あんかけスパゲッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あんかけスパゲッティ

あんかけスパゲッティは、1960年代愛知県名古屋市で登場したスパゲッティ料理。略称は、「あんかけスパ」。「あんかけパスタ」と呼ばれる事はあまりない。

概要[編集]

茹でたスパゲティにソース和えるイタリアパスタとは異なり、あらかじめゆで置きしておいた太いスパゲッティを、焼きそばのように、ラード植物油炒め中華料理のような粘性とコクのある辛味の効いたソースがかかった料理である。この辛味は胡椒をたっぷりと使うためであるが、味のベースはトマト味である。ミートソース名古屋人好みの味に仕立てようとしてできたと言われる[1]。 こうした製法や味付けのため、地元では、ご当地グルメというよりは、若年男性向けのジャンクフードと見なされている。

具材はウインナータマネギピーマンが一般的であり、そのほか、ピカタ(豚肉黄金焼)やエビフライなどの具がトッピングされたメニューも好まれている。野菜トッピングは「カントリー」、ソーセージベーコン等の肉類トッピングは「ミラネーゼ」または「ミラネーズ」と呼び、肉と野菜の両方盛りについては「ミラネーゼ」と「カントリー」の頭文字を足して「ミラカン」と呼ぶ店が多い。ミラネーゼはイタリア料理というイメージでつけられた名前であるが、イタリアの中ではむしろを食べることが特徴のミラノ市と特につながりがある訳ではない。この他に魚介類のフライをトッピングしたものは「バイキング」と呼ばれている。また、カレールー(「インディアンスパゲッティ」)と相掛けができる店もある。

1960年代ころに中京圏で生まれ、(その後すぐに広まったわけではないが[2])特に近年になって人気が高まり広がり、今では独特の食文化として、名古屋めしの一つに挙げられることもあるくらいに広まっている。愛知県には、専門店が多くあるほか、多くの喫茶店でも味わうことができる。一般的にボリュームがあるため、若者を中心に、男性に人気があるが、女性は、脂っぽい、量が多い、味が濃すぎる、などとして敬遠しがちである。

歴史[編集]

料理そのものは、後に独立してスパゲッティハウスヨコイを立ち上げる山岡博が『そ~れ』で働いていた時期の1961年(昭和36年)に生み出した。[3]

名前の由来は、名古屋名物のあんかけうどんを見たからめ亭の店主が、1980年代に「あんかけスパゲッティ」と命名し、テレビで発表したことによる[4]。からめ亭は愛知県内でフランチャイズ展開しており、2013年現在8店舗がある。

カレーハウスCoCo壱番屋に併設されているパスタ・デ・ココ(愛知県名古屋市西区城西店、2015年10月)

2003年(平成15年)3月には、カレーライスフランチャイズで有名な壱番屋が地元一宮市であんかけスパゲッティ専門店「パスタ・デ・ココ」三ツ井店をオープンさせた。2013年現在、愛知県の他、岐阜県東京都に計28店舗をチェーン展開している[5]

市販食品[編集]

コーミオリエンタル等、主に名古屋の食品会社からレトルトソースが発売されている。

「スパゲッティハウスヨコイ」等の一部のあんかけスパ専門店のソースは、各店店頭またはスーパーマーケットなどでレトルト食品として市販されている。愛知県で創業したCoCo壱番屋が展開するパスタ・デ・ココも店舗でレトルトソースを販売いている。

寿がきや食品は「名古屋グルメ あんかけスパ」という名で、ソースを添付したソフトめんタイプの商品を2011年から製造販売している[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院議員 吉田つねひこ あんかけパスタ伝説” (日本語). 吉田統彦. 2013年2月26日閲覧。
  2. ^ 1970年代、1980年代は今ほどは広まっていなかった。
  3. ^ 元祖は「ヨコイ」、発祥は「そ~れ」 あんかけスパのルーツ” (日本語). 株式会社中日新聞社 (2008年7月7日). 2013年2月26日閲覧。
  4. ^ 名古屋名物あんかけスパゲティとは?” (日本語). 株式会社タカミコーポレーション(からめ亭). 2013年2月26日閲覧。
  5. ^ ココイチ店舗検索” (日本語). 株式会社壱番屋. 2013年2月26日閲覧。
  6. ^ 商品情報 名古屋グルメ あんかけスパ1食入” (日本語). 寿がきや食品株式会社. 2013年2月26日閲覧。