奈月ひろ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
菊ひろ子から転送)
Jump to navigation Jump to search
しかない ひろこ
鹿内 寛子
本名 鹿内 寛子
別名義 旧芸名 
若柳 菊
菊 ひろ子
奈月 ひろ子
生年月日 (1942-08-10) 1942年8月10日(76歳)
出生地 日本の旗, 東京都
血液型 B
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1967年 - 現在
主な作品
映画
『古都憂愁・姉いもうと』(1967年
受賞
1967年度 京都記者クラブ新人賞
備考
身長:160cm 体重:47kg

鹿内 寛子(しかない ひろこ、本名同じ、1942年8月10日 - )は、日本女優。かつてフジサンケイグループを支配した鹿内一族の出身である。

当初の芸名には、「若柳菊」、「菊ひろ子」などがあり、1980年以降は、「奈月ひろ子」の名前で活動。

来歴・人物[編集]

鹿内信隆の長女として東京都に生まれる。弟に鹿内春雄鹿内宏明は義弟(妹・厚子の夫)。娘にフジテレビプロデューサー鹿内植

小さい頃から日本舞踊を習う[1]慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、舞台女優の道に進む。信隆はそれに必ずしも賛成したわけではなかったが、娘の意思が固かったことから、フジテレビの株主として関係の深い松竹の役員に後押しを頼んだりした[1]

その後、舞台だけでは飽きたらなくなり、1967年に若柳菊の芸名で映画「古都憂愁・姉いもうと」でデビュー。1967年度京都記者クラブ新人賞を受賞。1969年に菊ひろ子と改名して「代紋・地獄の盃」に出演。

父母の後押しもあり、フジテレビの番組に数多く出演した。だが、社長の娘が自社の番組に出演するということはあらぬ誤解を招き、公共の電波を私物化しているとの批判も出かねない、放置すれば組織がおかしくなると信隆の側近である石田達郎が進言[2]。信隆が石田の進言を入れ、寛子に引退を勧告。1971年芸能界から遠ざかる。1973年結婚。1女をもうけるが、1978年離婚する[3]

1980年奈月ひろ子と改名して、カムバック。以後は舞台テレビドラマを中心に活躍する。

出演[編集]

映画[編集]

  • 古都憂愁・姉いもうと(1967年)
  • なみだ川(1967年)
  • 涙でいいの(1969年)
  • 代紋・地獄の盃(1969年)
  • 恋の乙女川(1969年)
  • 関東義兄弟(1970年)
  • 暁の挑戦(1971年)
  • 226(1989年) - 大久保和喜子
  • 女殺油地獄(1992年)

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

舞台[編集]

  • 陽暉楼
  • 薔薇と海賊
  • 明治一代女
  • 冬の旅
  • 人生は、ガタゴト列車に乗って…
  • 小美代姐さん花乱万丈

脚注[編集]

  1. ^ a b 『メディアの支配者 下』p.77
  2. ^ 『メディアの支配者 下』p.78
  3. ^ 『メディアの支配者 下』p.80

参考文献[編集]

外部リンク[編集]