名古屋めし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名古屋めし(なごやめし)とは、愛知県名古屋市を中心とする中京圏が発祥の食文化、もしくは他地域から中京圏に持ち込まれ発展した食文化を指す造語である。またこれらの中には近年、マスコミに取り上げられるなどの影響で、中京圏から進出し全国的に知名度を上げているものもある。

由来と普及[編集]

名古屋は独特な食文化を持っていると言われている。元々のメニューにアレンジを利かせたアイデア料理が特徴で、その中でも、味噌カツひつまぶし天むすといった名物が雑誌などで特集され話題になった。

ゼットン東京へ進出し名古屋の地元料理を提供しはじめた頃、グルメ情報誌の記者がイタリア料理イタめしをまねてなごめしという呼称でゼットンの料理を紹介しようとした。これに対しゼットンの代表取締役社長をしていた稲本健一がもっとストレートに名古屋めしと呼ぶことを提案し、採用されたのが「名古屋めし」という言葉の始まりである。

ゼットンに続いて矢場とん世界の山ちゃんなどの名古屋の企業が東京へ進出して名古屋名物を提供し始めた時にも使われ、名古屋めしという表現は東京を中心に広まっていった。地元の名古屋で使われるようになったのはその後である[1]

名古屋から関東への出店が相次いだこと、愛・地球博の開幕や好景気で名古屋に活気が出てきたことなどが、総称の「名古屋めし」が全国的に知られるようになった原因である。 名古屋に対する関心が高まり、また名古屋嬢にも代表される様なファッション文化の周知により文化浸透の土壌が形成され、全国各地に名古屋めしのフランチャイズが開店していった。現在、名古屋めしを給する店のうち、世界の山ちゃん矢場とん、山本屋総本家、コメダ珈琲店などが関東などへ進出している。

特色と現状[編集]

名物、八丁味噌に代表されるようにいずれも味付けが濃い傾向がある。多くは、名古屋市周辺が発祥の名物とされる料理であるが、他地域発祥であっても名古屋地区において独特の発展を遂げたものも含む。また、メディアで話題となってからは、全国的にその調理方法や名称が浸透したものを中心に、実際には名古屋市周辺の発祥であるにもかかわらず、発祥の地を名乗る店舗が他の地域で現れたり、インターネットや口承により出典や根拠のない発祥が広まってしまったものが見受けられるようになってきている。

  1. 名古屋市周辺の発祥ではないことが明らかになっているもの
  2. 名古屋市周辺の発祥であるが、異説も存在するもの
    • 味噌カツ(洋食風に平皿の上に載せて供される形態は、1965年に三重県津市の「カインドコックの家 カトレア」が創めたものであると店舗自ら表明しているが、客観的な証拠はなく、また同時期に既に名古屋市内でこの形態の味噌カツが提供されていたとされる資料が存在しているため、信憑性に乏しい。また、カトレアの「みそカツ」(当店のメニュー表ではこのように表記)を広義の味噌カツの発祥であるとする文献資料[2]も見られるが、豚カツを味噌ダレで食する形態はそれ以前からも愛知県地方や岐阜県南部地域に存在[3]していたため、時系列的に言ってカトレアの「みそカツ」は広義の味噌カツの発祥とは言えず、あくまで亜型的存在である)
  3. 名古屋市周辺に限らず、東海地方の比較的広範囲でその由来となる供食方法の存在があったことが指摘されているもの
    • ひつまぶし(鰻重などの調理の際に余った切れ端や硬い食感の質の悪い鰻などを刻み、ご飯の上に乗せたり茶漬けにしたりする食べ方は、東海地方の他地域にも存在していた[要出典]ことから、ひつまぶしの特徴的な供食方法に含まれる個々の特徴を取り上げて、ひつまぶしの発祥地を名古屋とすることに対して異議が唱えられることがあるが、ひつまぶしという供食方法自体は紛れもなく名古屋市周辺の発祥である[4][5]
  4. 名称に他地域の名前が含まれているものの、名古屋市周辺の発祥であることが明らかになっているもの

2005年ころからナゴヤドームで球場独自の弁当として「球弁」が取り入れられた。この「球弁」にも名古屋めしの食材を取り入れたものが多く、ドームでの野球観戦での食事にも愛されている。また、名古屋駅駅弁にも名古屋めしの食材を取り入れたものが数多くある。

