ものいい (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ものいい
MONOÎ
メンバー 横山きよし
吉田サラダ
結成年 2006年
事務所 吉本興業
活動時期 2000年 -
出身 NSC東京校6期
出会い NSC
旧コンビ名 ファイングラス、はなすい(吉田)
エントランス(横山)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
同期 とにかく明るい安村
玉代勢直(オリオンリーグ
ピクニック
げんきーずなど
公式サイト ものいいのBLOG案内所
テンプレートを表示

ものいいは、吉本興業東京本社(東京吉本)に所属する日本のお笑いコンビ2006年1月結成、NSC東京校6期出身。

メンバー[編集]

  • 横山 きよし(本名:横山 清志〈よこやま きよし〉 (1979-07-21) 1979年7月21日(42歳) -)ツッコミ担当、立ち位置は向かって左。
    埼玉県出身。埼玉県立新座総合技術高等学校工業デザイン科卒業。
    身長178cm、体重50kg。血液型B型。
    中学生時代のあだ名枯れ木
    NSC入学以前に、しばらくデザイン関係の仕事をしていた。
    NSC時代に有場弘貴とコンビ『エントランス』を結成、のちに解散。
    昔から絵が上手く手先も器用で、ネタでの小道具は彼がほとんど製作している。ブログでは彼の描いた絵も見られる。
    藤岡弘、大泉洋ボビー・オロゴンもう中学生などのものまねが得意。
    大のフィギュア好き。 YUKI(元JUDY AND MARY)の大ファンでもある。
    体脂肪率5%とかなり痩せているので、針金ハンガーをほぼ原型を留めた状態でくぐり抜けたり、レイザーラモンHGの腕輪を太ももにつけられる(しかも余る)
    好きな食べ物はサーモン刺身マグロ赤身ピーマン料理、トマト
    嫌いな食べ物はしそ梅干しうにいくらジャム
    多少潔癖症気味なところがあり、手作りのプレゼントは苦手。
    めちゃ×2イケてるッ!』(2009年9月12日放送分)にて有野晋哉よゐこ)から「味のないオダギリジョー」と言われた。
    横山やすしとそのかつての相方である西川きよしを足して2で割った名前であることから、「ひょっとしたら父親がそれに肖ってつけた名前ではないのか」と吉田が思い実際に横山の父親に会ったら、本人はお笑い自体に興味がなく「ただの偶然でした」と言われた[1]
  • 吉田 サラダ(本名:吉田 貴博〈よしだ たかひろ〉 (1977-02-06) 1977年2月6日(44歳) -)ボケ担当、立ち位置は向かって右。
    大阪府堺市出身[2]桃山学院高校を経て桃山学院大学卒業。
    身長168cm、体重104kg。血液型B型。
    大学生の時に素人としてくぼた隆政(現いち・もく・さん)と遊びでコンビを組んでいた。
    NSC時代に芝崎英昭とコンビ『ファイングラス』を結成するも、ワッキーペナルティ)から「そのコンビ名はなんか似合わない」と一喝されたことで『はなすい』へ改名したが解散。しばらくの間ピン芸人『吉田サラダ』として活動した。ピン活動時には、『ヨシモトファンダンゴTV』で放送されていた生放送のバラエティ番組『ワイ!ワイ!ワイ!』内で「吉田サラダのお宅訪問」というレギュラーコーナーを持ち、「サラダバー」という単独ライブも行う。そのライブにはまだコンビを組む前の相方・横山も参加していた。
    好きな食べ物はタコ天ぷら
    「元祖一発屋」(後述)ではメインボーカルも行っている。
    『めちゃ×2イケてるッ!』(2009年9月12日放送分)の「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル」にて、歌い方と声が忌野清志郎と非常に似ている事が発覚(これは矢部浩之ナインティナイン)が清志郎の歌を試しに歌わせた事による)。吉田自身は指摘されるまでそのことに気がつかなかった。気づいた現在も本人は清志郎に歌い方が似ているのを認めていない。審査員たちからは「本当に清志郎さんが歌ったらこうなる」と唸らせたが、ナイナイからは「ものまね王座じゃないから」と言われた。
    2014年11月に入籍をした。
    東京ヤクルトスワローズファンであり2020年1月24日からヤクルトファンYouTuber「燕太な神様」(後に「吉田サラダちゃんねる」に改名)として活動を始めた。
    2021年4月より、氷見市地域おこし協力隊の隊員に任命され、富山県氷見市に移住。吉本興業所属のまま氷見市で活動を続ける。

略歴[編集]

  • 元々同期で別々に活動していた2人だが、当時NSC講師であったラッキィ池田がNSC卒業生や在校生で集めた「元祖一発屋」というグループに選ばれたことにより、関係を深く持つようになる。その後、お互いにコンビ解散で新たな相方を探していたという縁で現在のコンビを結成。
  • コンビ名の由来は「ミュージシャンのことを『うたうたい』って言うんだったら、漫才師のことは『ものいい』でいいんじゃない?」と、「ものすごくいい!を略して『ものいい』」という吉田の発言から。
  • またコンビ結成前、『NHK紅白歌合戦』においてえなりかずき「おいらに惚れちゃ怪我するぜ!」のバックダンサーとして2人とも出演している。
  • 座高が2人とも同じ。

芸風[編集]

  • 主に「どうも! ジョニー・デップです! 違うかー!」など吉田がボケて「違うかー!」というコント。
  • コントと漫才両方を行っている。M-1グランプリ[3]キングオブコントどちらも準決勝まで進出経験がある。
  • 漫才では吉田が「ノルウェー消費税か!」などの例えツッコミを言い、その例えのわかりづらさに横山がツッコミ返す。
  • TV出演では、吉田がお調子もののキャラクターで「違うかっ!?」を連呼し、横山が苦笑い及び諌めたりしてツッコむパターンのコントが多い。「違うかっ!?」の他にも「おもろいやろ?」、二枚目風に「なんてね?」というパターンもある。
  • 顔芸は吉田より、横山の方がよくする。
  • AGE AGE LIVEなどの舞台では漫才を披露することが多い。AGE AGE LIVEでは暴力団の一員(横山)と肩がぶつかってしまう〜(吉田)が人気。~にはドラえもん任天堂マリオ秋葉原の若者がいた。
  • コントには「空気読めや〜!」「うーんっ!」というWボケスタイルで、空気が読めない人のネタもやっている。

出演番組[編集]

レッドカーペット賞2回受賞。
コラボカーペットでキングオブコメディ(吉田のみ1回、コンビで1回)や5GAP(吉田のみ)やFUJIWARA&5GAP久保田賢治(吉田のみ、ヒーローコラボ名義)と共演。

PV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年12月10日放送「オンバト+」より
  2. ^ 吉田サラダ プロフィール Archived 2012年5月15日, at the Wayback Machine.
  3. ^ ものいい | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]