北見恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北見 恭子(きたみ きょうこ、本名:太田 早喜子1952年5月15日 - )は、山形県村山市出身の演歌歌手ジョイ企画所属。

来歴[編集]

小さい頃から歌を歌うのが大好きだったという。中学1年生の時に山形放送『花の民謡相撲』ラジオコンテスト入賞。高校2年生で山形放送『ミス民謡コンクール』優勝。プロの歌手を目指して上京、1973年、日本コロムビアより「夏の夜祭り」でデビューするがヒットに恵まれず、それから10年後の1983年に作曲家・船村徹に師事し、実力を蓄えた。

ジョイ企画[編集]

ジョイ企画とは、山形県の主要メディア3社(山形テレビ、山形放送、山形新聞)の主であった服部敬雄の鶴の一声で、県出身の歌手の育成を目的として作られたプロダクション。1984年頃から山形県内で北見のプロモーションを過剰に行い、一挙手一投足が新聞に報じられるほどだった[1]という。

海難事故支援[編集]

船村徹に師事した頃から、海難事故の支援活動に力を注ぐ。自主開催のコンサートではその収益金などの一部を義援金として、財団法人漁船海難遺児育英会へ寄付を行うなど積極的に関わっている。これらの活動が認められ、昭和60年に水産庁長官賞を受賞、さらに平成10年には農林水産大臣より感謝状を授与されている。

受賞歴[編集]

  • 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞を受賞(昭和60年)
  • 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」を「浪速夢あかり」で受賞(平成2年)
  • 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞(平成5年)
  • 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝状を授与(平成10年)

