マーシャル 法廷を変えた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーシャル 法廷を変えた男
Marshall
監督 レジナルド・ハドリン
脚本 マイケル・コスコフ
ジェイコブ・コスコフ
製作 ポーラ・ワグナー
ジョナサン・サンガー
レジナルド・ハドリン
出演者 チャドウィック・ボーズマン
ジョシュ・ギャッド
ケイト・ハドソン
ダン・スティーヴンス
音楽 マーカス・ミラー
主題歌 コモン&アンドラ・デイStand Up for Something
撮影 ニュートン・トーマス・シーゲル
編集 トム・マカードル
製作会社 スターライト・メディア
チェストナット・リッジ・プロダクションズ
ハドリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗オープン・ロード・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2017年10月13日
日本の旗劇場未公開
上映時間 118分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1200万ドル[2]
興行収入 世界の旗$8,812,309[2]
テンプレートを表示

マーシャル 法廷を変えた男』(原題:Marshall)は2017年アメリカ合衆国で公開された伝記映画である。監督はレジナルド・ハドリン、主演はチャドウィック・ボーズマンが務めた。

本作の主題歌「Stand Up for Something」は第90回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた[3]

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Amazonでの配信が予定されている[4]

ストーリー[編集]

1940年全米黒人地位向上協会(NAACP)の弁護士として活動していたサーグッド・マーシャルは人種差別が原因で不当に告訴された人々を救うべく、全米を飛び回っていた。ある日、ニューヨークにある事務所に帰ってきたマーシャルは、弁護の依頼を受けてすぐにコネティカット州へと向かった。運転手として働いていたジョセフ・スペルは雇い主の白人女性であるエレノア・ストラビングからレイプ容疑で告発され、その一件は新聞の紙面を賑わせるほどの注目を集めていた。マーシャルはジョセフの無実を証明するために法廷に立つこととなった。ブリッジポートに到着したマーシャルは、現地の弁護士であるサム・フリードマンに連れられてバーへ行くこととなった。

黒人であるマーシャルが被告側の弁護士を務めることに関して難癖が付き、彼は裁判中の発言権を取り上げられてしまった。やむを得ず、フリードマンが彼の代わりにスペルの主任弁護士を務めることとなった。マーシャルはメモ書きを通してフリードマンに的確な指示を出していった。

スペルはマーシャルに「私はストラビングさんに性的な行為をしたことはありません」「事件が起きた日の夜、私が車を運転していると、パトロール中の警官に呼び止められました」と語った。マーシャルとフリードマンは「レイプされた後、スペルの手で自動車の後部座席に縛り付けられた」というストラビングの証言の真偽を検証することにした。そこで、2人はストラビングが川へと突き落とされた橋を実際に訪れることにした。現場を見た2人はストラビングの証言に不可解な点を発見した。その頃、スペルは被害者の父親であるロリン・ウィリスから和解を持ちかけられていた。和解しようとしたスペルだったが、マーシャルから「無実なのに和解する必要はない」と言われ何とか思いとどまった。しかし、「法廷の場で、ストラビングの爪の間と傷口から皮膚片が発見された」という医者の証言があり、一気に旗色が悪くなった。マーシャルとフリードマンがスペルを問い詰めたところ、彼は嘘をついていたことを認めた。

進退窮まったスペルは証言台で真実を語り始めた。

キャスト[編集]

製作[編集]

2015年12月中旬、本作の主要撮影ロサンゼルスで始まった[5][6]2016年1月上旬にはバッファローに移って撮影が続行されることとなった[7]

公開・興行収入[編集]

2017年9月20日、サーグッドの母校であるハワード大学で本作がプレミア上映された[8]

本作は『Happy Death Day』、『The Foreigner』、『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』と同じ週に公開され、公開初週末に300万ドルから400万ドルを稼ぎだすと予想されていた[9]。2017年10月13日、本作は全米821館で封切られ、公開初週末に300万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場11位となった[10]

評価[編集]

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには124件のレビューがあり、批評家支持率は83%、平均点は10点満点で6.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『マーシャル 法廷を変えた男』は実在の人物の初期のキャリアに焦点を当てている。それは啓発的であり、上質な演技に支えられたものである。また、昔ながらの法廷ドラマとしても娯楽性があって面白い。」となっている[11]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は66/100となっている[12]

ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは本作に4つ星評価で3つ星を与え、「ボーズマンの鮮烈な演技のお陰で、『マーシャル 法廷を変えた男』は偉人の若い頃の感動的な1ページを見せてくれる。」と述べている[13]

出典[編集]

  1. ^ Marshall”. 2017年11月24日閲覧。
  2. ^ a b Marshall”. 2017年11月24日閲覧。
  3. ^ Oscars: 'Shape of Water' Leads With 13 Noms”. 2018年2月1日閲覧。
  4. ^ マーシャル 法廷を変えた男”. 2018年2月2日閲覧。
  5. ^ Chadwick Boseman To Star As Thurgood Marshall In Reginald Hudlin’s ‘Marshall’”. 2017年11月24日閲覧。
  6. ^ Chadwick Boseman to Play Thurgood Marshall in Thriller From Reginald Hudlin”. 2017年11月24日閲覧。
  7. ^ Niagara Falls will be location for ‘Marshall’ film”. 2017年11月24日閲覧。
  8. ^ Marshall Screening”. 2017年11月24日閲覧。
  9. ^ 'Happy Death Day' expected to unseat 'Blade Runner 2049' at the box office”. 2017年11月24日閲覧。
  10. ^ October 13-15, 2017”. 2017年11月24日閲覧。
  11. ^ Marshall”. 2017年11月24日閲覧。
  12. ^ Marshall (2017)”. 2017年11月24日閲覧。
  13. ^ 'Marshall' Review: Chadwick Boseman Electrifies as Young Civil Rights Icon”. 2017年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]