山部太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山部 太
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県八幡浜市
生年月日 (1971-01-04) 1971年1月4日(47歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 1994年6月7日
最終出場 2006年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2007 - 2010, 2014 - 2015)

山部 太(やまべ ふとし、1971年1月4日 - )は、愛媛県八幡浜市出身の元プロ野球選手投手、左投左打)・コーチ

経歴[編集]

愛媛県立八幡浜工業高等学校では、1988年夏の甲子園県予選で準決勝に進出、同年春の選抜優勝校である宇和島東高を破る。決勝では松山商に大敗し甲子園出場を逸するが、好投手として注目を集めた。

プロ野球11球団からドラフト指名挨拶があるも、腰に不安がありNTT四国に進む。同期の西山一宇と左右の二本柱となり、1990年から4年連続で都市対抗に出場。1993年には第11回インターコンチネンタルカップ日本代表、第17回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。

1993年のドラフト1位(逆指名制度)でヤクルトに入団。1994年4月26日イースタン・リーグの対西武ライオンズ戦でノーヒットノーランを達成したが、この試合では西武先発の竹下潤も1失点ながら無安打完投しており、2016年シーズン終了時点で日本プロ野球では一軍・二軍通じて唯一の「両チーム無安打試合」となっている。この年の中盤から一軍昇格し、先発ローテーションにも入ったがプロの洗礼を浴び1勝止まりだった。

1995年は開幕1軍からローテーションに定着、前半戦で11勝2敗の好成績でオールスターゲームに選出された。後半戦は中継ぎもこなしてチームトップの16勝を挙げ、チームのリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。

1996年も前半戦からローテーションを守り好成績で、オールスターゲームに2年連続で選出された。しかし、後半戦は肩の故障で登板できなかった。

1997年も肩の故障は完治せず14試合の登板初の未勝利で終わった。翌年も肩の影響が残り低迷、1998年のオフにはリハビリの為に川崎憲次郎伊藤彰らと共に渡米し治療に専念した。

1999年は肩も完治し本来の球威が戻り、先発で13試合に登板し6勝7敗と復調の兆しが見えてきた。2001年には入団以来付けていた背番号19から30に変更。この頃からスリークオーターから繰り出す、スローカーブと緩急を付けた投球を持ち味とする軟投派にモデルチェンジ。

2003年2004年は主に中継ぎとして登板、34試合で防御率1点台と安定した結果を出した。だが2005年は再び故障が続いた。

2006年は一軍登板のないまま戦力外通告を受け、現役引退とコーチ就任を表明。10月15日読売ジャイアンツ戦が引退試合となり、堀田一郎を三振に打ち取って(堀田はこの打席が現役最後の打席となった)有終の美を飾った。

2007年はヤクルトの二軍投手兼コンディショニングコーチを勤め、2008年から2010年までは二軍投手コーチを担当し、村中恭兵増渕竜義佐藤由規赤川克紀ら若手投手陣を育成。

2011年から2013年まではフロント入りし編成部課長に就任。編成部次長の角富士夫と球団内部の改革に取り組んだ。

2014年から2015年は再び二軍投手コーチを務め[1]、新入団選手の岩橋慶侍2009年のドラフト1位・中澤雅人を中継ぎ投手として再生、育成選手出身の徳山武陽など一軍に送り込んだ。

2016年から3年ぶりにフロント入りし球団職員を務める。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 ヤクルト 16 11 1 1 0 1 6 0 -- .143 291 67.0 51 5 43 1 1 64 5 0 33 30 4.03 1.40
1995 31 25 4 2 0 16 7 0 -- .696 680 160.0 121 12 89 0 1 144 6 0 72 68 3.83 1.31
1996 20 20 2 1 0 7 4 0 -- .636 527 123.2 111 23 56 3 1 98 4 0 62 55 4.00 1.35
1997 14 5 0 0 0 0 2 2 -- .000 106 25.2 18 1 13 0 0 24 0 0 11 10 3.51 1.21
1998 29 8 0 0 0 3 8 0 -- .273 284 63.0 62 7 36 2 2 62 11 0 33 32 4.57 1.56
1999 28 13 0 0 0 6 7 0 -- .462 425 90.1 95 16 57 2 2 89 5 0 63 52 5.18 1.68
2000 9 6 0 0 0 1 3 0 -- .250 134 30.1 34 6 10 0 1 25 2 0 23 23 6.82 1.45
2001 12 10 0 0 0 4 2 0 -- .667 219 52.2 45 4 23 1 1 36 2 0 22 22 3.76 1.29
2002 10 9 0 0 0 5 3 0 -- .625 178 40.2 51 9 9 0 3 29 0 0 29 25 5.53 1.48
2003 34 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 180 43.0 34 3 16 3 2 36 3 0 12 5 1.05 1.16
2004 25 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 123 23.0 36 6 14 1 4 22 1 0 26 25 9.78 2.17
2005 40 0 0 0 0 0 2 0 5 .000 102 21.0 25 1 12 0 2 21 1 0 15 15 6.43 1.76
2006 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:13年 269 107 7 4 0 45 45 2 6 .500 3250 740.2 683 93 378 13 20 651 40 0 401 362 4.40 1.43

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1994年 - 2000年)
  • 30 (2001年 - 2006年)
  • 99 (2007年 - 2010年)
  • 79 (2014年 - 2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]