モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モコミ
〜彼女ちょっとヘンだけど〜
ジャンル 連続ドラマ
企画 オスカープロモーション(協力)
脚本 橋部敦子
演出 竹園元(テレビ朝日)
常廣丈太(テレビ朝日)
鎌田敏明
監修 藤原佐知子(花屋)
出演者 小芝風花
富田靖子
田辺誠一
工藤阿須加
橋爪功
加藤清史郎
水沢エレナ
内藤理沙
音楽 森英治
エンディング GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
製作総指揮 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー 竹園元(テレビ朝日)
中込卓也(テレビ朝日)
布施等(MMJ)
製作 テレビ朝日
メディアミックス・ジャパン
放送
放送チャンネル テレビ朝日系
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2021年1月23日 -
放送時間 土曜 23:00 - 23:30
放送枠 土曜ナイトドラマ
放送分 30分
公式サイト
テンプレートを表示

モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』(モコミ かのじょちょっとヘンだけど)は、2021年1月23日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送されているテレビドラマ。主演は小芝風花[1]

関西テレビ制作・フジテレビ系で放送された草彅剛主演の『僕シリーズ』を筆頭に、数々のヒューマンドラマを手掛けてきた脚本家・橋部敦子が初めてテレビ朝日系で手掛けるドラマ。主演の小芝風花とは本作で初タッグを組む[1]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

清水萌子美(しみず もこみ)〈21 → 22〉
演 - 小芝風花[1](7歳時:有香[2]
本作の主人公。本来は感情を持つはずのない石や植物、ぬいぐるみなどの気持ちが読み取れるという繊細な感覚の持ち主。幼少期はその感覚からモノの代弁をすることで周囲から理解されず、変わった子供と思われ問題児扱いされていた。そのため、周囲の人にヘンなことを言ってしまっていないかと気にするあまりうまく言いたいことを伝えられなくなり、人とコミュニケーションを取ることに疲弊して小学5年の頃から不登校気味となってしまい、中学には一度も通わず通信制の高校を卒業している。世間からはひきこもりやニートとみなされているが、常に部屋にこもっているわけではなく、兄・俊祐に誘われて外出することもある。
現在は母・千華子の勧めで工場で製品の不良品チェックのアルバイトをしている。

清水家[編集]

清水千華子(しみず ちかこ)
演 - 富田靖子[3]
萌子美の母。萌子美が普通の子と同じように生活できるようにあらゆる手を尽くすが問題を解決できていないため、娘の行末を心配している。自覚に欠けているが、他人に対し過干渉で支配的な性格。
清水伸寛(しみず のぶひろ)
演 - 田辺誠一[3]
萌子美の父。税理士。過干渉な妻・千華子の意見に反論できず気力を失っている。
清水俊祐(しみず しゅんすけ)
演 - 工藤阿須加[3](幼少期:榎本司[4]
萌子美の兄。父方の祖父から受け継いだ生花店を経営している。
近隣住民に親しまれ常連客も多く、友人から相談を持ち込まれることも多いが、ある秘密を抱えている。
須田観(すだ かん)
演 - 橋爪功[3]
萌子美の祖父。千華子の父。元高校教師で、現在はタクシー運転手。
娘の千華子とあることで揉めて以来、長年音信不通で15年前に妻を亡くしてから一人暮らしを続けていたが、ある日、住んでいた借家でボヤ騒ぎを起こし、借家を追い出されてしまい、清水家に姿を現し同居することになる。

清水生花店[編集]

俊祐が経営する花屋

依田涼音(よりた すずね)
演 - 水沢エレナ[3]
生花店の店員。俊祐と密かに交際している。
桜井真由(さくらい まゆ)
演 - 内藤理沙[3]
生花店の店員。シングルマザー。2人の子持ち。

その他[編集]

岸田佑矢(きしだ ゆうや)
演 - 加藤清史郎[5][6]
萌子美のはじめて恋をする青年。
俳優志望でフードデリバリーのバイトをしている。

ゲスト[編集]

第1話
大山菜々
演 - 落井実結子[7]
7歳の頃の萌子美の友達。公園で遊んでいて自分のジェル[注 1]が無くなっていることに気付き、友達に探してもらう。
小島里香
演 - 諏訪結衣[8]
7歳の頃の萌子美の友達。手にしていたジェルが菜々のものであることを萌子美に指摘されるが否定する。
小島涼子
演 - 片岡明日香
里香の母。菜々のジェルを持っていると萌子美に指摘された娘から助けを求められる。
中井哲也
演 - 小倉久寛
萌子美がバイトする工場の従業員。
下村純子
演 - 平栗あつみ
萌子美がバイトする工場の同僚。見つけにくい不良品を見つける萌子美に感心する。
上田美穂
演 - 中川知香
萌子美がバイトする工場の同僚。萌子美が見つけた不良品の不具合箇所を探し当てる。
伊藤春子
演 - 福井裕子
清水生花店の常連客。開店準備に忙しい俊祐を捕まえ、おしゃべりに付き合わせる。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 ラテ欄[10] 演出 視聴率
第1話 1月23日 竹園元
第2話 1月30日
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ おもちゃのマニュキア

出典[編集]

  1. ^ a b c ザテレビジョン. “小芝風花が2021年1月期ドラマ「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」の主演に決定 脚本家・橋部敦子と初タッグ (1/4) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ 有香 – スマイルモンキー” (日本語). 2021年1月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 小芝風花主演ドラマ『モコミ』 工藤阿須加ら共演者を発表”. ORICON NEWS. 2020年12月7日閲覧。
  4. ^ 榎本 司 | 株式会社 アミューズ - AMUSE -” (日本語). www.amuse.co.jp. 2021年1月24日閲覧。
  5. ^ 小芝風花主演ドラマ『モコミ』ラブストーリーの相手役は加藤清史郎”. ORICON NEWS. 2020年12月21日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “加藤清史郎がドラマ「モコミ」で小芝風花の相手役、「僕でいいのでしょうか?」(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年12月21日閲覧。
  7. ^ 落井実結子|NEWS|Gurre Kids|ギュラ・キッズ”. www.gurre-kids.com. 2021年1月24日閲覧。
  8. ^ 諏訪 結衣 – スマイルモンキー” (日本語). 2021年1月24日閲覧。
  9. ^ GENERATIONSが小芝風花主演ドラマ主題歌 - 音楽 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年12月9日閲覧。
  10. ^ 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 土曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
先生を消す方程式。
(2020年10月31日 - 12月19日)
モコミ
〜彼女ちょっとヘンだけど〜
(2021年1月23日 - )
未定