名古屋めし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名古屋めし(なごやめし)とは、愛知県名古屋市の名物を指す造語である。味噌などが多く使われており、全体的に味付けが濃い傾向がある。発祥が名古屋ではない料理でも名古屋めしのカテゴリーに含まれる場合もある。

概要[編集]

名古屋めしは元々のメニューにアレンジを利かせたアイデア料理が特徴で、味付けが濃厚でクセが強い点で共通している[1]B級グルメと呼ばれるカテゴリーに属するコンテンツの集合体であり[1]、その発祥も、古いものでも半世紀前後以前にたどれるものである。

名古屋めしを系統的に分類すると次の5つに集約される[1]

  1. 味噌をベースにした伝統的なもの :味噌煮込みうどん味噌おでんなど
  2. 鶏肉をベースにしたもの :卵とじラーメン手羽先唐揚げなど
  3. イタリア麺料理をベースにしたもの :鉄板ナポリタンインディアンスパゲッティなど
  4. アジア風麺料理をベースにしたもの :台湾ラーメン、マヨネーズ入り冷やし中華など
  5. 喫茶店メニューをベースにしたもの :小倉トーストせんじなど

歴史[編集]

戦前までの名古屋の食文化は名古屋コーチンを使った日本料理が代表格だった。しかし、戦災によって正統な名古屋コーチン料理が衰退してしまう。その後の戦後混乱期には屋台街が名古屋の名物となり、こうした屋台のなかから味噌ベースの料理が自然発生的に生まれ、独自の進化を遂げていった[1]。しかし、1973年に屋台街の営業が禁止され、2000年代まで名古屋の食文化は停滞してしまう。

ゼットン東京へ進出し名古屋の地元料理を提供しはじめた2001年頃、グルメ情報誌の記者がイタリア料理イタめしをまねてなごめしという呼称でゼットンの料理を紹介しようとした。これに対しゼットンの代表取締役社長をしていた稲本健一がもっとストレートに名古屋めしと呼ぶことを提案し、採用されたのが「名古屋めし」という言葉の始まりである。

ゼットンに続いて矢場とん世界の山ちゃんなどの名古屋の企業が東京へ進出して名古屋名物を提供し始めた時にも使われ、名古屋めしという表現は東京を中心に広まっていった。地元の名古屋で使われるようになったのはその後である[2]

名古屋から関東への出店が相次いだこと、2005年の愛・地球博の開幕や好景気で名古屋に活気が出てきたことなどが、総称の「名古屋めし」が全国的に知られるようになった原因である。 同時期に、ナゴヤドームで球場独自の弁当として「球弁」が取り入れられた。この「球弁」にも名古屋めしの食材を取り入れたものが多く、ドームでの野球観戦での食事にも愛されている。また、名古屋駅駅弁にも名古屋めしの食材を取り入れたものが数多くある。

近年、全国各地に名古屋めしのフランチャイズが開店していった。現在、名古屋めしを給する店のうち、世界の山ちゃん矢場とん、山本屋総本家、コメダ珈琲店などが関東などへ進出している。

発祥地[編集]

名古屋市の名物とされる料理であるが、他地域発祥の料理が多い。また、名古屋市の発祥だとされていたものが、発祥の地を名乗る店舗が他の地域で現れたり、インターネットや口承により他の地域の発祥だという主張が広まっている[要出典]

なお、かつてタモリ名古屋弁を面白おかしく誇張するネタにおいて、名古屋ではエビフライのことを「えびふりゃー」と言うと話題にした影響で、エビフライも名古屋名物であるとの誤解が広まった。しかし、実際のところ、「えびふりゃー」とは言わない。しかし、クルマエビは愛知県の魚に指定されているほか、三河湾は日本でも有数のクルマエビ漁獲量を誇る漁場であったこともあり、後にタモリのそれを逆手にとり、名古屋市周辺でも、エビフライを取り入れたメニューを提供する店やエビフライ専門店なども現れはじめ[要出典]、現在では名古屋めしのひとつとして話題にのぼることも見受けられるようになってきた。

一覧[編集]

名古屋市が発祥の名古屋めし[編集]

名古屋市発祥説がある名古屋めし[編集]

他の地域が発祥の名古屋めし[編集]

名古屋めしに多く用いられる素材・食材[編集]

有識者[編集]

  • 永谷正樹(ながや まさき)
フードライター兼カメラマン[3]
1969年愛知県生まれ。名古屋商工会議所に所属し、名古屋を拠点に活動。
愛知県の食文化(名古屋めし [4][5]モーニング [6]、喫茶店)に造詣が深く、地元[7]・全国(マツコ&有吉の怒り新党、2016年3月9日)を問わずテレビ局や新聞[8]等メディアへの出演・情報提供多数。
リクルートが運営するWebマガジンでレポーターを努め[9]、名古屋の食事情を発信している[10]
2014年3月4日に「名古屋・一宮・豊橋…喫茶店モーニング図鑑」を出版した[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 青山 2015, pp. 276-292.
  2. ^ 中日新聞 2008年11月30日朝刊 『名古屋メシ①』フリーライター 大竹俊之
  3. ^ 取材屋(写真&文章)
  4. ^ “毎月8日を「なごやめし」の日に 参加店で特別メニュー”. 朝日新聞デジタル. (2016年2月23日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2J6TXKJ2JOIPE03H.html 2016年4月25日閲覧。 
  5. ^ “会報誌「那古野」「那古野三ツ星Gourmet」バックナンバー(平成26年3月号以降)”. 名古屋商工会議所. http://www.nagoya-cci.or.jp/koho/nagoya_gourmet.html 2016年4月25日閲覧。 
  6. ^ “食べ放題も モーニング発祥地、愛知の喫茶店で満腹 |トラベル”. NIKKEI STYLE. (2014年6月19日). http://style.nikkei.com/article/DGXNASFD1601D_W4A610C1000000 2016年4月25日閲覧。 
  7. ^ “「ツウ好み ~なごやめし【特別編】~」:2016年4月1日(金)”. 名古屋テレビ【メ~テレ】. (2016年4月1日). http://www.nagoyatv.com/up/special/entry-5875.html 2016年4月25日閲覧。 
  8. ^ “「特集 フードライター・永谷正樹の大名古屋でら旨店”. 東京スポーツ. (2015年2月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%93%E6%97%A5%EF%BC%88%E7%81%AB%EF%BC%89%E7%99%BA%E8%A1%8C/ 2016年4月25日閲覧。 
  9. ^ “メシ通レポーター”. メシ通. http://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/reporter 2016年4月26日閲覧。 
  10. ^ “永谷正樹 カテゴリーの記事一覧”. メシ通. http://www.hotpepper.jp/mesitsu/archive/category/%E6%B0%B8%E8%B0%B7%E6%AD%A3%E6%A8%B9 2016年4月26日閲覧。 
  11. ^ ““モーニング”に明日はある? 9年ぶりに「喫茶店図鑑」完成/愛知”. THE PAGE 愛知. (2014年3月13日). https://thepage.jp/aichi/detail/20140313-00000012-wordleaf?page=1 2016年4月25日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 青山忠靖、原田保(編)、2015、「名古屋料理のスタイルデザイン」、『食文化のスタイルデザイン』、大学教育出版〈地域デザイン学会叢書〉 ISBN 9784864293389

関連項目[編集]

外部リンク[編集]