スズキ・GS650G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スズキ・GS650G
Suzuki GS650G Katana.jpg
Suzuki GS650G Katana(シートは非純正品)
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
エンジン GS650G型 673cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 62.0mm x 55.8mm / 9.4:1
最高出力 48kW(65PS) / 9,500rpm
最大トルク 52.0N·m(5.3kgf・m) / 8,000rpm
乾燥重量 210kg
車両重量 239kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1981年 - 1983年
タイプ ネイキッド
設計統括
デザイン
フレーム ダブルクレードル
全長x全幅x全高 2,140mm x 775mm x 1,155mm
ホイールベース 1,480mm
最低地上高 160mm
シート高 780mm
燃料供給装置 キャブレター (Mikuni BS32 × 4)
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウエットサンプ
駆動方式 シャフトドライブ
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション テレスコピックフォーク
モノショック式スイングアーム
キャスター / トレール 62.25° / 110mm
ブレーキ 油圧式ダブルディスク
油圧式シングルディスク
タイヤサイズ 3.25-19
4.25-17
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 23L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考 スペックは1981年のもの[1][2]
先代
後継
姉妹車 / OEM GSX550M
同クラスの車
テンプレートを表示

GSX650Gは、スズキが製造販売していたネイキッドタイプのオートバイ。「カタナ」のサブネームとともに販売された。

概要[編集]

GS650Gカタナは、GS650系のスポーツツアラーとして1981年に登場。 工業デザイナーのハンス・ムートを擁する「ターゲットデザイン」社による車体デザインを最大の特徴としたモデルである。 複雑な面構成の先進的な燃料タンク形状、ストリームラインのサイドカバー形状、テールカウルを廃したツートーンのダブルシート、五芒星をモチーフとした10本スポークのキャストホイールなど、後のGSX1100Sカタナに通じるKATANAスタイルのデザインとなっている。

ラインナップ的には、シャフトドライブを採用した点からも、ロードスポーツであるとともにツアラーとしての性質を持っている。1983年モデルを最後に生産終了。

姉妹車種としては、「GS550M」(GN73A)がある。 GS650Gと同じ車体構成に550ccクラスのエンジンを搭載し、デザインはほぼ共通ながら、チェーンドライブを採用した点が排気量以外での最大の差異となる。

関連車種としては、海外専用モデルとなるGS650シリーズがある。 チェーン駆動でフラットシートのスタンダードモデル「GS650E」(GP71A)、シャフト駆動でセミステップドシートのツアラーモデル「GS650GT」(GP71G)、シャフト駆動で段付きシートのアメリカンモデル「GS650GL」(GP71L)などが、ほぼ同時期に展開された。

遍歴[編集]

  • GS650G(GP72G)
    • 1981年:GS650MX:初期型[3]
    • 1982年:GS650MZ:マイナーチェンジ。燃料計を追加装備、チョークノブを変更[3]
    • 1983年:GS650MD:最終型。ビキニカウルを標準装備、セミエア式フロントフォークを採用、ホイールのデザインを変更、エンジン黒塗装仕上げ[3]

脚注[編集]

  1. ^ BBB The History - スズキ GS650G - スペック
  2. ^ 販売当時のメーカーカタログを参照。
  3. ^ a b c BBB The History - スズキ GS650G - 歴史

関連項目[編集]

  • スズキ・カタナ - GSX1100Sを中心とするシリーズ。同時期のスポーツモデルには「カタナ」のサブネームが付けられた。
  • スズキ・GSX400E - ほぼ同時期に展開された空冷2気筒シリーズ。後期モデルは「カタナ」のサブネームにて販売された。
  • スズキ・GSX250E - ほぼ同時期に展開された空冷2気筒シリーズ。後期モデルは「カタナ」のサブネームにて販売された。

外部リンク[編集]