台湾まぜそば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麺屋はなびの台湾まぜそば

台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。名古屋めしの一種とされる[1]

概要[編集]

台湾ミンチ(鷹の爪ニンニクを効かせた醤油味のひき肉)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。具材は台湾ミンチ、生の刻んだニラネギ魚粉卵黄、おろしニンニクなどであり、それらをよくかき混ぜて食べる。また、「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスもある。発祥の店では、茹で上がった麺をざるの中で棒でこすり傷つけて麺に糊を出し、味わいをまろやかに、タレとも絡みやすくしている[1][2]

発祥と普及[編集]

2008年に名古屋市中川区に本店を持つ麺屋はなび高畑本店[3]にて発祥した。主人が愛知県名古屋市発祥の名物料理「台湾ラーメン」を作ろうと思い、具材の台湾ミンチを作るも当時のスープに合わず断念。そのミンチを捨てようとしたところ、当時勤務していたアルバイトの1人に「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」と言われたのが始まりとされる。それをきっかけに研究し、何度もの試行錯誤を繰り返して現在の台湾まぜそばが完成した[1]

現在では台湾ラーメンと同様に、名古屋めしの一種となり、東海圏のみならず、関西圏・関東圏でもさまざまな店が各店の特徴を加えながら提供している。2013年の名古屋めし総選挙[4]では準グランプリを受賞し、当時の名古屋市長である河村たかしから表彰された[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「台湾まぜそば」が数年で急ブレークした理由”. 東洋経済ONLINE (2017年9月2日). 2018年1月21日閲覧。
  2. ^ 名古屋メシ・台湾まぜそばは台湾ラーメンの失敗から偶然生まれた一杯だった”. 日刊SPA (2017年10月28日). 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ 麺屋はなび高畑本店
  4. ^ 2013年の名古屋めし総選挙
  5. ^ 新なごやめし総選挙のグランプリ決定!”. NewsWalker (2013年12月24日). 2018年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]