千葉家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉家住宅
Chiba house Tono14s4730.jpg
主屋(曲り家)
所在地 岩手県遠野市綾織町上綾織1地割14
位置 北緯39度20分26.89秒
東経141度26分30.43秒
類型 農家
形式・構造 曲り家、木造、茅葺
敷地面積 5599.63m2
延床面積 (主屋)540m2
建築年 江戸時代後期
文化財 国の重要文化財
テンプレートを表示
南側麓より見た屋敷構え
土蔵(手前)と主屋(奥)。傾斜地に石垣を築いて屋敷地を造成している様子がわかる。
石蔵(手前の小さい建物)と土蔵(奥)
主屋の東半分(居室部分)。一部に2階が設けられ、その部分は採光のために屋根を切り上げている

千葉家住宅(ちばけじゅうたく)は岩手県遠野市にある歴史的建造物。

概要[編集]

江戸時代南部地方特有の住居と馬屋を平面L字形に連結した農家建築「曲り家」を代表する建物として知られている。江戸時代後期に、斜面地に築かれた石垣上の平地にある面積540m2 の大型の住居で、25名の人と20頭の馬がこの一軒の家で生活していた。以前は住居として使われていたが、2013年6月より遠野市の管理となり、住人はいない。おり、敷地と建物の一部を公開している。付属建物や石垣などを含め、屋敷構えがよく残されており、2007年に建物と宅地が国の重要文化財に指定された。敷地の一部はNHK大河ドラマ花の乱」の撮影に使われ、当時のセットが保存されている。

文化財指定[編集]

以下の建物と土地が重要文化財に指定されている。

  • 主屋 - 江戸時代後期。
  • 土蔵 - 明治45年(1912年)建立。主屋の西側に建つ。
  • 石蔵 - 大正時代。土蔵の北に接して建つ
  • 稲荷社(附:鳥居) - 嘉永2年(1849年)建立。屋敷地北西の小高い位置に建つ。
  • 大工小屋 - 江戸時代末期。主屋北東に建つ。
  • ハセ小屋(附指定) - 江戸時代末期。屋敷地の南西に建つ。
  • 土地 - 5599.63m2

主屋は茅葺で、寄棟造の居室部の手前に入母屋造の馬屋部分が突出し、全体としてはL字状の平面をなす。居室部は上手(東側)に南北2列、東西3室の計6室を設け、下手(西側)は台所と土間とする。上手の一部に2階(2室)を設ける。突出部はもとは馬屋であったが、展示室等に改造されている。

屋敷地は南向きの傾斜面に石垣を築いて整地している。付属建物等もよく残り、豪農の屋敷構えがよく保存されている。こうした点が評価され、2007年12月4日、国の重要文化財に指定された。

利用情報[編集]

  • 開館時間
    • 4月 - 10月 - 8:30 - 17:00
    • 11月 - 3月 - 9:00 - 16:00
  • 年中無休

建築概要[編集]

  • 竣工 - 江戸時代後期(1800年頃)
  • 構造 - 木造、茅葺
  • 床面積 - 540m2
  • 所在地 - 〒028-0533 岩手県遠野市綾織町上綾織1地割14番地

交通アクセス[編集]

  • 釜石線 遠野駅からバスで10分、「南部曲り家千葉家」下車 徒歩すぐ

参考文献[編集]

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』531号、第一法規、2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]