なお、かつてタモリ名古屋弁を面白おかしく誇張するネタにおいて、名古屋ではエビフライのことを「えびふりゃー」と言うと話題にした影響で、エビフライも名古屋名物であるとの誤解が広まった。実際のところ、エビフライは名古屋(中京圏)生まれでも、独自の進化を遂げたわけでもなく、また特に食べられていたわけでもない。しかし、クルマエビは愛知県の魚に指定されているほか、三河湾は日本でも有数のクルマエビ漁獲量を誇る漁場であるなど、中京圏の代表的な素材であったこともあり、後にタモリのそれを逆手にとり、名古屋市周辺でも、エビフライを取り入れたメニューを提供する店やエビフライ専門店なども現れはじめ、現在では名古屋めしのひとつとして話題にのぼることも見受けられるようになってきた。

一覧[編集]

中京圏発祥の名古屋めし[編集]

中京圏発祥でも独自でもないが、多く提供されていることによる名古屋めし[編集]

独自の名称を用いる名古屋めし[編集]

料理ではないが中京圏独自の食べ物として名古屋めしに含まれるもの[編集]

名古屋めしに多く用いられる、また特徴付ける素材・食材[編集]

有識者[編集]

  • 永谷正樹(ながや まさき)
フードライター兼カメラマン[8]
1969年愛知県生まれ。名古屋商工会議所に所属し、名古屋を拠点に活動。
愛知県の食文化(名古屋めし [9][10]モーニング [11]、喫茶店)に造詣が深く、地元[12]・全国(マツコ&有吉の怒り新党、2016年3月9日)を問わずテレビ局や新聞[13]等メディアへの出演・情報提供多数。
リクルートが運営するWebマガジンでレポーターを努め[14]、名古屋の食事情を発信している[15]
2014年3月4日に「名古屋・一宮・豊橋…喫茶店モーニング図鑑」を出版した[16]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞 2008年11月30日朝刊 『名古屋メシ①』フリーライター 大竹俊之
  2. ^ 津市観光協会のサイトより
  3. ^ 矢場とんのルーツ
  4. ^ あつた蓬莱軒の歴史
  5. ^ 錦三丁目 いば昇のサイトより
  6. ^ 2015年7月15日21時NHKBSプレミアム放送新日本風土記
  7. ^ 2013年8月30日0時55分メーテレ放送「ビーバップ!ハイヒール」で日本経済新聞社特別編集委員の野村泰申氏の解説
  8. ^ 取材屋(写真&文章)
  9. ^ “毎月8日を「なごやめし」の日に 参加店で特別メニュー”. 朝日新聞デジタル. (2016年2月23日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2J6TXKJ2JOIPE03H.html 2016年4月25日閲覧。 
  10. ^ “会報誌「那古野」「那古野三ツ星Gourmet」バックナンバー(平成26年3月号以降)”. 名古屋商工会議所. http://www.nagoya-cci.or.jp/koho/nagoya_gourmet.html 2016年4月25日閲覧。 
  11. ^ “食べ放題も モーニング発祥地、愛知の喫茶店で満腹 |トラベル”. NIKKEI STYLE. (2014年6月19日). http://style.nikkei.com/article/DGXNASFD1601D_W4A610C1000000 2016年4月25日閲覧。 
  12. ^ “「ツウ好み ~なごやめし【特別編】~」:2016年4月1日(金)”. 名古屋テレビ【メ~テレ】. (2016年4月1日). http://www.nagoyatv.com/up/special/entry-5875.html 2016年4月25日閲覧。 
  13. ^ “「特集 フードライター・永谷正樹の大名古屋でら旨店”. 東京スポーツ. (2015年2月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%93%E6%97%A5%EF%BC%88%E7%81%AB%EF%BC%89%E7%99%BA%E8%A1%8C/ 2016年4月25日閲覧。 
  14. ^ “メシ通レポーター”. メシ通. http://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/reporter 2016年4月26日閲覧。 
  15. ^ “永谷正樹 カテゴリーの記事一覧”. メシ通. http://www.hotpepper.jp/mesitsu/archive/category/%E6%B0%B8%E8%B0%B7%E6%AD%A3%E6%A8%B9 2016年4月26日閲覧。 
  16. ^ ““モーニング”に明日はある? 9年ぶりに「喫茶店図鑑」完成/愛知”. THE PAGE 愛知. (2014年3月13日). https://thepage.jp/aichi/detail/20140313-00000012-wordleaf?page=1 2016年4月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]