフプロデュースとなり、ライヴ時のサポートメンバーである「The JINJA」と共に楽曲製作、レコーディングを行うようになった。mF247で曲を出した事がある。

現在は自身のアーティスト活動に加え、CM音楽制作も行っている(2010年 消費者金融「プロミス」,2008年 中部電力(歌唱のみ),中部地区不動産会社ニッショー,ハウス生ローヤルゼリー1000ドリンクなど)。

2010年11月14日、母校である「北海道北見市端野中学校」の新校舎設立セレモニーで歌った。歌の他、生徒に向けて自身のトラウマや経験談を語る。全校生徒分にサイン入りピックを配るなどまめな一面も。

2011年に出したアルバム、夢ばかりのミ・アモーレではiTunes,Amazonなどにて配信中心に活動。同時期にTwitter、USTREAMによる生放送を開始。自身初の監督PV「つかめそうな光」制作。

2012年 「どうかしてるタイムライン」「東京タワー」などのPVを映像作家 石元雅人とともに作成。

2013年 USTREAMによる生放送ののべ視聴者数が3万人を超える。東海地区不動産「ニッショー」サガッシーのcmテーマソング2013を作/編曲。3月2日、5thアルバム「Yesterdays」発売。

2014年 リクルートライフスタイル 営業職募集編ラジオCM 作曲。4月21日、自身初のベストアルバム「K O」発売。

2015年 東海地区不動産「ニッショー」サガッシーのcmテーマソング2015を作/編曲。DMMオンラインゲーム 九十九姫 ゲーム内音楽を作/編曲。

アーティスト名の由来[編集]

本名の「大野清文」では堅苦しいと思ったことや、コーネリアスのようなプロジェクト名に憧れていたこともあり、何かしらのアーティスト名を考えようとしたが、何も思い浮かばず、とりあえず最初の送付用デモテープに「オーノキヨフミ」と書き、現在の事務所(りぼん)に送った。その後も何種類かの名前でデモテープを製作、各所に郵送していたが、りぼんから声が掛かったことや、この名前をりぼんの社長が非常に気に入ったこともあり、アーティスト名として正式に決定した。

人物[編集]

学生時代によく聴いていた歌手としてビートルズサイモン&ガーファンクルサザンオールスターズなどを挙げている。自称、「ラーメンカレー、日本史(特に幕末)をこよなく愛する男」で、桂小五郎のファンでもある。そのため、『ショッキングエクスプレス』のPVは本人の希望で、侍に扮した姿で登場している。

上京後に住み始めた練馬区への愛着も深く、tvkの「saku saku」という番組で、MCの白井ヴィンセントと『練馬のうた 第二章』を製作したほどである。この曲はシングル『新宿西口摩天楼』にボーナストラックとして収録された(「saku saku」との関わりについては関連項目を参照)。

北海道に住んでいたころはSTVラジオアタックヤング」をよく聴いていたようであり、2004年度に「アタヤンPUSH!」木曜日(オーノキヨフミのアタヤンPUSH!)を担当し、最終回のタイトルコールで「オーノキヨフミのアタックヤング」と言った。本人は大満足だったようである。

現在はレコード会社の売り出し方だったポップなフォトイメージでは無く、より等身大の方向に変わってきている。それに伴い歌詞、歌も人間味溢れる方向になっている。ライブのMCから、まだ練馬区在住の様である。現在ではユーストリームで生放送をすることが多く、そこで最近の本人を見ることが出来る。

中学時代は身長も小さく、いじめられた過去がある。ユーストリームの放送でトラウマについて話すこともあった。それらの理由からか、故郷の端野町(現:北見市)は嫌いな街だったが、2007年に母校の端野中学校で歌って以来好きになったとのこと。中学時代の経験が音楽を始めるきっかけになったともユーストリームの生放送で語っている。

2010年11月14日、出身中学「端野中学校」の落成式にて新校舎で歌う。MCではその年自殺した友人のことに触れ、「あいつの春」はそこで歌われて初めて完成した曲とHP上で言及。故郷には複雑な思いがあったようで、その影響からか田舎と都会について歌う歌が多い。

玉ねぎが嫌いで、昔STV(札幌テレビ放送)の番組内で玉ねぎふりかけを食べさせられていたことも。ちなみに玉ねぎは故郷北見市の名産物。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 平凡(2004年4月21日
  2. ショッキングエクスプレス(2004年8月4日
  3. 新宿西口摩天楼(2005年8月24日
  4. 100マイル(2006年1月25日

アルバム[編集]

  1. 君に太陽を!(2004年9月22日
  2. Country Map(2006年3月8日
  3. ラディカル(2007年4月25日
  4. センチメンタル道案内(2008年6月25日
  5. 東京卒業(ライブアルバム)(2009年4月21日
  6. 夢ばかりのミ・アモーレ(2011年1月4日
  7. Yesterdays(2013年3月2日
  8. Best Album「K O」(2014年4月21日

インディーズ[編集]

  • アルバム 『世界0(せかいゼロ)』(2001年12月7日
  • シングル 『ピンクのライオン』(2002年4月26日
  • デモシリーズ - 宅録した音源を1曲ずつ収録したシリーズ。現在入手不可。
  1. 赤色の帰り道(2002年9月)
  2. 平凡(2002年9月)
  3. シュテラ(2002年11月)
  4. 僕と鉄人(2002年12月)
  5. ツバメグサ(2003年2月)

その他[編集]

  • saku saku - 『平凡』、『ショッキングエクスプレス』、『新宿西口摩天楼』の3作品が続けてエンディングテーマに起用された。ゲストとしての出演回数はさほど多くはないが、MCの白井ヴィンセントと打ち解けているためか、番組内では準レギュラー的な扱いをされている。一般視聴者同様、「練馬区のオーノキヨフミさん」という形でメールを読まれたこともある。
  • インドが好きで単身インドに旅行に行ったことがある。その際、ツアーを組まず無計画でガンジス川に行ったため危険な目にあったとユーストリーム放送上で語っていた。
  • MCはよくかむ。
  • 東海地区で放映されているニッショーのCMにて、キャラクター「サガッシー」をテーマにしたCMソング(自身が作詞・作曲)を歌っている。

外部リンク[編集]

2004年アタヤンPUSH!パーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 福永俊介
火曜 内山佳子
水曜 流(三角堂) 岡崎和久
木曜 中嶋繁樹 オーノキヨフミ
金曜 音尾琢真
2005年アタヤンPUSH!パーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 福永俊介
火曜 内山佳子
水曜 岡崎和久
木曜 オーノキヨフミ 成田喜秋(LADYBUG)
金曜 音尾琢真