お子様ランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お子様ランチの一例

お子様ランチ(おこさまランチ、: Child's Meal[1])とは、ファミリーレストランなどで子供(一般的に小学校低学年以下)向けに用意されているメニューのことである。

ランチ」と呼ばれているが、ランチタイム以外でも注文できる店がほとんどである。また、子供向けのメニューであり、年齢制限がある(すなわち大人が食べることは出来ない)場合もある。

概要[編集]

「御子様洋食」発祥の地とされる日本橋三越(写真はレストラン「ランドマーク」が入居する新館)

一般的に、何点かの料理を1つのに盛るように区切られたランチプレートが用いられる。プレートには子供向けのキャラクターが描かれているものや、新幹線飛行機といった乗り物を模ったものが多い。凝ったものでは、蒸気機関車型のプレートに盛り、煙突部分にドライアイスを仕込む、といった例もある[2]

1930年(昭和5年)12月1日に、東京府東京市日本橋にあった三越の食堂部主任であった安藤太郎が数種類の人気メニューを揃えた子供用定食を考案し発売した[3]。当時は「御子様洋食」と呼称されており、値段は30銭。世界恐慌の暗い時代でもあり、子供には楽しい気持ちになってもらおうとしての開発という[2]。翌1931年[4]、日本橋三越から3ヵ月後には上野松坂屋の食堂にも「お子さまランチ」の名で登場。こちらの名称が普及し、現在に至っている。1960年代、松坂屋が当時人気だった『ウルトラマン』のおもちゃをおまけに付けたところ、休日には1,000食もの注文を受けるほどの爆発的な人気を得るようになったという。2010年(平成22年)1月13日より、松坂屋は呉服店から百貨店への業態転換100周年を記念し、1932年(昭和7年)当時のお子様ランチを復刻メニューとして提供している。

店やメニューによっては、注文するに当たり“小学生まで”としている場合がある[5]。理由は、子供連れの家族を狙った客寄せの意味が大きく、多種類の料理を盛り付ける手間が掛かり、あまり利益が上がらないためである。しかし、子供が食べきれるように惣菜は多種ながらも少なめに盛り付けてあるため、食が細めの女性高齢者に好まれることも多い(そのため、高齢者については注文を受け付ける店もある)。

なお、国際線航空便の機内食では、特別食(スペシャルミール)の一つとして、子供向けの食事(チャイルドミール)が用意されており、食器や盛り付けなどに工夫が凝らされている。ただし、事前に航空会社旅行会社ツアーの場合)に申し込む必要がある。

料理内容[編集]

お子様ランチの食品サンプル
お子様ランチによく見られる盛り付け

ご飯は、チキンライスオムライスチャーハンふりかけご飯といった色鮮やかなものが山形に盛られる場合が多い。そのてっぺんには、登山家が登頂の記念に国旗を立てることに因み、爪楊枝と紙で作られた小さな旗(日章旗など)が立てられることが多い(これらは「国旗爪楊枝」や「フラッグピック」などの名称で製造・販売されているものである)。

おかずには、ハンバーグエビフライ唐揚げナポリタンフライドポテトなど、子供に人気の高い料理が添えられる。

ファミリーレストランなどでは、オレンジジュースを代表とする飲み物や、プリンこんにゃくゼリーといったデザートの類、キャラメルチョコレートなどの菓子、そして小さな玩具(古くはミニカー・吹き上げパイプ・吹き戻し紙風船など)が、おまけとして付いてくるところもある。

物価調査の廃止[編集]

戦後日本国政府は、消費者物価指数(CPI)の調査対象品目としてお子様ランチの消費物価を家計に係る物価変動を調査する目的で調査してきた。しかし、「家計消費支出上の重要度等」を踏まえ、安倍内閣施政下において2015年(平成27年)11月27日に調査廃止が決定された[6][7]

調査品目廃止の具体的な理由について、総務省は「消費構造の変化などに伴い、家計消費支出上重要度が低くなった品目、その品目がなくても、中分類指数の精度が確保できる品目、円滑な価格取集が困難となった又は価格変化を的確に把握できなくなった品目」のいずれかに該当する品目であると説明している [8]

お子様ランチの消費者物価指数は、2010年平均を100としたとき2015年は102.3、最も高かったのは2008年の102.3であった。また1980年時点では70を下回っていた[9]

脚注[編集]

  1. ^ プログレッシブ和英辞典(コトバンク)
  2. ^ a b 菊地武顕「あのメニューが生まれた店」62頁 平凡社
  3. ^ 三越の広報サイト
  4. ^ 読売新聞 2013年10月29日 夕刊15面広告
  5. ^ 公共交通機関でも中学生からは大人料金適用で、これに準じたと思われる
  6. ^ 「お子さまランチ」が消える? ある経済指標から外れる理由”. プレジデントオンライン (2015年9月17日). 2017年2月16日閲覧。
  7. ^ NHKニュース (2015年7月17日). “消費者物価指数5年ぶりに基準改定”. 日本放送協会. オリジナル2015年8月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150720012243/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150717/k10010156621000.html 2017年2月16日閲覧。 
  8. ^ [|総務省統計局] (2015-11-27) (PDF). 消費者物価指数2015年基準改定計画 (Report). 総務省. p. 4. http://www.stat.go.jp/data/cpi/2015/plan/pdf/2015plan.pdf 2017年2月16日閲覧. "<廃止品目の選定基準> 以下の①~③の基準のいずれかに該当する場合であって、かつ、中分類の代表性を 損なうと判断されない場合に廃止品目とする。① 消費構造の変化などに伴い、家計消費支出上重要度が低くなった品目 ② その品目がなくても、中分類指数の精度が確保できる品目 ③ 円滑な価格取集が困難となった又は価格変化を的確に把握できなくなった品目" 
  9. ^ GD Freak (2016年1月30日). “グラフ 年次 消費者物価指数_食料_外食_一般外食(その2) お子様ランチ(指数)”. GDフリーク株式会社. 2017年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]