スズキ・ロードレーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スズキ・ロードレーサーでは、スズキ製ロードレーサーについて説明する。ロードレーサーとは、ロードレースに使用する競技用バイクのことである。

GSVシリーズ[編集]

GSV-R[編集]

GSV-R(ジーエスブイ - アール)は、水冷エンジン4ストロークV型4気筒エンジンを搭載したMotoGP用ワークスマシンのロードレーサーである。

Mシリーズ[編集]

M40[編集]

M40は、ロードスポーツスーパースポーツM40として発売された1963年型市販ロードレーサーである。公道を走るために必要な保安部品が装備された状態で販売される。モトクロッサーとしても使用される[1]

RGシリーズ[編集]

RG500[編集]

スズキ・RG500(アールジーごひゃく)は、500ccワークスマシン及びそれを元にした市販ロードレーサーで、ワークスマシンは1974年に初参戦、市販ロードレーサーは1976年に輸出用として発売される。エンジンは、水冷2ストローク ロータリーディスクバルブ スクエア4気筒1976年ロードレース世界選手権500ccクラスにバリー・シーンがワークスマシンRG500で参戦して世界チャンピオンとなり[2]、スズキが初めて500ccクラスのタイトルを獲得する[3]

市販ロードレーサーRG500の仕様

RGA500[編集]

RGB500[編集]

RGB500 (ワークスマシン)[編集]

RGB500(アールジービーごひゃく)は、水冷2ストローク スクエア4気筒500ccエンジンを搭載したワークスマシンのロードレーサーである。1982年型市販ロードレーサーRGB500のプロトタイプマシンである。

RGB500 (市販ロードレーサー)[編集]

RGB500(アールジービーごひゃく)は、水冷2ストローク スクエア4気筒500ccエンジンを搭載した市販ロードレーサーである。リアサスペンションはフルフローターサスに、ホイールはダイマグ・キャストホイールになる[5]

RGΓ500[編集]

RGΓ500(アールジーガンマごひゃく)は、ワークスマシンの500ccロードレーサーである。エンジンは2ストローク ロータリーディスクバルブ スクエア4気筒[6]

RGVシリーズ[編集]

RGV250[編集]

RGV250(アールジーブイにひゃくごじゅう)は、水冷2ストロークV型2気筒250ccエンジンを搭載したワークスマシンのロードレーサーである。

RGV-Γ500[編集]

RGV-Γ500(アールジーヴイガンマごひゃく)は、水冷2ストロークV型4気筒500ccエンジンを搭載したワークスマシンのロードレーサーである。

RKシリーズ[編集]

RK65[編集]

RK65は、2気筒50ccエンジンを搭載したワークスマシンのロードレーサーである。パワーバンドは700回転で、16,000rpm以上を維持する必要がある[7]

RK66[編集]

RK66は、水冷2気筒50ccエンジンを搭載したワークスマシンのロードレーサーである。1966年ロードレース世界選手権第12戦日本GP富士スピードウェイ)50ccクラスでは、片山義美がRK66を駆り、優勝する[9]

RMシリーズ[編集]

RM62[編集]

RMは、1962年型50ccワークスマシンのロードレーサーである[10]エルンスト・デグナーのライディングによってイギリスGP/マン島TTで初勝利を挙げ、これを皮切りにエルンストは4連勝し、50ccクラス初の世界チャンピオンとなる[11]

RM63[編集]

RM63は、1963年型50ccワークスマシンのロードレーサーである[13]

RTシリーズ[編集]

RT60[編集]

RT60は、1960年型125ccワークスマシンのロードレーサーである[14]

RT61[編集]

RT61は、1961年型125ccワークスマシンのロードレーサーである[16]

RT62[編集]

RT62は、1962年型125ccワークスマシンのロードレーサーである[12]

RT63[編集]

RT63は、1963年型125ccワークスマシンのロードレーサーである[13]

RVシリーズ[編集]

RV61[編集]

RV61は、1961年型250ccワークスマシンのロードレーサーである[16]

RZシリーズ[編集]

