江口俊男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江口 俊男(えぐち としお、1912年明治45年)6月23日 - 2001年平成13年)5月15日[1])は、日本の内務警察官僚海軍司政官警察庁長官

経歴[編集]

佐賀県出身[1]佐賀高等学校を卒業。1934年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1935年東京帝国大学法学部を卒業。内務省に入省し土木局兼地方局属となる[1][2][3]

以後、広島県学務部社会課長、同経済部商工課長、広島県警察部警防課長、内務省地方局行政課勤務などを歴任[2]1943年、海軍司政官に任じられ南方に赴任。1946年復員して鹿児島県警察部長に就任[1][2]

1948年国家地方警察長崎県本部警察長に就任。以後、国家地方警察福岡県本部警察長、同本部警察隊長、静岡県警察本部長、愛知県警察本部長、警察庁警備局長、同警務局長、警察庁次長を歴任[2]1963年5月、警察庁長官に就任し1965年5月まで在任した[4]

退官後、1965年に行政管理庁行政管理委員会委員に就任。以後、帝都高速度交通営団監事公害防止事業団理事長、(社) 日本交通管理技術協会会長、(財) 保安電子通信技術協会会長、飛島建設顧問などを歴任した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『現代物故者事典 2000-2002』106頁。
  2. ^ a b c d e 『日本警察官僚総合名鑑』23頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』308頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』484頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。
  • 『現代物故者事典 2000-2002』日外アソシエーツ、2003年。