スズキ・RH250

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
RH250
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗スズキ
車体型式
SJ11B(RH250)
SJ11C(RH250-2/H/J)
エンジン 249cm3 2ストローク
内径x行程 / 圧縮比 70.0mm x 64.8mm / 7.4:1
最高出力 35ps/7500rpm
最大トルク 3.4kgf・m(3.5kg-m)/6500rpm(SJ11C)
乾燥重量 (-2/H:106kg)(J:109kg)103kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1984年-1987年
タイプ デュアルパーパス
設計統括
デザイン
フレーム セミダブルクレードル
全長x全幅x全高 (2165)2150mm x (865)825mm x 
(1215)1230mm
ホイールベース (1435)1430mm
最低地上高 (245)-mm
シート高 (-2/H:805)(J:795)850mm
燃料供給装置
キャブレター
 (RH250:VM34SS)
(-2/H:VM32SS)
(J:TM32SS)
始動方式 プライマリーキック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション 正立テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール 29°15´° / 112mm
ブレーキ φ230mm油圧式ディスク
機械式リーディングトレーリング
タイヤサイズ 3.00-21-4PR
130 80-17 65P
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 12.0L
燃費 (-2/H:48.9)-km/L
カラーバリエーション
フロリーナイエロー
スーパーホワイト
マーブルカレントレッド(SJ11B)
本体価格 399,000円(税込)
備考 ()はSJ11C
先代 TS250
後継
姉妹車 / OEM RA125
同クラスの車
輸出仕様(TS250X)
最大出力 31hp/7500rpm
最大トルク31.2Nm/6500rpm
テンプレートを表示

スズキ・RH250(アールエイチにひゃくごじゅう)とは、かつてスズキ1984年から1987年にかけて製造・販売していたオフロードタイプのオートバイである。

モデル一覧[編集]

RH250[編集]

型式:SJ11B

1984年4月に発売された。空冷ハスラーシリーズの生産終了後、後続モデルという形で発売された。姉妹車としてRA125も同時発売し、暴力的な加速とピーキーなエンジンが話題を呼んだ。

キャブレターには高度自動補正機能(AAR)が搭載されており、高地でもパワーダウンする事無く走行ができる。

RH250-2[編集]

型式:SJ11C

1986年4月にグラフィックデザインの変更、排気デバイスSAEC)の採用などの各部が変更されたマイナーチェンジが行われた。これより型式がSJ11BからSJ11Cへと変更された。

外観は主に、タンク部のグラフィックデザインの変更、排気デバイスの採用によりフレーム形状の一部が変更、ボディーカラーのレッドが廃止になり、排気デバイス(SAEC)の採用により扱いにくいピーキーなエンジン特性から扱いやすいエンジン特性へと変更された。また、それに伴い高度自動補正機能(AAR)の廃止とキャブレターの変更が行われた。

サスペンション部においてもフロントフォーク・リアショック共に変更されており、それによりシート高が下がり足付きがマイナーチェンジ前と比べ良くなっている。

RH250H[編集]

型式:SJ11C

1987年3月に吸気干渉管をインテークマニホールドに装着、キャブセッティングの変更がされた2度目のマイナーチェンジが行われた。

RH250J[編集]

型式:SJ11C

1988年5月にグラフィックデザインの変更や各部の変更された3度目のマイナーチェンジが行われた。外観はタンク部のグラフィックデザイン、エンジンのカラーが青色に変更され、フロントフォークプロテクタの装着、キャブレターの変更などが行われている。

TS250X[編集]

1985年にRH250の輸出仕様としてアメリカで発売された。

関連項目[編集]