天使の誘惑 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天使の誘惑
黛ジュンシングル
初出アルバム『天使の誘惑』
B面 ブラック・ルーム
土曜の夜何かが起きる'95
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 なかにし礼(作詞)
鈴木邦彦(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1968年度年間18位(オリコン)
  • 黛ジュン シングル 年表
    乙女の祈り
    1968年
    天使の誘惑
    (1968年)
    夕月
    (1968年)
    テンプレートを表示

    天使の誘惑」(てんしのゆうわく)は、1968年5月1日に発売された黛ジュンの4枚目のシングルである。

    解説[編集]

    黛ジュンは本楽曲で1968年の「第10回日本レコード大賞」を受賞した。

    黛のレコード大賞受賞が発表された「第10回日本レコード大賞」の発表音楽会はモノクロ映像で現存している(同回はモノクロ放送だった最後の回であり、TBSに現存するレコード大賞の映像は同回のものが最古である)。また、本楽曲がレコード大賞を受賞した1週間後にはレコード大賞開始10周年を記念し、それまでのレコード大賞各賞受賞者たちが勢揃いした特別番組「10周年記念音楽会」が放映され、そちらは本楽曲の映像も含めて、鮮明なカラーのビデオ映像の完全版VTRが現存している。

    同年の「第19回NHK紅白歌合戦」では本楽曲が歌唱された。同紅白では、当初和服姿で『夕月』を歌唱することになっていたが、本楽曲が12月21日に行われたレコード大賞を受賞したため(レコード大賞が大晦日の開催になるのは翌年から)、歌唱曲が変更され、黛の代名詞ともいえるミニスカートで出場した。

    B面「ブラック・ルーム」の作曲・編曲の渡辺たかし(当時・後の三木たかし)は、黛の実兄である。

    同年7月20日には本楽曲をもとに黛主演による同名映画『天使の誘惑』が松竹で公開された。

    1995年には、『恋のハレルヤ』とともに、『天使の誘惑'95』としてアレンジされたバージョンが発売された(カップリングも『土曜の夜何かが起きる』のアレンジバージョン)。

    阪急ブレーブス / オリックス・ブレーブス / オリックス・ブルーウェーブに在籍した柴原実外野手)の個人応援歌に替え歌が使用されていた。

    収録曲[編集]

    オリジナル盤[編集]

    1. 天使の誘惑
    2. ブラック・ルーム

    1995年盤[編集]

    1. 天使の誘惑'95
      • 作詞:なかにし礼、作曲:鈴木邦彦、編曲:秋谷えりこ
    2. 土曜の夜何かが起きる'95
      • 作詞:なかにし礼、作曲:鈴木邦彦、編曲:奥井史生

    カバー[編集]

    CM[編集]

    関連項目[編集]