くっきー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くっきー
本名 川島 邦裕
ニックネーム くーちゃん
生年月日 (1976-03-12) 1976年3月12日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 滋賀県守山市
血液型 AB型
身長 180cm
方言 滋賀弁
最終学歴 滋賀県立守山北高等学校
出身 NSC大阪校13期
コンビ名 野性爆弾
相方 ロッシー
芸風 コント
漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1994年 -
同期 次長課長
徳井義実
ブラックマヨネーズ ほか
配偶者  既婚

くっきー1976年3月12日 - )は、日本お笑い芸人お笑いコンビ野性爆弾のボケ・ネタ作り担当。愛称はくーちゃん。別名「肉糞太郎」「肉糞亭スポーツ」。旧芸名及び本名は、川島 邦裕(かわしま くにひろ)。吉本興業東京本社所属。

人物[編集]

滋賀県守山市出身。身長180cm、体重80kg。高校生の頃は生徒会長を務めていた。隆々とした体格・威圧的な目つきと蓄えられた顎鬚というコワモテな外見。上半身や腕などに入れ墨があるため、温泉等での服を脱ぐ企画では全身の水着を着る事もある。両手首に彫られた入れ墨を隠すためにテーピングなどをしているが、大阪時代は隠さずに出演した事も度々あった。なお、本人のTwitterInstagramなどには入れ墨を隠していない画像もアップされている。

髪型は丸刈り。以前は髪型が変わりやすく、一時期は相方のロッシーよりも長いほど伸ばしていたが2007年の夏ごろから丸刈りにしている。

傍若無人な印象だが、出番前には丁寧に挨拶を行ったり、先輩に対しては礼儀が正しく後輩への面倒見も良いなど、根は非常に真面目だと雨上がり決死隊が川島の人物像を述べた。視力が悪くコンタクトレンズを着用している。また、肌が弱く、乗り物酔いをする。海好きであるが、刺身等の生ものは食べられない。

同期のシャンプーハット・てつじとは「親友」と呼ばれるほどの間柄である。AKB48の中では、同じ滋賀県出身の田名部生来がいち推しのメンバーであり、自身のTwitter上で彼女に関するコメントを時折残している。

愛車は、日産プレジデント ソブリン VIP 90年式。 「車の豪華な飾りで神輿が作れる」と 2016年6月16日のアメトーーク「旧車芸人」の回で愛車を披露した。

絵画[編集]

絵が得意であり、独特且つ高い絵画の腕前で知られる。そのほとんどは、性別に関係なく全裸で大きめの乳房が描かれている。人物画を描く際、『好きな人が 優しかった‥。』等の不可解な言葉を添える。また、やなぎ浩二の似顔絵を頻繁に描きおろしている。

2007年5月31日の陣内智則藤原紀香の結婚披露宴に、二人が裸になっている似顔絵を送ったが、藤原には今ひとつ気に入ってもらえなかった[1]

2013年5月9日放送の『ビーバップ!ハイヒール』でのたむらけんじの発言によると、たむらが経営する「炭火焼肉たむら」のロゴデザインを川島に依頼し、たむらは謝礼として20万円を支払い、川島はそれで妻へのプレゼントとして指輪を購入したという。

音楽[編集]

ギターの演奏が得意であり、作詞・作曲も手掛ける。お笑いのネタ的な曲、真剣に作った曲も含めオリジナル曲を多く持ち、パンク・ロックバンド「盆地で一位」ではリードボーカルサイドギターを担当。同バンドでメジャーデビューも果たしている。

また、baseよしもと時代には夏のイベント「base SUMMER SMILE」のテーマソング「SUMMER SMILE」の作詞をリットン調査団水野透と共に手がけ、後の盆地で一位のメンバーで演奏を担当[2]。他に構成作家のおにぎりと共に、テクノユニット「想ひ出よ、今日は。」を結成し、野性爆弾のイベントや「野爆テレビ」、レースガイドに出演。

芸風[編集]

しばしば下ネタ・非道徳的なボケや暴言を連発、一般人にも芸人同士のノリでからみに行くなど、お笑いやテレビの世界の常識にとらわれない芸風。「肉糞」「スペースキャンサー」等、独特の言語感覚を持ち、ネタ中のみならずトークやロケの機会でも使用される。また、一種のギャップ狙いとして敢えて古典的な言い回しやものの捉え方を用いることもある。

ネタ作りやコントの小道具は全て自身が手掛けている。台本を嫌っているため、ネタはロッシーに口頭とイラストで伝えている。「ビニテアート」と称する自作の小道具は特徴的なものであり、他の芸人のイベント用に制作することも多い。

  • 「スペースキャンサー!」、「ダニエル・ピン・ダニエル!」「宇宙」などと叫ぶ。
  • 乾杯する際に、乾杯の音頭として頻繁に「ジークジオン!」と叫ぶ。
  • 収録の本番中等で普通にフリスクを食べ、それを注意された際、フリスクの事を「あ、これ、母の遺骨です」と答えるくだりを多くテレビで披露する。また、「親戚一同の歯です」と答えるパターンもある。

評価[編集]

ケンドーコバヤシやたむらけんじをはじめ、先輩後輩を問わずよしもと内では多くの芸人に才能を認められている。コバヤシは「自分が軍団を作るとしたらメンバーに入れたい」「芸人の目から見て本物」と述べたが、「才能をムダ使いしている」とも述べた。同期のブラックマヨネーズ吉田敬は、『マヨブラジオ』で「ワケの分からんことをしてなかったら、もっと仕事増えるはずやのに」と述べた。

家族[編集]

2004年12月に結婚。2008年3月に長女、2012年1月に長男が誕生し、現在二児の父。

かつて、東京で仕事があった際にファンレターを貰ったことが夫人とのなれそめ。その後、川島が連絡して交際することになる。夫人が大阪に移住し、7年間の同棲生活を経ての結婚であった。川島の浮気が原因でケンカをしている最中に夫人が過呼吸になり、それを落ち着かせるため、抱きしめて「結婚しよう!」と告げたことがプロポーズとなっている。

結婚式の際、夫婦初めての共同作業としてガンダムプラモデルの頭を一緒に組み立てた。ちなみに、このプラモデルには武器を持たせておらず、争いを避ける気持ちを表現した。しかし、新婦が父親に自分の誕生時の体重と同じ重さのテディベアのぬいぐるみをプレゼントとして渡したのに対し、誕生時の体重と同じ重さの武器である鎖鎌をプレゼントした。

肉糞亭一門[編集]

自身を「肉糞亭スポーツ」と称して、肉糞亭一門を創設。肉糞亭一門のメンバーには先輩・後輩の垣根を越えた様々な芸人が名を連ねており、イベント「肉糞華劇団」を時折開催している[3][4][5][6]

門下生[編集]

※今田・東野・大橋はやりすぎコージーで命名される。

騒動[編集]

2012年7月12日放送分の『アメトーーク!』「ジョジョの奇妙な芸人・第2部」に出演するも、あらゆる意味でジョジョ芸人と呼べるものではないことが露呈し、番組の進行を乱したことを理由に公式ブログが炎上した[7]。番組では、「幼少時代、DIOの台詞「UUURRRYYYY!」のモノマネをしている内に喘息が治った」というエピソードを披露した。

出演[編集]

※ コンビとしての出演は野性爆弾#出演を参照。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]