南九州型城郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南九州型城郭(みなみきゅうしゅうがたじょうかく)とは、シラス台地の辺縁の崖(ガリ地形)を空堀とした、九州南部に見られる城の事。1987年村田修三が「図説中世城郭辞典」で初めて報告した。

特徴[編集]

  • 群郭式の縄張り。曲輪が階段状に連なっているのではない。空堀で隔てられた、ほぼ同じ標高の曲輪が林立している配置になっている。
  • 巨大な空堀。シラス台地の辺縁の崖(ガリ地形)を空堀として使っている。そのため深く幅広な空堀と、高い切岸を造成しやすい。堀の深さは、知覧城では20~30mに及ぶ。
  • 寄せ手が本丸・主郭の位置を把握しにくい。寄せ手は、攻城時に深い堀底道を通る。そのため見通しが効かないのが理由。 
  • 曲輪同士の連携・統制が取りにくく各個撃破されやすい。幅広な空堀が曲輪同士の連絡を妨げるのが理由。

代表例[編集]

研究者[編集]

  • 三木靖 - 南九州城郭談話会会長 鹿児島国際大学名誉教授
  • 新東晃一 - 南九州縄文研究会代表、南九州城郭談話会副会長

参考文献[編集]

  • 別冊歴史REAL 日本の山城100名城
  • 学研学習社 戦国の堅城 ⅠⅡ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]