桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻
桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻
ジャンル ボードゲーム
対応機種 PlayStation 2
ニンテンドーゲームキューブ
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1-4人(対戦)
メディア PS2:CD-ROM
GC:ニンテンドーゲームキューブ用8cm光ディスク
発売日 PS2・GC:2002年12月5日
テンプレートを表示

桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻(ももたろうでんてつイレブン ブラックボンビーしゅつげん!のまき - )は、ハドソンが2002年12月5日に発売したPlayStation 2用、ニンテンドーゲームキューブ用のボードゲーム桃太郎電鉄シリーズ第11作。

概要[編集]

今作は『III』以来の複数ハードでの発売となった。用意されているのは全国編のマップのみ[1]であるが、前作の「九州編」で登場したシステムがいくつか全国編のマップに搭載され、新駅も増加している。

『7』-『X』のような、プレイヤー全員に被害を与えるイベントキャラクターは本作では登場しない。ただし、本作より『jr.』以来となるゲストボンビーが登場するようになり、本作ではサブタイトルにもある「ブラックボンビー」が新登場する。

ゲームモード[編集]

いつもの桃鉄
設定した年数をプレイし総資産を競うモード。プレイ年数は1-99年の中から設定可能。
桃鉄公式戦
3年プレイし総資産を競うモード。ゲーム開始時の持ち金は1億円で、「プラス駅」「マイナス駅」などの金額設定は「いつもの桃鉄」の10年目と同じ設定から始まる等、ゲームバランスが「いつもの桃鉄」とは一部異なっている。
火の国で鬼ごっこ
前作の「北国で鬼ごっこ」の九州版。九州地方を舞台に2年間鬼ごっこをおこない、終了時に「鬼」だったプレイヤーが負け。総資産などは勝敗に影響しない。
前作との違いは2年でゲームが終了する点と、「鬼」は貧乏神と同様に相手とすれちがうことでなすりつけられ、「鬼」になっているプレイヤーには「鬼のペナルティ」という不利なイベントが発生する等。また、このモードでは九州の外へ出る手段は封鎖され、阿蘇の「ワープ駅」と三角の「ロボット研究所」が「カード駅」に変化しており、「カード売り場駅」の品揃えがその他のモードとは異なる。
貧乏神がいない!
誰かが目的地に到着しても貧乏神が登場しないモード。その他のルールは「いつもの桃鉄」と同じだが、貧乏神に関連するカードは一切使用できない。
ドラコンクエスト3
3枚の「ぶっとびカード」を持ってハワイからぶっとび、どれだけ遠くに飛べるかを競うモード。今回は、スタート地点が沖縄からハワイに変更された。
風雲!さくま城
COMキャラ2人ずつと「桃鉄公式戦」ルールで対戦し勝ち抜く1人用のモード。『風雲!たけし城』のパロディ。

前作からの変更点[編集]