主なテレビ出演[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲
1970年代
1 1973年
7月
A
夏の夜祭り あさひな知彦 馬飼野俊一
B
ふるさと離れて
2 1974年
5月
A
フィンガーソング 千家和也 林あきら 川口真
B
おけいこがえり
3 1975年
10月
A
待ちくたびれて 山田孝雄 京建輔
B
大阪女ひとり 坂東弘之
4 1976年
12月
A
女のさいはて 山田孝雄 徳久広司 竜崎孝路
B
抱いてくれますか
5 1977年
9月
A
恋した女の飲む酒は 東海林良 徳久広司 いしだかつのり
B
今度手紙を書く時は
6 1978年
6月
A
最上川絶唱 横井弘 遠藤実 只野通泰
B
雪国育ち
7 1979年
7月
A
あなたが帰る港町 横井弘 船村徹
B
恋のみちのく
1980年代
8 1980年
11月
A
おんな船唄 横井弘 船村徹 丸山雅仁
B
りんご哀歌
9 1981年
8月
A
紅花旅情 横井弘 船村徹 丸山雅仁
B
山形ばやし
10 1981年
10月
A
おいらの船は300とん[2] 石本美由起 上原げんと 甲斐靖文
B
哀愁海峡[3] 西沢爽 遠藤実
11 1985年
1月
A
夫婦ちぎり 鳥井実 岸本健介 池多孝春
B
恋は二人でするものよ 里村龍一
12 1985年
9月
A
こけし妻 水木かおる 岸本健介 池多孝春
B
恋の相生橋
〜米沢・恋景色〜
13 1986年
3月
A
おんな春秋 松井由利夫 岸本健介 池多孝春
B
夢港
14 1987年
6月
A
こころ妻 星野哲郎 船村徹 丸山雅仁
B
オホーツク流れ唄
15 1988年
6月
A
夜ごとの涙 星野哲郎 船村徹 前田俊明
B
波止場の子守唄 南郷達也
16 1989年
3月
A
浪花夢あかり 松井由利夫 岡千秋 池多孝春
B
花いろ小唄
1990年代
- 1990年
8月21日
A
木曽路わかれ雨[4] 三浦康照 市川昭介 池多孝春
B
燃えて赤坂
17 1991年
4月1日
A
春の夢 松井由利夫 岡千秋 前田俊明
B
おんな川
18 1992年
2月21日
A
小倉恋日記 星野哲郎 船村徹 蔦将包
B
酔ではないか 山路智代子 南郷達也
19 1993年
2月21日
A
紅の舟唄 松井由利夫 岡千秋 池多孝春
B
お春 岸本健介
20 1994年
3月21日
A
女のとまり木 吉田旺 弦哲也 山田年秋
B
遠くを見ようよ 星野哲郎 聖川湧 前田俊明
21 1995年
1月21日
A
若狭恋枕 星野哲郎 聖川湧 前田俊明
B
みちのく港町 いせ太郎 玉井知湖
22 1995年
11月21日
A
霧情の港 松井由利夫 岡千秋 池多孝春
B
紅の舟唄
23 1996年
7月20日
A
出世船唄 星野哲郎 船村徹 南郷達也
B
港のカルメン 蔦将包
24 1997年
1月21日
A
高砂縁歌 星野哲郎 舩村徹 南郷達也
B
緋牡丹慕情 松井由利夫 岡千秋 蔦将包
25 1998年
1月21日
A
望郷夢のれん 松井由利夫 岡千秋 池多孝春
B
北海船うた 佐々木幸峯 西峰卓矢 蔦将包
26 1998年
9月19日
A
淋しいね 麻こよみ 大谷明裕 伊戸のりお
B
ないものねだり
27 1999年
3月20日
A
紅の舟唄
(セリフ入り)
松井由利夫 岡千秋 池多孝春
B
大漁華しぶき
2000年代
28 2000年
2月19日
A
酔いどれ切符 小田めぐみ 大谷明裕 伊戸のりお
B
港町カフェ
29 2001年
1月20日
A
六十里越え 松井由利夫 岡千秋 蔦将包
B
北前おんな船
30 2002年
3月20日
A
あがらっしゃい 松井由利夫 岡千秋 蔦将包
B
好き好きさくらんぼ
31 2003年
5月21日
A
おんな山唄 松井由利夫 岡千秋 蔦将包
B
北浜恋唄
32 2004年
10月20日
A
大阪のれん 坂口照幸 桧原さとし 伊戸のりお
B
望郷夢のれん 松井由利夫 岡千秋 池多孝春
33 2005年
11月23日
A
おんなの春 麻こよみ 幸斉たけし 伊戸のりお
B
遠くを見ようよ 星野哲郎 聖川湧 前田俊明
34 2007年
6月20日
A
面影みれん 吉田旺 徳久広司 蔦将包
B
鈍行夢列車 星野哲郎 丸山雅仁
35 2008年
9月24日
A
浪花の月 菅麻貴子 幸斉たけし 石倉重信
B
遠くを見ようよ 星野哲郎 聖川湧 前田俊明
36 2009年
11月18日
A
恋双六 三浦康照 水森英夫 丸山雅仁
B
さみしがり 坂口照幸 弦哲也
2010年代
37 2011年
7月20日
A
愛の真実 なかにし礼 浜圭介 竜崎孝路
B
ないものねだり 麻こよみ 大谷明裕 伊戸のりお
38 2012年
3月21日
A
夫婦ちょうちん 坂口照幸 木村考志 石倉重信
B
斎太郎船 松井由利夫 岸本健介 池多孝春
- 2012年
11月21日
A
帰るのね[5] 土田有紀 岡千秋 矢野立美
B
六十里越え 松井由利夫 蔦将包
39 2013年
2月20日
A
おんなの北港 麻こよみ 岡千秋 石倉重信
B
緋牡丹慕情 松井由利夫 蔦将包
40 2013年
8月21日
A
博多夜雨 仁井谷俊也 徳久広司 石倉重信
B
夫婦ちょうちん 坂口照幸 木村考志
41 2014年
9月17日
A
望郷月夜 菅麻貴子 西つよし 石倉重信
B
女のとまり木 吉田旺 弦哲也 山田年秋
42 2015年
12月16日
A
女の旅路 小野塚清一 桧原さとし 前田俊明
B
六十里越え 松井由利夫 岡千秋 蔦将包
43 2017年
5月24日
A
おんな夢 喜多條忠 田尾将実 伊戸のりお
B
港町カフェ 小田めぐみ 大谷明裕
44 2018年
4月25日
A
石に咲く花 城岡れい 岡千秋 南郷達也
B
霧情の港 松井由利夫 池多孝春

注釈[編集]

  1. ^ この件に関しては朝日ジャーナル1985年7月26日号 「AJ人国記 続・山形の首領」に詳しく書かれている。また、山形テレビ・山形放送(テレビ・ラジオの双方)において北見は、デビューして間もない70年代中盤から公開収録の歌番組などを中心に数多く出演しており、山形ローカルながらレギュラー番組を持ち、北見のビデオクリップが毎日のように放送されていた。
  2. ^ 美幌健の同名曲のカバー。
  3. ^ 扇ひろこの同名曲のカバー。
  4. ^ 冠二郎とのデュエット。
  5. ^ 岡千秋とのデュエット。

外部リンク[編集]