スズキ・ジクサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジクサーGixxerGSX-150)は、スズキが販売するネイキッドタイプのオートバイ普通自動二輪車)である。

ジクサーの名前の由来は日本国外におけるスズキ・GSX-Rのニックネームから来ている[1]

概要[編集]

インドの現地法人であるスズキ・モーターサイクル・インディアで生産が行われ、2014年8月[2]よりインドを中心としたアジアや、中南米向けの車両として先行販売された。インドではバイクオブザイヤー13部門を獲得している。2015年にはフルカウルを装着した SF も発表された。

解説[編集]

スズキ・ジクサー
(Gixxer 155)
Suzuki Gixxer.jpg
リアドラムブレーキ仕様(2016年)
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗スズキ
車体型式 2BK-NG4BG
エンジン BGA1型 154cm3 
内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 62.9mm / 9.8:1
最高出力 10kW 14ps/8,000rpm
最大トルク 14N・m 1.4kgf・m/6,000rpm
車両重量 135kg
テンプレートを表示

日本向け仕様は2017年1月27日から正規輸入により発売された[3]

日本には一般仕様にあたるネイキッドが導入され、リアホイールにはディスクブレーキラジアルタイヤが装備されている。エンジンはジクサーオリジナルとして新開発された154ccのSEPエンジンを搭載しているが、日本仕様は平成28年環境規制適合のためキャブレターからフューエルインジェクションに換装する変更を受けている[1]。コックピットにはスマートフォンをイメージしたフル液晶インストルメンタルも搭載している。

脚注[編集]

  1. ^ a b スズキ ジクサー 試乗インプレ・レビュー” (日本語). MotoRIDE(バイクブロス). 2017年3月12日閲覧。
  2. ^ スズキ、インド生産の二輪車「GIXXER(ジクサー)」が9つのバイクオブザイヤーを受賞 - スズキ・2015年2月27日
  3. ^ スズキ、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を発売” (日本語). スズキ. 2017年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]