RZ61[編集]

RZ61は、ワークスマシンのロードレーサーである[19]

RZ63[編集]

RZ63は、1963年型250ccワークスマシンのロードレーサーである[20]

Sシリーズ[編集]

S40[編集]

S40は、ロードスポーツスポーツ 125 S40として発売された1963年型市販ロードレーサーである。公道を走るために必要な保安部品が装備された状態で販売された[21]

TRシリーズ[編集]

TR500[編集]

TR500(ティーアールごひゃく)は、ロードスポーツスズキ・ファイブT500を基にして開発された市販ロードレーサーである。タイタンTR500と呼ばれた。ロードスポーツT500のエンジンは世界GP用ワークスマシンのモトクロッサーの2ストローク単気筒250ccエンジンを直列2気筒化したもので、そのプロトタイプは47ps/6,500rpm、180km/hを記録した。T500はアメリカ・カリフォルニア州で開催された12時間耐久レースで1-2-3フィニッシュを為し遂げた[22]

TR750[編集]

TR750(ティーアールななひゃくごじゅう)は、ロードスポーツ)GT750を改造したロードレーサーである[23]。1972年のデイトナのレースでは最高速度280km/hを叩き出し、以後、「スーパースポーツ」という呼称は高性能ロードスポーツを意味することになる[24]

ヨシムラ[編集]

ヨシムラ・スズキGS1000[編集]

ヨシムラ・スズキGS1000(— ジーエスせん)は、コンストラクター ヨシムラ[25]1978年型ロードスポーツGS1000[26]を基に製作した1978年型ロードレーサーである。第1回鈴鹿8時間耐久ロードレースで、ウェス・クーリーマイク・ボールドウィン組のライディングにより優勝する[25]

エンジンレイアウト[編集]

スクエア4気筒[編集]

直列2気筒エンジン横置きにした並列2気筒エンジンはロードスポーツタイプのオートバイでは一般的であるが、スクエア4は、この並列2気筒エンジンを前後に2つ配置したようなエンジンである。前後のエンジンのクランクシャフトギアトレーンで同調させている。吸気は、キャブレターをエンジンの左右に配置。排気は、前側2気筒は前方排気、後側2気筒は後方排気である[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本モーターサイクル史』(p293)より。
  2. ^ a b 『ライダースクラブ1979年4月号』より。
  3. ^ Motocourse: 50 Years of Moto Grand Prix』(p196)より。
  4. ^ a b c d e 後輪を保持し、サスペンションの一部としても機能する部品 --『図解でわかる バイクのメカニズム』(p11)より。
  5. ^ a b 日本モーターサイクル史』(p595)より。
  6. ^ a b 日本モーターサイクル史』(p618)より。
  7. ^ 百年のマン島』(p413, p414)より。
  8. ^ 百年のマン島』(p413)より。
  9. ^ 日本モーターサイクル史』(p241)より。
  10. ^ 百年のマン島』(p387, p388)より。
  11. ^ Motocourse: 50 Years of Moto Grand Prix』(p189)より。
  12. ^ a b c 百年のマン島』(p388)より。
  13. ^ a b c d e f 百年のマン島』(p404)より。
  14. ^ a b 百年のマン島』(p334)より。
  15. ^ 百年のマン島』(p334, p336)より。
  16. ^ a b 百年のマン島』(p360)より。
  17. ^ a b 百年のマン島』(p360, p541)より。
  18. ^ a b 百年のマン島』(p541)より。
  19. ^ a b 百年のマン島』(p413)より。
  20. ^ 日本モーターサイクル史』(p404)より。
  21. ^ a b 日本モーターサイクル史』(p296)より。
  22. ^ a b 国産二輪車物語』(p112)より。
  23. ^ a b 日本モーターサイクル史』(p60, p400)より。
  24. ^ 日本モーターサイクル史』(p60)より。
  25. ^ a b c 日本モーターサイクル史』(p66)より。
  26. ^ 日本モーターサイクル史』(p488)より。
  27. ^ The Grand Prix Motorcycle』(p98、p99)より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]