ミズナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミズナ
ミズナ
ミズナ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アブラナ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ラパ B. rapa
変種 : ミズナ var. nipposinica
学名
Brassica rapa L.
var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
和名
ミズナ(水菜)
英名
Potherb Mustard

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)は、アブラナ科越年草学名が示す通り、植物学的には、アブラナカブなどと同種である。カラシナの一種として説明されることもある。別名で、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、キョウナ(京菜)などがある。

特徴[編集]

葉柄が白く、細長い。には数多くの歯状の切れ込みがある。比較的寒さに強く、緑の少ないから早春の野菜として重宝される。

臭みの無い淡白な味わいと歯ざわりが特徴で、和え物鍋物サラダ、汁物、煮物などにひろく用いられる。浅漬けにすると特にしゃきしゃきした歯ごたえが出て美味い。近畿地方を中心とする地域で、古くから常用されてきた葉野菜であるが、近年では関東地方以北など、全国的に普及してきている。

伝統的な品種としては、大阪京都など、近畿地方を中心として、葉の切れ込みが深く、葉柄が細く、収穫期にはほとんど株立ちしない関西系の品種と、静岡県愛知県など、東海地方を中心として、葉の切れ込みが比較的浅く、葉柄ががっしりと太く、若干の株立ち状態で収穫される関東系とされる品種がある。前者は、生食も可能であるが、はりはり鍋に不可欠な食材として、大阪などでは昔から親しまれてきた品種である。後者は野趣に富んでいるため、専ら加熱調理がなされることが多い。浜松を中心とする静岡県西部から愛知県東部にかけての地域では、正月料理の雑煮の具として親しまれている。

近年では、ミズナを生野菜サラダとして生食する習慣が根付きつつあり、この用途に適する関西系の品種が、従来は関東系の品種が栽培されてきた地域や、そもそも馴染みのなかった地域にまで広く普及しつつある。

関連事項[編集]