スズキ・イナズマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イナズマ(400)
SUZUKI INAZUMA.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 GK7BA
エンジン K717型 399cm3 4ストローク
油冷DOHC直列4気筒エンジン
内径x行程 / 圧縮比 52mm x 47mm / 11.2:1
最高出力 38kW 53PS/11,000rpm
最大トルク 36N.m 3.7kg.m/9,500rpm
車両重量 187kg
テンプレートを表示
イナズマ(750)
Suzuki GSX 750 AE Schwarzi.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
エンジン 749cm3 4ストローク
油冷DOHC直列4気筒エンジン
内径x行程 / 圧縮比 70mm x 48.7mm / 10.7:1
最高出力 64kW 86PS/9,500rpm
最大トルク 66N.m 6.73kg.m/8,500rpm
車両重量 223kg
テンプレートを表示
イナズマ(1200)
イナズマ1200.JPG
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
車体型式 GV76A
エンジン V719型 1156cm3 4ストローク
油冷DOHC4バルブ並列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 79mm x 59mm / 9.5:1
最高出力 100PS/8500rpm
最大トルク 98N.m 10.0kg.m/4500rpm
車両重量 208kg
テンプレートを表示

スズキ・イナズマとは、スズキが製造販売していたオートバイのシリーズ車種である。スズキ・バンディットシリーズの後継機種として位置づけられ、1990年代後半に販売されていたが、2000年以降は再びバンディットシリーズが復活、整理統合され消滅した。

解説[編集]

イナズマは排気量別に400cc、750cc、1200ccの各クラスでラインナップされた。

400ccモデルのGSX400FS「イナズマ」(以下「イナズマ400」)は、1997年に発売された。フロントにブレンボ製対向4POTキャリパー、カヤバ工業製サスペンションを標準装備。GSFシリーズや初期のGSX-Rシリーズで定評を得ている750ccクラスの油冷エンジンをベースに、ボアストロークの縮小により400ccクラスにスケールダウンされている。GSX750と共通の車格を持ちワイドサイズのリアタイヤを採用する事により、油冷独特のエンジンフィーリングとビッグバイクのような乗り味を普通2輪免許で楽しめることがセールスポイントとなっている。イナズマ400の後期モデルには新排気ガス規制に対応するため、スロットルポジションセンサーとエキゾーストパイプに触媒が追加されている。

750ccモデルのGSX750Wは1998年に発売された。先代の油冷モデルであるGSF750が極端な販売不振に陥ったことで国内市場への投入は見送られたものの、シリーズ全体を通じたベースモデルとなっている。そのため「GSX750」の名称にて日本国外のみで販売された。

1200ccモデルのGSX1200FS「イナズマ1200」は1998年に発売された。GSX750のフレームをベースに、パイプを肉厚化することで強化されており、サスペンションはSHOWA製、ブレーキキャリパーはブレンボなど豪華装備を搭載し、1200ccの動力性能に見合った装備になっている。エンジンはGSX-R1100の油冷エンジンを改良したものが搭載されている。

外部リンク[編集]