端野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たんのちょう
端野町
ノーザンアークリゾート
Flag of Tanno, Hokkaido.svg
端野町旗
Emblem of Tanno, Hokkaido.svg
端野町章
廃止日 2006年3月5日
廃止理由 新設合併
北見市、留辺蘂町端野町常呂町北見市
現在の自治体 北見市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 網走支庁
常呂郡
市町村コード 01548-2
面積 163.50km2
総人口 5,496
(住民基本台帳、2005年12月末日)
隣接自治体 北見市網走市
常呂郡常呂町
網走郡女満別町美幌町
町の木 しらかば
町の花 つつじ
端野町役場
所在地 099-2192
北海道常呂郡端野町字二区471番地1
座標 北緯43度51分39秒 東経143度56分49秒 / 北緯43.86092度 東経143.94697度 / 43.86092; 143.94697座標: 北緯43度51分39秒 東経143度56分49秒 / 北緯43.86092度 東経143.94697度 / 43.86092; 143.94697
北海道内における端野町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

端野町(たんのちょう)は、北海道網走支庁管内の常呂郡に存在した町で、2006年平成18年)3月5日北見市(旧)、常呂町留辺蘂町新設合併北見市(新)となった。

町名の由来[編集]

アイヌ語の「ヌ(nup-kes)」(野・の末端)あるいは「ヌホンケ(nup-hon-kes)」(野・の腹・の末端)の意訳と考えられる[1][2]

なお、北見市街の旧称「野付牛」も同一由来であり、後年地名が移動したものである[1]

地理[編集]

網走支庁中部、北見市北東部に隣接する。 南西部は平坦な水田地帯が広がる。北・東・西部は山に囲まれた丘陵。 常呂川が町を南北に縦貫する。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1897年 - 屯田兵が入植
  • 1921年4月 - 野付牛町(現北見市)から分村、端野村となる。
  • 1961年9月 - 町に昇格、端野町となる。
  • 2006年3月 - 北見市、常呂町、留辺蘂町との新設合併に伴い廃止。

経済[編集]

産業[編集]

農業(畑作)が発達

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

レジャー[編集]

観光[編集]

旧跡[編集]

祭り[編集]

  • 太陽まつり(8月)
  • カレーライスマラソン(9月)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 山田秀三 『北海道の地名』(2版)草風館、浦安市〈アイヌ語地名の研究 山田秀三著作集 別巻〉、2018年11月30日、199-201頁。ISBN 978-4-88323-114-0 
  2. ^ アイヌ語地名リスト セッ~ツキガ P71”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]