北見恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北見 恭子(きたみ きょうこ、本名:太田 早喜子1952年5月15日 - )は、山形県村山市出身の演歌歌手。ジョイ企画所属。

来歴[編集]

小さい頃から歌を歌うのが大好きだったという。中学1年生の時に山形放送『花の民謡相撲』ラジオコンテスト入賞。高校2年生で山形放送『ミス民謡コンクール』優勝。プロの歌手を目指して上京、1973年、日本コロムビアより「夏の夜祭り」でデビューするがヒットに恵まれず、それから10年後の1983年に作曲家・船村徹に師事し、実力を蓄えた。

ジョイ企画[編集]

ジョイ企画とは、山形県の主要メディア3社(山形テレビ、山形放送、山形新聞)の主であった服部敬雄の鶴の一声で、県出身の歌手の育成を目的として作られたプロダクション。1984年頃から山形県内で北見のプロモーションを過剰に行い、一挙手一投足が新聞に報じられるほどだった[1]という。

海難事故支援[編集]

船村徹に師事した頃から、海難事故の支援活動に力を注ぐ。自主開催のコンサートではその収益金などの一部を義援金として、財団法人漁船海難遺児育英会へ寄付を行うなど積極的に関わっている。これらの活動が認められ、昭和60年に水産庁長官賞を受賞、さらに平成10年には農林水産大臣より感謝状を授与されている。

受賞歴[編集]

  • 漁船海難遺児チャリティー活動に対し水産庁長官賞を受賞(昭和60年)
  • 第23回全日本有線放送大賞「特別賞」を「浪速夢あかり」で受賞(平成2年)
  • 第1回水産ジャーナリストの会「年度賞」受賞(平成5年)
  • 漁船海難遺児チャリティー活動に対し農林水産大臣より感謝状を授与(平成10年)

主なテレビ出演[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この件に関しては朝日ジャーナル1985年7月26日号 「AJ人国記 続・山形の首領」に詳しく書かれている。また、山形テレビ・山形放送(テレビ・ラジオの双方)において北見は、デビューして間もない70年代中盤から公開収録の歌番組などを中心に数多く出演しており、山形ローカルながらレギュラー番組を持ち、北見のビデオクリップが毎日のように放送されていた。

外部リンク[編集]