井坂亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井坂 亮平
R isaka20140508.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県取手市
生年月日 (1984-10-19) 1984年10月19日(33歳)
身長
体重
186 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト3位
初出場 2009年5月5日
最終出場 2011年10月15日
年俸 620万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

井坂 亮平(いさか りょうへい、1984年10月19日 - )は、茨城県取手市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

取手東中学校(現取手第一中学校)を経て、藤代高校に入学。2年生の2001年春のセンバツに出場し、初戦の四日市工業高校戦で完封勝利、3回戦で敗退した。

東都中央大学では、大学2年次に右肘を故障、3年次に右肘を手術した。4年次の2006年にはエースとして活躍。東都一部リーグで4試合に登板し1勝0敗。2部リーグで17試合に登板し2勝2敗。中澤雅人は大学の同期である。また、後に楽天で同僚となる美馬学は高校・大学の後輩である。

大学卒業後は住友金属に入社。野球部では1年目から活躍。第78回都市対抗野球出場に貢献したが、この際に肘を故障。2007年8月に右肘の靱帯を手術。

2008年、チームは第79回都市対抗野球への出場は逃したものの、藤澤英雄らと共に富士重工業の補強選手として名前が挙がった。しかし、投手コーチの阿波野秀幸に肘の状況を心配され辞退。社会人野球日本選手権大会に出場し、故障明けながら最速148km/hを記録。

2008年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから3巡目で指名。契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は13

プロ入り後[編集]

2009年
春季キャンプを一軍で過ごしたが、フォームが固まらず、公式戦の開幕を二軍でスタート。イースタン・リーグ公式戦でも、開幕から防御率8点台、0勝3敗と振るわなかった。しかし、一軍の先発要員不足を背景に、5月5日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)に先発投手として一軍公式戦にデビュー。6回3失点という内容で、一軍公式戦の初勝利を挙げた。NPBの一軍公式戦において、楽天の投手が1つの試合で初登板・初先発・初勝利を同時に記録した事例は初めてであった[1]肺気胸が判明した8月以降は一軍から遠ざかったが、一軍公式戦では通算で2勝をマーク。同期入団の藤原紘通と共に、即戦力投手としてチームの好成績に貢献した。
2010年 - 2011年
先発ローテーションに完全定着とはならなかったものの、2010年6月24日の西武戦で9回2失点でプロ初完投、2011年10月5日の日本ハム戦ではダルビッシュ有に投げ勝つ[2]など、2年で5勝をマーク。2011年のシーズン終了後には、片山博視と共にオーストラリアウインターリーグABL)に派遣された[3]
2012年
春先から左脚に違和感を覚えた影響で、一軍公式戦への登板機会はなく、イースタン・リーグの公式戦でも防御率5点台と不振。後に左脚が上がらなくなるなどほど症状が悪化したため、4ヶ所の病院で診断を受けたところ、シーズン終盤の10月に黄色靱帯骨化症厚生労働省が指定する難病の一種)であることが判明[4]。シーズン終了後の11月4日には、支配下選手登録を外れて、育成契約を結ぶことが発表された[5]。背番号は103[6]。なお、12月には、骨化した靱帯を取り除く手術を受けている[4]
2013年
前述した手術のリハビリに専念していたが、右肘痛を発症したため、6月に右肘から骨棘を取り除く手術を受けた。二軍のイースタン・リーグ最終戦であった9月21日の対横浜DeNAベイスターズ戦で実戦復帰[4]。育成選手に関するNPBの規約によって、10月31日付でNPBから自由契約選手として公示された[7]が、11月12日に育成選手契約を改めて締結した。
2014年
イースタン・リーグ公式戦19試合に登板したが、支配下選手登録や一軍公式戦への復帰には至らず、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[8]。10月31日、自由契約公示された[9]。12月2日に、twitter上の公式アカウントを通じて現役引退を表明[10]

現役引退後[編集]

2015年には、知人の紹介で、不動産会社に1年間勤務した。藤代高校時代の監督だった持丸修一の紹介で、2016年からシダックスに入社。入社後は、グループ会社のシダックスフードサービスで、東京都内担当の営業推進部員を務めている[4]

選手としての特徴[編集]

186センチの長身から投げる平均球速約139km/h[11]、最速153km/hのストレートスライダーカットボールを中心に、フォークカーブを駆使した投球術が持ち味。新人合同自主トレのときにブルペンで投球した際には、投手コーチの杉山賢人に「球の質は岩隈以上」と絶賛された[12]。2011年には監督の星野仙一から直々にツーシームを教わり投球の幅が広がった[2]

人物[編集]

2008年4月、中学の同級生の女性と結婚。楽天入団時点で既に結婚していたため、チームの合宿所には入っていない。2009年9月18日に第1子(長女)が誕生した[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 楽天 15 7 0 0 0 2 3 0 1 .400 246 54.0 67 6 21 1 0 23 1 0 36 34 5.67 1.63
2010 7 7 1 0 0 2 4 0 0 .333 164 35.1 50 5 12 0 2 17 0 0 24 20 5.09 1.76
2011 15 12 0 0 0 3 5 0 0 .375 297 66.2 80 5 16 0 6 25 0 1 35 32 4.32 1.44
通算:3年 37 26 1 0 0 7 12 0 1 .368 707 156.0 197 16 49 1 8 65 1 1 95 86 4.96 1.58
  • 2011年シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (2009年 - 2012年)
  • 103 (2013年 - 2014年)

登場曲[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ まさかの井坂!初登板1勝にノムさん仰天」 スポーツニッポン(2009年5月6日)、2011年11月26日閲覧。
  2. ^ a b 井坂自己最多3勝目 ダルに投げ勝った」 日刊スポーツ(2011年10月6日)、2011年11月26日閲覧。
  3. ^ オーストラリア・ウィンターリーグ参加選手に関して」 東北楽天ゴールデンイーグルス(2011年11月20日)、2011年11月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 難病・黄色靱帯骨化症を克服 元楽天・井坂亮平さんが語る闘病と営業マンとしての“覚悟””. スポーツ報知 (2017年12月12日). 2018年1月6日閲覧。
  5. ^ 来季の育成選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年11月4日). 2012年11月4日閲覧。
  6. ^ 育成契約に伴う背番号変更のお知らせ東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年11月28日). 2012年11月28日閲覧。
  7. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  8. ^ 来季の選手契約に関して楽天球団公式サイト2014年10月3日配信
  9. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  10. ^ 井坂亮平のツイート(2014年12月2日) 2016年4月12日閲覧。
  11. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、66頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  12. ^ 楽天3位ルーキーは掘り出し物? 杉山コーチが井坂を大絶賛」 中日スポーツ(2009年1月24日)、リンク切れ。
  13. ^ 井坂亮平選手に第一子(長女)が誕生」 東北楽天ゴールデンイーグルス(2009年9月19日)、2011年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]