CONNECTONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コネクトーン
CONNECTONE
親会社 Victor Entertainment
設立 2015年4月
設立者 高木亮
販売元 Victor Entertainment
ジャンル J-POP
日本の旗 日本
公式サイト CONNECTONE コネクトーン

CONNECTONE(コネクトーン)は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(以下、ビクターエンタテインメント)の社内レコードレーベル2015年4月設立。設立者は高木亮。

概要[編集]

レーベル名は「コネクト」+「トーン」でコネクトーン[1]。その名の通り、「つなげる音楽、つながる音楽」をコンセプトに、音楽をつなげていくこと、音楽でつながっていくことを目指して、2015年にビクターエンタテインメントが新設したレーベル[2][3]

レーベルの代表を務めるのは、ローリング・ストーンズスマッシング・パンプキンズなど数多くの海外アーティストを手掛けた経験を持ち、ユニバーサルミュージックでの執行役員やグループ会社社長などを兼務する旧EMIグループ出身の高木亮[2][4]

ジャンルにこだわらず、圧倒的なオリジナリティやアイディアを持った音楽家としてのアティチュードを伝えることが出来るアーティストを中心に扱うことで、リスナーからアーティスト単体ではなく「レーベル買い」のできるレーベルという信頼を獲得することを目指している[1][2][4][5][6]

ビジネススキーム[編集]

CDや配信販売を中心とした従来のレコード会社のあり方を根本から見直し、アーティスト活動全体の収入をマネージメント会社や音楽出版社と分け合う新たな360度ビジネス[注 1]を標榜[4]。レーベル設立発表のコンベンションでは、「業界の『0.27%』というモデル[注 2]からの脱却」を掲げてプレゼンした[9]。コンセプトの一つとして「飛距離よりも打率」ということを挙げており、一発のホームランや一人のスーパースターを生み出すのではなく全員が出塁できるような打率のいいチーム作りをすることで、アーティストに長期間の活動継続を保証し、レーベル全体としても前進し続けることを目指している[10]

契約については、アーティスト、芸能プロダクション、レコードレーベル、音楽出版社が、それぞれ対等な立場で責任を持ち合って同じ目標に向かって進む「ジョイントベンチャー型」[注 3]、「権利・収益相互乗り入れ型」、「レーベル・事務所 兼任型」の3タイプでシステムを構築している[2][9]

育成[編集]

レーベル主催のイベント「CONNECTONE NIGHT」を2016年から開催しており、それにあわせて新人発掘のオーディションも行っている[11]。新人のプロモーションにあたっては、CDだけではなくライブやグッズ、ファンクラブなど、アーティストの全てのビジネスやライツに何らかの形で関わっていくという方針で、ただ音源を売っていくだけでなく、そのアーティストの活動全てに関わって全体像を常に意識しながらサポートする[7][8][9]。また同じCONNECTONE傘下のTHE THROTTLEだけでなく他レーベルのSuchmosにも参加するメンバーが在籍するSANABAGUNのように、才能あるミュージシャンであればあるほど自然と様々なプロジェクトを手掛けていく時代であり、専属契約という囲い込みをベースに成立していたこれまでのレコード会社のビジネスが通用しにくくなっているため、そのようなアーティストのニーズやチャレンジにフレキシブルに合わせている[7]

海外への展開[編集]

特別な気負いも無く普通に世界とのつながりを意識している若いアーティストが増えているため、海外での活動を自然なこととして行える体制作りを目指し、海外のレーベルとの連携も視野に入れている[6][12]

沿革[編集]

2014年
  • 9月、ビクターのプレゼンテーションイベント「MUSIC STORM 2014」において、対外的に新レーベルの立ち上げを発表[3]
2015年
  • 4月、正式に活動を開始[4]。レーベル第一弾アーティストとしてAwesome City Clubがメジャーデビュー。
2016年
  • 5月、初の主催イベント“CONNECTONE NIGHT Vol.1”を開催[11]

所属アーティスト[編集]

関連レーベル[編集]

