シクラメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シクラメン
CyclamenPink.jpg
シクラメン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: サクラソウ目 Primulales
: サクラソウ科 Primulaceae
: シクラメン属 Cyclamen
: シクラメン C. persicum
学名
Cyclamen persicum Mill.[1][2]
和名
シクラメン[1][2]、カガリビバナ[1][2]、ブタノマンジュウ[1][2]
英名
Cyclamen

シクラメンカガリビバナ、ブタノマンジュウ、学名Cyclamen persicum)はサクラソウ科シクラメン属に属する地中海地方が原産の多年草の球根植物の総称である。この記事においては特に明記しない限りはC. persicumとその品種、変種のみを指して用いる。なお、属名の Cyclamen を発音に忠実にして表記すると「キクラメン」となり、文献によっては、「キクラメン・〜」と表記する場合もある[2][3][4]

生態[編集]

シクラメンは元々地中海沿岸、ギリシャからチュニジアにかけて原種が自生している。学名は受粉後に花茎が螺旋状に変化する性質からギリシア語のキクロス(kiklos:螺旋・円)から命名された[5][6]。ただしC. persicumC. somalense は、花茎は巻かずに垂れる[7]。シクラメンは双子葉植物として分類されているが、実際に土から芽を出す時は一枚しか出てこない[8]。また、子葉から数えて7、8枚目の葉が出た頃から花芽の形成が始まる。ハート形をした柄の長い葉には白斑があり、花茎を伸ばし花をつける。また、葉芽と花芽は一対一で発生して行く。日本においては秋から春にかけて花が咲く。一重や八重、花の色は白や赤・黄・桃色などと多様性に富んでいる。花を放って置くとすぐ結実するが、結実させたままにすると株が弱り、最悪枯れてしまうので、採種が目的でも数輪残すだけ、採種が目的でなければ全て取り除くのが好ましい。球根は茎が肥大したもので、分球しない。この種の球根は表皮がコルク状で、乾燥に よく耐えることが出来る。球根が地上に露出した状態を好む[9]

歴史[編集]

西洋[編集]

現在のシクラメンの元になったC. persicum

古来は花ではなく、塊茎澱粉を注目され、サポニン配糖体シクラミンCyclamin)を含む有毒にもかかわらず「アルプスのスミレ」などの美称があり、食用とされていた。しかし、大航海時代以後ジャガイモがもたらされると、シクラメンを食用にする習慣はなくなった。また、かつてギリシャでは塊茎が亀に似ることから「ケロニオン(亀)」と呼ばれていた[5]アプレイウスは著書「本草書」の中で、シクラメンを鼻に詰めると脱毛に効果があると指摘している[10]ウィリアム・ターナーは、シクラメンはお産の時の強力な薬なので、妊婦はまたがないほうが良いと言っている[5]。また、同氏は1551年に「sows bread」(雌豚のパン=放し飼いの豚がシクラメンの球根を食べてしまうことから命名したが、1895年キャノン・H・N・エラコムは庭に入って来た豚は掘り返したが、食べようとしなかったと述べている[5])として紹介している。1650年代、現在のシクラメンの元になったC. persicumがイギリスに入ってきた[5]

シクラメンに関する伝説で、草花好きだったソロモン王王冠に何か花のデザインを取り入れようと思い様々な花と交渉するが断られ、唯一承諾してくれたシクラメンに感謝すると、シクラメンはそれまで上を向いていたのを、恥ずかしさと嬉しさのあまりにうつむいてしまった、というものがある。これは、シクラメン(カガリビバナ)が やや下向きに花をつけることが多いことに基づいた伝説であり、この花の花言葉が「内気なはにかみ」とされているのはそのことによると考えられる。

日本[編集]

鉢植えのシクラメン。日本ではシクラメンは最も生産されている鉢植え植物である。

日本には明治時代に伝わった。日本での本格的な栽培は、岐阜県恵那市伊藤孝重の手により始まったとされる[11]。戦後、急速に普及し、日本での品種改良も進められ、花色も黄色や二色、フリンジ咲き、八重咲きなどが登場。日本における鉢植え植物では生産量はトップクラスで、冬の鉢植えの代表格として定着している[12][13]

