えびおろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えびおろし蕎麦

えびおろしは、名古屋めしの一種。

概要[編集]

出汁を注いだ蕎麦きしめんうどんの上に大根おろしをかけ、さらに海老天ぷらを乗せたもの。麺類の温かい・冷たいは問わないが、一般的には冷たいものの方が多い。

大ぶりな海老の天ぷらを乗せるためか、底の浅い平らな丼を器とすることが多い。

1968年に橋爪淳が愛知県名古屋市瑞穂区で「えびすや」を開業(現在は愛知県海部郡大治町で「えびすや大治店」を営業)し、新メニューとして考案されたのが始まりであり、店主の橋爪淳が独立して開業する前に、「えびすや本店」(名古屋市中区)で、修業していた時、賄い料理として大根おろしをのせたうどんと、客からのリクエストでざるうどんにえび天を乗せていたことから、えびおろしの発想を思いついた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 代表的なメニュー” (日本語). 愛知県めんるい組合. 2016年11月7日閲覧。

関連項目[編集]