切岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

切岸(きりぎし)とは、斜面を削って人工的に断崖とした構造で、斜面を通しての敵の侵入を防ぐために作られた。鎌倉時代から戦国時代にかけて造られた、特に山城の周囲に多く、また鎌倉の周囲の丘陵斜面にも作られた。

角度が(目標とする切岸よりも)ゆるい斜面を削って切岸にした場合、削った土は上のに上げることもあるが、多くの場合は下に捨てられる。切岸の高さが上部の郭から一定になるように削ると、必然的に腰曲輪ができる。削った土は、腰曲輪の拡幅に用いられることも多い。

関連項目[編集]