雑賀俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雑賀 俊朗(さいが としろう 1958年10月25日)- は、日本の映画監督。 2014年より本名:雑賀俊朗を用いている。

来歴・人物[編集]

福岡県北九州市出身。福岡県立東筑高等学校早稲田大学社会科学部卒。泉放送制作プロデューサー、ディレクター。

2001年クリスマス・イヴ」で劇場映画監督デビュー。 以後、映画やドラマの企画、プロデューサー、ディレクターを務める。 2007年より劇場映画監督として活発な活動を始める。 「チェスト!」(2008年)では角川日本エンジェル大賞作品受賞、香港フィルマート日本代表となる。 最新作「カノン」は中国のアカデミー賞とされる金鶏百花映画祭 国際映画部門において、 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀女優賞の三冠を達成した。

主な監督作品[編集]

劇場公開映画[編集]

  • クリスマス・イヴ (2001年)
  • ホ・ギ・ラ・ラ(2002年)
  • RANBU ~艶舞剣士~(2004年)
  • チェスト! (2008年)角川日本映画エンジェル大賞受賞作品、香港フィルマート日本代表作品
  • 海の金魚 (2010年)
  • リトル・マエストラ(2012年)上海国際映画祭 日本映画週間 2013 招待作品
  • 神話の国の子供たち(2014年)10月
  • カノン(2016年)2016年〜2017年公開

ー第二六回 金鶏百花映画祭 国際映画部門 最優秀外国作品(作品賞 監督賞 女優賞、映画祭クロージング上映作品に選ばれた)。  ー第七回 北京国際映画祭 コンペティション部門"天壇賞"日本代表 公式入選。  ー第二〇回 上海国際映画祭 公式部門 日本映画週間 ゴールドクレイン賞 (最優秀作品賞、最優秀監督賞ノミネート、最優秀助演女優賞、審査員特別女優賞 )。  ー第四回 シルクロード映画祭 日本映画週間招待。

テレビ[編集]

  • 「金沢のコロンボ1-3」シリーズ テレビ東京(2014-16年)企画・ディレクター
  • 「土曜ワイド劇場-おとり捜査官・北見志穂」シリーズ テレビ朝日(1998-2017年)プロデューサー
  • 「おかわり飯蔵」テレビ東京連続ドラマ (2005年)ディレクター
  • 「ティッシュ」テレビ朝日連続ドラマ (2006年)ディレクター
  • 「恋うたドラマスペシャル」TBS(2008年)プロデューサー
  • 「黒木メイサ フラメンコ・魂の踊りに出会う旅」NHK・BS及び総合 (2008年)企画・ディレクター
  • 「怪談百物語1-3」NHK制作局長賞受賞 NHK総合(2009-11年)企画・ディレクター
  • 「正月スペシャル〜雅の世界 百人一首」NHK総合(2010年)企画・ディレクター
  • 「戦地からの手紙」NHK総合 (2010年8月)企画・ディレクター
  • 復興支援特別番組「YELL~こころからこころへ声を繋ぐ~」BSーTBS(2011年)企画・ディレクター
  • 「文豪の湯」BSーTBS(2012年)企画・ディレクター
  • 「長谷川潤 ハワイを踊る」NHK・BS(2012年)企画・ディレクター
  • 「忘れないで夢を~漫画家やなせたかしと妻・暢(のぶ)~」NHK総合 プレミアムドラマ(2013年)ディレクター
  • 「朝ドラ同窓会〜ごちそうさん」NHK・BS(2016年)ディレクター
  • 「My dream my life」日本・ミャンマー合作ドラマ(2017年)ディレクター

Vシネマ[編集]

  • ポイズン(1996年)
  • ダメージ(1996年)
  • 新・麻雀放浪記1(1999年)
  • 新・麻雀放浪記2(1999年)
  • 新・麻雀放浪記3 死闘編(2000年)
  • 新・麻雀放浪記4 旅情編(2000年)
  • ドサ健 麻雀地獄(2001年)
  • 新・麻雀放浪記(2001年)
  • 死霊波(2004年)