Uber Eats

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Uber Eats
企業形態 株式会社
業種 オンラインフードデリバリー英語版
設立 2014年8月(5年前) (2014-08
創業者 トラビス・カラニック英語版 (CEO)
ギャレット・キャンプ英語版
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
事業地域 世界中
主要人物 ダラ・コスロシャヒ英語版 (CEO)
トアン・ファム英語版 (CTO)
ライアン・グレーブズ英語版 (COO)
親会社 Uber
ウェブサイト ubereats.com
テンプレートを表示

Uber Eats (ウーバーイーツ、かつてはUberEATSと表記)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くオンラインフードデリバリー英語版サービスで2014年に始まった[1]

モバイルアプリケーション(iOS、Androidのみ対応)を使って対応している飲食店に出前を注文できる。

歴史[編集]

Uberは2009年にギャレット・キャンプ英語版StumbleUpon英語版創業者)とトラビス・カラニック英語版が設立した[2][3]

2014年8月、Uberはカリフォルニア州サンタモニカでUberFRESHという出前サービスを開始[4]、2015年にサービス名をUberEATSに改名し[5]、Uberユーザー向けアプリケーションから分離する形でUberEATSの注文アプリケーションをリリースした[6][7]。2018年時点においてサービスは「ランレートで6億もの注文数があり200%成長している」としている。利用可能都市も250都市に及ぶもののUberが利用可能な300都市と同等にする必要があるとされている[8]

運営[編集]

ウェブブラウザやiOS、Android対応アプリケーションを使用することでユーザーは提携している飲食店のメニューを見て注文し料金を支払うことができる[9][10]。また配達に対しチップを渡す機能もある[11]

アプリケーションはユーザーの居場所を探知し、現時点で営業している飲食店を表示する。支払いはUberに登録されたクレジットカード、デビットカードに対応している[12]。料理は車やバイクや徒歩で配達される[13]。注文時、配送料と料理の代金を合わせた総支払額が提示される。また、注文後に配達状況を追跡することができる[14]。2018年8月にUber Eatsは一律$4.99だった配送料を距離に応じて変動する値段に変更していて[15]、2ドルから8ドルの範囲になっている[16]

時折、店舗を持っていない料理人を含め知名度を上げる目的で地元の有名料理人が料理を提供することがある[17]

都市によっては、配達者登録することによって自分の二輪車や自動車もしくは徒歩で配達することができる。配達者は配達回数や飲食店と配達先との距離に応じて報酬を受け取ることができる。ほとんどの都市では、配達者登録ができるのは19歳以上である。Uberドライバーも配達者登録が可能である[18]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Uber Eats debuts Wednesday in Reno”. The Guardian. (2017年9月5日). http://www.rgj.com/story/life/food/2017/09/05/only-rgj-com-uber-eats-debuts-wednesday-reno/632015001/ 2017年9月5日閲覧。 
  2. ^ Lagorio-Chafkin, Christine. "Resistance is Futile". INC.com.
  3. ^ BACON: Innovation Uber alles”. The Washington Times. 2015年9月11日閲覧。
  4. ^ Uber Begins Testing Lunch Delivery With UberFRESH”. Tech Crunch. 2015年6月2日閲覧。
  5. ^ UberFRESH Rebrands to UberEATS Just in Time to Expand Like Crazy”. EATER. 2015年9月11日閲覧。
  6. ^ How Uber's latest update could pose a major threat to GrubHub”. Business Insider. 2015年9月11日閲覧。
  7. ^ Uber’s New Update Gives Food Delivery As Much Attention As Transportation”. TechCrunch. 2015年9月11日閲覧。
  8. ^ “Uber CEO Dara Khosrowshahi says UberEats has a $6 billion bookings run rate”. Recode. https://www.recode.net/2018/5/31/17390076/uber-ceo-dara-khosrowshahi-code-conference 2018年10月3日閲覧。 
  9. ^ Mogg, Trevor (2016年3月15日). “Uber enters the food delivery game”. Digital Trends. 2016年10月15日閲覧。
  10. ^ Cleveland Food Delivery - UberEATS”. ubereats.com. 2017年3月21日閲覧。
  11. ^ Uber Vs. Seamless & GrubHub: How To Order Food Via Uber Eats In New York, Chicago & Los Angeles”. iDigitalTimes. 2015年9月18日閲覧。
  12. ^ Uber launches lunch-delivery service in Chicago”. Chicago Business. 2015年9月18日閲覧。
  13. ^ UberEats comes to S.F., offering meal deliveries”. SF Gate. 2015年9月19日閲覧。
  14. ^ New York City Food Delivery - UberEATS”. www.ubereats.com. 2017年4月11日閲覧。
  15. ^ “Uber Eats is changing its flat fees to delivery fees based on distance”. The Verge. https://www.theverge.com/2018/8/8/17664742/uber-eats-delivery-fee-distance-flat-booking-fee 2018年8月9日閲覧。 
  16. ^ “Uber Eats gets a little cheaper and a little more expensive” (英語). CNET. (2018年8月8日). https://www.cnet.com/news/uber-eats-gets-a-little-cheaper-and-a-little-more-expensive/ 2018年8月9日閲覧。 
  17. ^ Have You Missed Starry Kitchen’s Balls? Us Too. Uber Eats is Here to Save Us All!”. The LA Beat. 2015年9月19日閲覧。
  18. ^ “Driving for UberEats: What it’s like delivering food for Uber”. RidesharingDriver.com. (2016年3月29日). http://www.ridesharingdriver.com/driving-for-ubereats-what-its-like-delivering-food-for-uber/ 

外部リンク[編集]