  • PlayStation 2・ニンテンドーゲームキューブの2機種で同時に発売された。
    • 違いの一例として、女湯イベントの画像がそれぞれ異なる。
  • 本作より、目的地がルーレットで決定された時に「鎖国時代の貿易窓口!長崎(ながさき)です」等、目的地の説明メッセージが表示されるようになった。
  • 本作より、地形以外のCGの描写方式がトゥーンレンダリングになった。
  • 本作より、BGMの音源が一新された。これは最新作まで使われ続けている。
  • 本作より、「カード売り場駅」に止まったときのBGMが「ウキウキ・ショッピング」になっている(『SUPER』と同様[2])。
  • 本作より、ボンビラス星では列車の移動速度が強制的に遅くなる。
  • 本作より、キングボンビーの体の大きさがこれまでの作品と比較して約3倍に巨大化している。
  • ゲストボンビーとして「ブラックボンビー」が初登場。取り付かれているプレイヤーはカードが常に使えなくなり、マップ上のほとんどの駅が止まると損害系カードを高確率で入手する「ブラック駅」に変化する。この悪行はプレイヤーの行動前に発生するため、ボンビーとしてはシリーズ初の「標準で行動が制限されてしまうキャラクター」であり、ターン内で他人になすりつければ無害とは限らない。
  • 本作より、「おいどん」「鉄道省」「?駅」など、前作の『X(九州)』のみに登場した要素が全国編マップに登場する。
    • 本作より、運賃改正イベントで鉄道の収入は倍にならない。
  • 本作より『16』まで、東京駅が普通の物件駅から本社ビルを建設する駅に変更。止まると持ち金を投資して本社ビルを建設できる。建設した本社ビルは収益こそ生み出さないが、キングボンビーなどに奪われたり失ったりすることはなく、絶対に失われない安定資産となる。
  • 本作より、「スリの銀次の当たり年」イベントが登場。発生した年は1年間、スリの銀次の出現率が大幅に上がる。
  • 本作および『12』では、ロボット研究所で購入できるメカボンビーが1人1台となった。また、各メカボンビーの値段、勝率[3]や戦いの演出、BGMが変更され、キングボンビーとカプセルロボにそれぞれ新しい必殺技が追加された。
  • 本作より、所持金マイナス時にカード駅に停まると「カードの神様」が登場し、さらに1-2枚カードを追加でもらえる事がある。
  • 前作に登場した5段階増資は廃止され、増資の最大は従来と同様の3段階になったほか、「ゴールドカード」「プラチナカード」「クレジットカード」を使用しての増資ができなくなった。
  • 本作より、スリの銀次が登場する背景が再び列車内になり、「1/4」の金額を奪うようになった。
  • 本作より、5の倍数年では「カード売り場駅」で買い物をした際に「○周年記念」として、買おうとしたカードを無料でもらえる事がある。
  • 本作より、作品を追うにつれて100億円以上の高額物件や、増資による収益率の変動が大きい物件が増えるようになった。本作の「桃太郎ランド」の価格は1000億円。
  • 本作より『2017』まで、「桃太郎ランド」を購入すると購入者の全物件(桃太郎ランド自体も含むが、収益率が毎年変動する物件は除く)の収益率が5%アップするようになる。
  • PS2版のみ『7』・『V』・『X』に続きデジキューブ提携コンビニ併売タイトル第4作あり尚且つ事実上の最終作としてリリースした。
  • 初登場のカード:ブックマークカード、三三七拍子カード、鉄道買収カードなど
  • 復活したカード:福袋カード

登場駅[編集]

太字の駅は目的地になる駅。

物件駅(120駅)[編集]

カード売り場(23駅)[編集]

ロボット研究所(4駅)[編集]

ワープ駅(4駅)[編集]

?駅(3駅)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ X』-『12』の間で唯一、地方編マップが存在しない。
  2. ^ 『SUPER』と『II』以降では曲が異なる。
  3. ^ 公式サイトや研究所初停車時では1台しか持てない代わりにロボットの勝率が上がった事が書かれているが、メカボンビーRXの勝率で言えばそれまでの3/4から、本作では1/2に低下している。

関連書籍[編集]

  • おいしい桃鉄 : 桃太郎電鉄11全国グルメ物件ガイド(小学館 ワンダーライフスペシャル、ISBN 4091060730
桃鉄の食品物件として登場する食べ物を、モデルになった店などと共に紹介。新たに物件駅を作るときの、取材旅行のドキュメントもあり、ここで取り上げられた「佐原」と「出石」は実際に『11』に登場した。ちなみに、この本の「小樽のお寿司屋」のエピソードで登場する「漫画家の卵の若者たち」は、『7』などで活躍する「チョコバナナオールスターズ」の事だと思われる。
  • 桃太郎電鉄11ブラックボンビー出現!の巻公式ガイドブック(エンターブレイン、ISBN 4757712618
  • 桃太郎電鉄11ゴールド・サウンズ
本作のサウンドトラック。

外部リンク[編集]