雨を告げる漂流団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨を告げる漂流団地
Drifting Home
監督 石田祐康
脚本
出演者 田村睦心
瀬戸麻沙美
村瀬歩
山下大輝
小林由美子
水瀬いのり
花澤香菜
音楽 阿部海太郎
撮影 町田啓
編集 木南涼太
制作会社 スタジオコロリド
製作会社 ツインエンジン
配給 日本の旗 ツインエンジン / ギグリーボックス
公開 世界の旗 2022年9月16日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

雨を告げる漂流団地』(あめをつげるひょうりゅうだんち)は、スタジオコロリド制作による日本の長編アニメーション映画。監督は石田祐康[1]2022年9月16日Netflixにて全世界独占配信、日本全国ロードショー予定[2][3]

概要[編集]

本作は、『ペンギン・ハイウェイ』『泣きたい私は猫をかぶる』に続くスタジオコロリドの長編劇場アニメ第3弾[1]。監督を務めるのは、第1弾の『ペンギン・ハイウェイ』で29歳という若さで異例の長編監督デビューを果たし、本作が長編映画2作目となる石田祐康[3]。また前2作に作画監督として参加した永江彰浩と加藤ふみがそれぞれキャラクターデザインとキャラクターデザイン補佐を務める[1][3]

小学生6年生の少年少女が、解体を待つ団地の建物に入り込み、その団地が海上を漂流するという物語である[1]。監督の石田は「タイトルにしてしまうほど団地に思いを寄せた作品となりました。こういう類いのアニメ映画としては恐らく変わり者です。自分にとっても一つの挑戦となります。分かりやすく学校にするなどの意見もありました。苦しんで、悩んで、それでも信じるままに! 逆に皆で一緒になって知恵を絞りつつ!……団地を船出させることになりました。」と制作発表に際してコメントした[1]

2021年9月25日に、Netflixのイベント「TUDUM: A NETFLIX GLOBAL FAN EVENT」で制作が発表され、同日キービジュアルやトレーラーも公開された[3]

あらすじ[編集]

幼馴染で小学6年生の航祐と夏芽は、夏休みのある日取り壊しの決まった団地へ行く。航祐たちが団地で遊んでいると不思議な現象に巻き込まれ、団地は大洋の中を漂流する[4]

登場人物[編集]

熊谷航祐(くまがや こうすけ)
- 田村睦心
兎内夏芽(とない なつめ)
声 - 瀬戸麻沙美
のっぽ
声 - 村瀬歩
橘譲(たちばな ゆずる)
声 - 山下大輝
小祝太志(こいわい たいし)
声 - 小林由美子
羽馬令依菜(はば れいな)
声 - 水瀬いのり
安藤珠理(あんどう じゅり)
声 - 花澤香菜

スタッフ[編集]

  • 監督 - 石田祐康
  • 脚本 - 森ハヤシ石田祐康
  • キャラクターデザイン - 永江彰浩
  • キャラクターデザイン補佐 - 加藤ふみ
  • 演出 - 渡辺葉、間﨑渓、竹内雅人、木村拓、増田惇人
  • 作画監督 - 近岡直、西村幸恵、黄捷、加藤万由子、荻野美希、三浦菜奈、薮本和彦、水野良亮、坂口歌菜子、渡辺暁子、平井琴乃、櫻井哲也、宇佐美皓一、篠田貴臣、斎藤暖
  • 美術監督 - 稲葉邦彦
  • 色彩設計 - 広瀬いづみ
  • CGディレクター - 竹鼻まゆ
  • 撮影監督 - 町田啓
  • 編集 - 木南涼太
  • 音楽 - 阿部海太郎
  • 音響監督 - 木村絵理子
  • 企画プロデュース - 山本幸治
  • 企画 - ツインエンジン
  • 制作 - スタジオコロリド
  • 配給 - ツインエンジン、ギグリーボックス

音楽[編集]

主題歌[編集]

未発表であるが、ずっと真夜中でいいのに。が担当することが2022年4月16日に発表された[5]

挿入歌[編集]

「夏枯れ」[5]
ずっと真夜中でいいのに。[5]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]