桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!
ジャンル ボードゲーム
対応機種 PlayStation Portable
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1-4人(対戦)
メディア UMD
ダウンロード
発売日 2010年7月15日
2011年1月11日(ダウンロード版)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!』(ももたろうでんせつタッグマッチ ゆうじょう・どりょく・しょうりのまき)は、ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)から2010年7月15日に発売されたPSP向けボードゲーム。桃太郎電鉄シリーズ第20作。ダウンロード版は2011年1月11日から2011年11月13日までPlayStation Storeで配信されていた。ハドソンのPlayStationシリーズ最後のパッケージソフトであった。

概要[編集]

PSP版では唯一の桃太郎電鉄シリーズ。2010年4月15日に正式タイトルを発表するまでは「桃太郎電鉄T」という仮称で呼ばれていた。本作では、Wii版『2010』のゲーム内容をベースに、2つのチームに分かれて競う「桃鉄タッグマッチ」モード等の新要素が追加されており、Wii版『2010』からマップの地形等、ゲームバランスが一部変更されている。

CMイメージキャラクターは山本梓(『2010』から続投)、川島邦裕野性爆弾)、くまだまさし福島善成ガリットチュウ)、吉田サラダものいい[1]

ゲームモード[編集]

ひとりで桃鉄
1人用のモード。以下の3つのゲームで対戦可能。
いつもの桃鉄
1-100年の中から設定した年数をプレイして総資産を競うモード。人間プレイヤー1人と、COMキャラ2人で対戦する。
桃鉄3年決戦!
3年プレイして総資産を競うモード。人間プレイヤー1人と、COMキャラ2人で対戦する。初めから1億円と「急行周遊カード」「ぶっとびカード」を1枚ずつ持ってゲームが開始し、「いつもの桃鉄」とはゲームバランスが一部異なっている。
桃鉄タッグマッチ
チームに分かれて総資産を競う、桃太郎電鉄シリーズでは唯一の団体戦モード。「1人vs2人」「1人vs3人」「2人vs2人」のうちいずれかの組み合わせで2チームに分かれ、各チームの合計総資産で勝敗を競う。プレイ年数は1-10年の間で設定可能。
このモードでは基本的なルールやゲームの流れは「いつもの桃鉄」と同様で、持ち金や物件は各プレイヤーごとに所有するが、手に入れたカードはチーム内全員で共有する。また、一部のカードは1枚でチーム全員に効果が及ぶ(例 : 「デビルカード」「エンジェルカード」なら同じチームメンバーそれぞれのターンで持ち金増減が発生し、「お殿様カード」なら1枚で目的地に入れなかったメンバー全員に利益が出る)。また、他のプレイヤー全員に効果が及ぶカード(「冬眠カード」「ふういんカード」など)は、同じチームのメンバーにも効果が及ぶ。
みんなで桃鉄
2-4人で、上記の3つのゲームで対戦するモード。

前作からの変更点[編集]

  • 人間2人以上で対戦する場合は、1台のPSPを共有してプレイするか、アドホック・モード(人数分のPSPとソフトが必要)を利用してプレイする。
  • オンライン対戦はPS3の「アドホック・パーティー」を使用する。
  • 今作のみ、ターンの順番に関係なくプレイヤーの汽車の色を任意で選べるようになった。
  • マップ上の山や建物などのグラフィックが2Dに書き直されている。
  • 月初めのカレンダーのイラストや、マップのオブジェがアニメーションしない。
  • 鶴橋の2マス東が奈良になる等、マップの地形が一部変更されている。
  • 「銀河鉄道」(「銀河鉄道カード」および「銀河の夢カード」)と「ボンビラス星」が存在しない。
  • ゲストボンビーは「エアプレンボンビー」「バクレツボンビー」に加え、本作で新たに「ツルギボンビー」が登場。「ツルギボンビー」は取り付いたプレイヤーの独占している物件駅を1ターンに1駅ずつ破壊し、その駅の物件を誰も所有していない状態にする。なお、「プロテクトカード」で保護されている物件駅や「桃太郎ランド」がある岡山は攻撃の優先順位が最も低い。

歴史ヒーロー[編集]

桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻#歴史ヒーローを参照。

登場駅[編集]

桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻#登場駅を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さくまあきら (2010年5月26日). “さくまあきらホームページ:仕事人裏日記” (日本語). 2010年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]