  • starplayesrs Records
共に設立したRHYMESTERの主宰レーベル[11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ エッセイなどの文筆活動、自主企画ライブ、クラウドファンディングを使ったCDのリリース、地上波テレビ出演など、プロモーションの多チャンネル化を図ることによって世間がアーティストと接する場面を増やし、アーティスト活動の全体を支えて音源以外の収入を得るというビジネス方針[7][8]
  2. ^ これは2013年に邦楽洋楽合わせた新譜のアルバム1万3012枚の内、デビュー3年以内の新人アーティストの作品で、2013年時点のヒットのバロメーターである5万枚以上のセールスをあげた枚数が35枚(全体の0.27%)しかなかったという実績数値を示しており、これではレコード会社はコストをペイ出来ず、アーティストも2年程度で契約切れとなるため、10年後にはレコード会社自体が存続出来なくなるという想定となる[2][9]
  3. ^ Awesome City Clubの場合、マネージメントのタイスケ、音楽出版のフジパシフィックミュージック、コネクトーンの間で、音源だけでなくライヴやグッズや著作権等、アーティストから発生する全ての売上と経費と損益を等分して共有することにより、不毛な小競り合いを避けている。

出典[編集]

  1. ^ a b CONNECTONE コネクトーン”. Victor Entertainment. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e CONNECTONE (2015年8月4日). ビクターの新レーベル「CONNECTONE」は音楽業界をどう変える?. インタビュアー:Ryo Sugimoto. VEEMOB, トレジャーメディア株式会社.. http://veemob.jp/2015/08/04/connectone/ 2017年3月18日閲覧。 
  3. ^ a b CONNECTONE (2015年4月27日). 「0.27%」モデルからの脱却 〜 業界キャリア30年の音楽人が新天地で挑む、慣例を破る音楽ビジネスとは (1/4). インタビュアー:Jiro Honda. MUSICMAN.NET.. http://www.musicman-net.com/report/135.html 2017年3月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d CONNECTONE (2016年4月13日). ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略 (1/4). インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201604-connectone 2017年3月18日閲覧。 
  5. ^ CONNECTONE (2015年4月27日). 「0.27%」モデルからの脱却 〜 業界キャリア30年の音楽人が新天地で挑む、慣例を破る音楽ビジネスとは (2/4). インタビュアー:Jiro Honda. MUSICMAN.NET.. http://www.musicman-net.com/report/135-2.html 2017年3月18日閲覧。 
  6. ^ a b CONNECTONE (2015年4月27日). 「0.27%」モデルからの脱却 〜 業界キャリア30年の音楽人が新天地で挑む、慣例を破る音楽ビジネスとは (4/4). インタビュアー:Jiro Honda. MUSICMAN.NET.. http://www.musicman-net.com/report/135-4.html 2017年3月18日閲覧。 
  7. ^ a b c CONNECTONE (2016年4月13日). ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略 (2/4). インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201604-connectone?page=2 2017年3月18日閲覧。 
  8. ^ a b キーパーソンが語る「音楽ビジネスのこれから」 (2016年5月5日). 第6回 CONNECTONEレーベルヘッド 高木亮氏インタビュー「“音楽の匂いが濃い”人に集まってほしい」 (1/3). インタビュアー:神谷弘一. リアルサウンド.. http://realsound.jp/2016/05/post-7382.html 2017年3月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d CONNECTONE (2015年4月27日). 「0.27%」モデルからの脱却 〜 業界キャリア30年の音楽人が新天地で挑む、慣例を破る音楽ビジネスとは (3/4). インタビュアー:Jiro Honda. MUSICMAN.NET.. http://www.musicman-net.com/report/135-3.html 2017年3月18日閲覧。 
  10. ^ CONNECTONE (2016年4月13日). ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略 (4/4). インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201604-connectone?page=4 2017年3月18日閲覧。 
  11. ^ a b c d ACC、ぼくりりら所属のビクター新レーベル“CONNECTONE”が初の主催イベント&オーディション開催決定!”. T-SITE NEWS (2016年2月16日). 2017年2月26日閲覧。
  12. ^ CONNECTONE (2016年4月13日). ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略 (3/4). インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201604-connectone?page=3 2017年3月18日閲覧。 

外部リンク[編集]