スーパー桃太郎電鉄III

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桃太郎電鉄シリーズ > スーパー桃太郎電鉄III
スーパー桃太郎電鉄III
ジャンル ボードゲーム
対応機種 スーパーファミコン(SFC)
ゲームギア(GG)
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1-4人(対戦)
メディア ロムカセット
発売日 SFC:1994年12月9日
GG:1995年12月15日
売上本数 100万本以上[1]
テンプレートを表示

スーパー桃太郎電鉄III(スーパーももたろうでんてつスリー)は、ハドソンが発売したボードゲーム。桃太郎電鉄シリーズの第4作である。

概要[編集]

今作はキングボンビー対策にロボット研究所が初登場し、カード売り場のうちいくつかがこのマスに変更になった。新駅の登場が無い分、イベントの数・カードの種類・物件数が増加し、よりゲームのボリュームが増している。

前作からの変更点[編集]

  • 本作より、夜叉姫が「PBS NEWS」で桃太郎のアシスタントとして登場。
  • 本作より、プラス駅やマイナス駅・イベントなどで出てくる収入や支出が、基本的に年数に比例するようになった。
  • 本作より、物件ジャンルが見直された。「外食」が「食品」になり、「ホテル」「レジャー」「温泉」「その他」が「観光」「商業」に組み直された。
  • 本作より、収益率マイナスの物件は、独占することで損失が半減する(『II』までは損失も倍増していた)。
  • 本作より、貧乏神やキングボンビーの悪行は、種類も全体的に増加し、年数を追うごとに強化される。また、『II』で登場した悪行も補強されている。
  • 本作より、キングボンビーへの対抗手段であるメカボンビーを販売する「ロボット研究所」が初登場。全国数か所にあり、本作では1回の訪問で1回だけ投資できるシステム。1億円単位で99億円まで投資でき、投資金がメカボンビーの価格に達すると購入したことになる。
  • 本作より、「リニアカード」が30マス進める効果になる[2]。従来のリニアカードは「のぞみカード」として登場する。
  • 本作より、「イトーヨーカード」が1つの都市の物件を安い順にまとめ買いする仕様になった。
  • 本作のみ、ドジラ出現から都市を襲うまで4か月間の猶予がある。ただし襲う直前までどの都市がターゲットになるかはわからない。
  • 本作より、モモトラマンが勝負に負けることがある。モモトラマンカードは勝負に負けるまで手元に残るようになる。また、カードを持っていても強制的に使われることはなく、出動するかどうかプレイヤーが判断する。
  • 本作より、物件が8件ある駅が、全国的に大幅に増える。
  • 本作より、収益率2%の物件が登場する(『II』までは全て収益率が5%刻みだった)。低収益率の物件が増加しているため、収益率を考えて物件を購入する必要がある。
  • 本作より、景気変動イベントが登場。バブル(プラス駅収入・到着援助金が2倍、マイナス駅支出が半分)と不景気(プラス駅収入・到着援助金が半分、マイナス駅支出が2倍)がある。
  • 初登場のカード : のぞみカード(300系新幹線登場に伴い登場)、スペシャルカード、イエローカード、テレポートカード、ダイヤモンドカード、とびちりカードなど
  • 特定のプレイ回数のみ、記念ゲームとして特別な状態でスタートすることができる(80回記念など)。

登場駅[編集]

物件駅(81駅)[編集]

太字の駅は目的地になる駅。

カード売り場(19駅)[編集]

ロボット研究所(3駅)[編集]

TVCM[編集]

土佐電鉄電車両内にてロケ撮影。

荒井注氏がスリの銀次役で出演された。

関連書籍[編集]

  • ベストセラーズ スーパー桃太郎電鉄究極本 (ISBN 4584160198)
  • スーパー桃太郎電鉄必勝攻略法 (ISBN 4584160198)
  • スーパー桃太郎電鉄 : ハドソン公式ガイドブック (ISBN 409102498X)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講演依頼.com
  2. ^ 前作『II』でも「ぱろぷんてカード」による30マス移動の際は列車がリニアに変化するため、「リニアで30マス移動する概念」自体は既に存在していたが、「確実に30マスをリニアで進める」のは本作が初となる。

外部リンク[編集]

  • ハドソン公式サイト内紹介ページ (SFC, GG)