カガリビバナという名の由来は、この花を見たある日本の貴婦人(九条武子だといわれている)が、「これはかがり火の様な花ですね」と言ったのを聞いた植物学者・牧野富太郎が名付けた。「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」は、植物学者大久保三郎[14]が英名を日本語にそのまま直した名前である。

「死」「苦」との語呂合わせ、花の赤色は血をイメージするなど、病院への見舞いにこの花や鉢植えを持っていく事は縁起が悪い組み合わせとされている[15]

品種[編集]

ガーデンシクラメン[編集]

従来、鉢で育てる室内観賞用のシクラメンが一般的であったが、原種との交雑により、1996年(平成8年)に埼玉県児玉郡児玉町(現本庄市)の田島嶽が屋外に植栽可能な耐寒性のあるミニシクラメンの系統を選抜し、「ガーデンシクラメン」として売り出したのがこの種類のシクラメンの始まりである(ただし最初にガーデンシクラメンとして選ばれたのは、古くからミニシクラメンとして流通していた「F1ミニメイト」という品種)。この「ガーデンシクラメン」はガーデニングブームの波に乗り流行し、全国で生産が始まり、瞬く間に普及した[16]

芳香性シクラメン[編集]

通常、栽培種のシクラメンは全く香りがしないか、香りが薄いのが一般的である。前述のとおり栽培種のシクラメンはドイツにおいてC.persicumという種から花が大きくて綺麗なものを長年に渡り選抜していった結果、香りは注目されずに徐々に失われていったためである。これは、この種のシクラメンの香気は埃・乾燥した木材様のセスキテルペンという成分が主体であり、一般に臭いと感じる事に起因する。

なお、日本では布施明の歌『シクラメンのかほり』(小椋佳作詞・作曲)が1975年(昭和50年)にヒットしたことによってシクラメンの香気に対する期待感や要望が表れるようになった。

このため、一般の栽培種のシクラメン生産者や育種家らの手によって香りのシクラメンの育成がされてきた。これは、C. persicum種の中に僅かに含まれる香気であるシトロネロールというバラ様の香気成分が突然変異などにより比較的に多く含まれるものを選抜したものであるが、親の遺伝によって香りが良くないとされるセスキテルペンの香気成分も無くならない事が多いため、基本的な香り成分の種類には差が少なく芳香なシクラメンの作成は困難であった。

このようななか、1996年(平成8年)に埼玉県農林総合研究センター園芸支所(現園芸研究所)がバイオテクノロジーを用いて、栽培種であるC.persicum種と芳香を有する野生種であるC.purpurascens種との種間交雑[(2n=2x=48)×(2n=2x=34)=(n=41)]を行い(交配後21日の未熟胚を培養[注釈 1])、種子で増殖可能な交雑種(2n=82)の2系統の育成(胚培養で得られた個体は不稔のため、組織培養による増殖とコルヒチン処理で染色体数を増やす)に世界で初めて成功した。なお、ペルシカム種を用いた種間交雑種はこれが初めてであるが、異種間交配種は自然交雑種も含めていくつか存在する[17]

C.purpurascensの原種は、花は小さく質素であるが、バラ様の香気成分であるシトロネロールやシナミルアルコールというヒアシンス様の香気成分、スズラン様の香気成分を発する種である。

この種間交雑により、花や株は一般の園芸種のように大きく、香りはこの野生種の芳香が大きな花から多く発せられる、いわゆる「芳香シクラメン」が誕生することとなり、従来の園芸種とは全く違うバラとヒアシンスを合わせたような香気を持つ栽培用シクラメンが一般に流通するに至った。

現在、埼玉県がこの芳香シクラメンについて花色の違う3品種の育成を行い、「孤高の香り」(紫) 「麗しの香り」(ピンク)の2品種を種苗登録するとともに「香りの舞い」(濃紫)の1品種を出願している。

