スズキ・GT380

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズキ・GT > スズキ・GT380
スズキ・GT380

スズキ・GT380(ジーティーさんびゃくはちじゅう)とは、スズキが製造・販売していた中型オートバイの名称である。通称は“サンパチ”。

概要[編集]

販売初年は1972年。空冷2ストローク直列3気筒エンジンを搭載している。シリンダーヘッドに設けられた角張った空気導入ケースにより流速を高めて冷却効果を狙った独自の「ラムエアーシステム」を採用。

3気筒にもかかわらず4本出しのマフラー、数字の語呂あわせのような「38」を多用したスペック(最高出力38PS/7500rpm、最大トルク3.8kgm/6500rpm、軸間距離1380mm)など、当時の開発・営業現場のおおらかさが伺える。当時350ccが主流のこのクラスにおいて380cc(実寸371cc)という一見中途半端な排気量は、GT250のボア54mm × ストローク54mmの2気筒エンジンをベースに1気筒分を追加して3気筒とした開発経緯に由来する。この手法については、部品の共通化を徹底的するスズキのお家芸が、GTシリーズおいても実践されたものである。乾燥重量は169kg。6速ギアを持ち、ギヤポジションインジケーターを速度計と回転計の中央に設けた先進性を併せ持つロードスポーツモデル。

当時のライバル車だったカワサキマッハシリーズおよびKHシリーズと比較して、エンジンは低回転域のトルクも太く、排気煙も比較的少なめであった。車体バランスが良い事に加え、2ストローク3気筒らしいスムーズな特性を実現(120度クランクは同一排気量4ストロークの6気筒エンジンに相当する)。オフロードの走破性も高く川の浅瀬も走れる程の非常に乗りやすい中型自動2輪で、自動車教習所にも教習車として導入された。時代の流れで4ストロークエンジンが主流になる中、GT380B7型を最後にGTシリーズは幕を閉じることとなったが、長く人気を保った車種である。現在でも旧車愛好家の間での人気や、暴走族旧車會の間で改造車種として人気が高いことから、程度の善し悪しを問わず高値で取引されている。

一連のGTシリーズとして、他に水冷3気筒のGT750、空冷3気筒のGT550、空冷2気筒のGT250、GT185、GT125、および空冷単気筒のGT100などが展開された。

モデル一覧[編集]

前期型[編集]

  • GT380(便宜的にB0) フレームNo.:GT380-10001〜
価格:24万5000円
発売時期:1971年12月
色:赤、青、緑
GT各シリーズは「大いなる余裕」が開発テーマとなる。1967年発売の軽自動車フロンテ(2代目LC10型)で得られた空冷2スト3気筒のノウハウが投入され、「走る電気モーター」と呼ばれるほどのスムーズさを誇った。ゼロヨンの実測値では14 - 15秒台、最高速度168 - 176km/hをマークした。
  • GT380(B)(便宜的にB1) フレームNo.:GT380B-10001〜
価格:26万円
発売時期:1972年4月
色:赤、青、緑
従来のドラムブレーキは、50km/hまでは効くものの80km/h以上では制動力の不足がみられたため、新たにGT380BことGT380ディスクが追加された。フロント周りが一新された一方、容量15Lの燃料タンクなども変更なしで、車重は183kgのままに抑えられた。
  • GT380(B2) フレームNo.:GT380B-12652〜
価格:26万円
発売時期:1973年6月
色:銀、青、緑
ライトを丸型に、タンクのラインを変更したB2。ウインカーの取り付け幅を変更し、パッシングライトを新採用。3速の減速比も1.157から1.005とローギヤード化されている。また輸出用の車重は171kgと乾燥重量表記となっていた。初期エンジンの最終型。

後期型[編集]

  • GT380(B3) フレームNo.:GT380B-15057〜
価格:28万円
発売時期:1973年12月
色:銀、茶、緑
GT185とGT125の登場によりGTシリーズのラインナップが拡大し、1974年には全車のデザイン統一が行われた。強制開閉式キャブレターに変更されたほか、ギヤポジションインジケーター、グラブバーなど使い勝手を向上させる大幅なマイナーチェンジを実施。フォークブーツが廃止され、サイドカバーも変更された。
  • GT380(B4) フレームNo.:GT380B-17182〜
価格:30万円
発売時期:1974年8月
色:赤、緑
400ccクラスにライバル車種が増えたための対策としてスポーティなレッドカラーにゴールドストライプを与えられたB4。燃料タンクのエンブレムロゴが変更されたほか、リアショックアブソーバーの上部カバーも短いものになった。リアフラッシャーのリフレクターも法規改正で赤色となる。
  • GT380(B5) フレームNo.:GT380B-20610〜
価格:30万円
発売時期:1976年1月
色:深緑、緑
「ミドルクラスの正統派」のキャッチフレーズで登場したのがB5。ドイツ黒い森にちなんだ渋めのフォレストグリーンメタリックが新たに加わった。フロントフェンダーブレースが1本になり、ハンドルグリップがソフトなものに変更。価格は据え置きとなる。
  • GT380(B6) フレームNo.:GT380B-24831〜(ただし『B6・B7用パーツリスト』には「25034〜」とある)
価格:31万円
発売時期:1977年2月
色:赤、緑
4ストロークエンジン搭載のGS400がデビューしたが、アメリカでは55マイル=88km/h規制の関係から最も快適と評価が高く輸出が続けられ、欧州でも高い評価を得た。国内ではメーター表示を200km/hから180km/hに変更、ギアポジションインジケーターが7セグLED表示に変更された。GSと共通のフラッシャー&テールランプ付きでイメージを一新した。
  • GT380(B7) フレームNO.GT380B-29653〜
価格:31万円
発売時期:78年4月
色:赤、緑
タンクのラインがRG250と同一のタイプになり、フロントフェンダーもGSと共通のステーなしタイプになるなど、他車種とのイメージの統一化が図られたB7。ヘッドライトケースがメッキ仕上げに変更されている。車体色はレッドとグリーン系が揃えられた。

関連項目[編集]

  • スズキ・T - 先代シリーズとなる2ストロークエンジン搭載の車種シリーズ。
  • スズキ・GT - 同時期に各排気量クラスで展開された2ストロークエンジン搭載の車種シリーズ。
  • スズキ・RG - 250ccクラス以下の代替機種となる2ストロークエンジン搭載の車種シリーズ。
  • スズキ・GS - 400ccクラス以上の代替機種となる4ストロークエンジン搭載の車種シリーズ。

各種メディアでの登場[編集]

外部リンク[編集]