菜飯田楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊橋市にある「きく宗」の菜飯田楽

菜飯田楽(なめしでんがく)は、の飯に大根葉を乾燥させ炊き込んだものと味噌田楽を合わせた料理[1]

豊橋地方の名物である菜飯田楽は、近江目川が有名で江戸で流行し、街道沿いに広まっていった。やがて他の地方では衰退したが、豊橋市では残り続けた。その理由としては、愛知県では赤味噌作りが盛んであったことに加えて、たくあん作りも盛んであったため、漬け物作りに使用した大根の余った葉を菜飯として活用出来たことが挙げられる。[2]

歴史[編集]

尾形乾山(1663年-1743年)の道中記には、吉田宿の隣にある御油宿(現・豊川市)で菜飯田楽を名物として看板に掲げる店に入ったという記述がある[3]。食文化研究家である吉川誠次は、「きく宗」の創業以前から渥美半島大根三河国八丁味噌を用いた菜飯田楽がこの地域の名物となっていたのではないかと推測している[3]文政年間(1818年-1830年)創業の「きく宗」は東海地方屈指の老舗であり、菜飯に大根だけを用いた菜飯田楽を提供している[3]

菜飯の料理法[編集]

東三河地方の菜飯は大根の菜を使うことが多いが、カブミズナを用いることもある[4]。塩でゆでた菜を水に取り、絞ってからみじん切りにする[4]。少量の塩をふってから鍋で乾煎りし、炊き上がった飯に散らして混ぜると菜飯が出来上がる[4]

豊橋以外の菜飯田楽[編集]

遠江国菊川宿(現・島田市)もかつて菜飯を名物としており、江戸時代中期にはすでに菜飯が作られていた[3]。2000年時点の菊川で菜飯を提供する店は「よし善」だけだが、「よし善」は1993年に菜飯田楽をメニューに加えた[3]

三河地方岡崎市では、明治期創業の「八千代」が初代の頃に菜飯田楽を提供するようになり、現在でもカクキューの八丁味噌や三河地方産大根を使った菜飯田楽を提供している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 豊橋百科事典編集委員会 2006, p. 541.
  2. ^ 豊橋市広報広聴課 2013, pp. 6-7.
  3. ^ a b c d e 「豊橋市の菜飯」朝日新聞, 2000年2月2日
  4. ^ a b c 『聞き書 愛知の食事』農山漁村文化協会〈日本の食生活全集23〉, 1989年, p. 255
  5. ^ 「八千代 花見しながら菜飯田楽」朝日新聞, 2001年4月4日

参考文献[編集]

  • 『豊橋百科事典』 豊橋百科事典編集委員会、豊橋市文化市民部文化課、2006年12月(日本語)。
  • 『ふるさと再発見 その九「メイドイン豊橋を、召し上がれ。」』 豊橋市広報広聴課、豊橋市広報広聴課、2013年3月29日(日本語)。