その後これら第一世代の品種を組織培養し、イオンビーム照射でDNAに変異を起こさせることで、親品種と花色の異なる「天女の舞」(サーモンピンク・麗しの香りの変異) 「絹の舞」(白・孤高の香りの変異)「みやびの舞」(赤紫・香りの舞いの変異)が生み出された[18][19][20][21]

このことにより、これまで花の“色”と“形”しか品種の違いがなかったシクラメンに“香り”という新たなアイテムが加えられ、消費者の選択肢が広がった[22]

原種シクラメン[編集]

これまでの園芸用のシクラメンはC.persicumという一種から改良された品種であった。しかし、ガーデンニング人気の高まりとともに、野趣の富む「原種シクラメン」にも注目が集まり、園芸種の原種のほか、別の種に属する野生種が一部の収集家によって栽培されている。特に、C.hederifoliumC.coumなどの種は流通量が多く購入しやすい。野生のシクラメン属全種は、ワシントン条約により輸入には許可が必要である(C.persicum の栽培変種の人工的に繁殖させた標本は、休眠中の塊茎として取引される標本を除くほか、この条約の適用を受けない)[4]

生産[編集]



Circle frame.svg

日本における平成27年産シクラメンの出荷量割合(全体1760万鉢)

  長野県 (16%)
  愛知県 (10%)
  茨城県 (6%)
  栃木県 (6%)
  千葉県 (5%)
  福岡県 (5%)
  その他 (52%)

日本国内の平成27年産シクラメンの作付面積は189ha、出荷量は約1760万鉢だった[23]

日本国内の産地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d <米倉浩司・梶田忠「シクラメン」『BG Plants 和名−学名インデックス(YList)』、2003年-。(2015年5月9日閲覧)
  2. ^ a b c d e 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年11月2日(2010年4月20日初版第2刷(訂正入))、177頁、ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ 中山昌明「シクラメン」『週刊朝日百科 植物の世界61 サクラソウ シクラメン』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社、1995年6月18日、6-18-19頁
  4. ^ a b ワシントン条約の対象種(附属書)」TRAFFIC 2016年7月19日閲覧
  5. ^ a b c d e 「花の名物語100」p102-103
  6. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、6頁
  7. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、7頁・57頁・79頁
  8. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、81頁 同属のC.coumの種子から子葉を出すまでの段階を追った写真あり
  9. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、52頁・68頁
  10. ^ アリス・M・コーツ『花の西洋史事典』(白幡洋三郎・白幡節子訳、八坂書房、2008年) 177項
  11. ^ 恵那シクラメン」恵那市観光協会 2016年7月19日閲覧
  12. ^ 鉢植えの主役 - シクラメン」『株式会社エイト』
  13. ^ この項に関連しては NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、86-89頁 に詳細あり
  14. ^ 東京大学植物標本室に関係した人々」『日本植物研究の歴史 - 小石川植物園300年の歩み』
  15. ^ 鉢植えは「植え」が「飢え」、「根付く」が転じて「寝付く」となる語呂合わせのため
  16. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、98-99頁
  17. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、58-59頁
  18. ^ https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/documents/151110-0502.pdf
  19. ^ 芳香シクラメンに新品種「絹の舞」が加わりました。」埼玉県公式ホームページ 2016年7月19日閲覧
  20. ^ 芳香シクラメンに新品種「みやびの舞(まい)」が加わりました。」埼玉県公式ホームページ 2016年7月19日閲覧
  21. ^ 芳香シクラメンの新品種「天女の舞」
  22. ^ NHK趣味の園芸プラスワン もっとシクラメン NHK出版編、金澤美浩・横山直樹監修、NHK出版、2015年12月25日、103頁
  23. ^ 平成27年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量」農林水産省 2016年7月19日閲覧
  24. ^ シクラメン直売所マップ」瑞穂町公式ホームページ 2016年7月19日閲覧

注釈[編集]

  1. ^ 交雑胚がそのままでは崩壊するため https://www.pref.saitama.lg.jp/a0904/hokosikuramen/documents/371920_1.pdf

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]