この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

川端友紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川端 友紀
Kawabata Yuki
埼玉アストライア #23
川端友紀20130524.JPG
2013年5月24日 わかさスタジアム京都にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府貝塚市
生年月日 (1989-05-12) 1989年5月12日(29歳)
身長
体重
170 cm
?? kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手内野手
プロ入り 2009 内野手1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川端 友紀(かわばた ゆき、1989年5月12日 - )は、日本女子プロ野球選手。大阪府貝塚市出身。元々はソフトボール選手であった。

兄は東京ヤクルトスワローズ所属の川端慎吾[1]

経歴

中学時代は貝塚三クラブに所属。和歌山市立和歌山商業高等学校(現・和歌山市立和歌山高等学校)時代はソフトボール部に所属、その後塩野義製薬に入社。千葉ロッテマリーンズ益田直也投手とは同級生である。2009年日本女子プロ野球機構による第1回合同トライアウトを受験し合格、同年12月のドラフト会議で京都アストドリームスへの加入が決定し、塩野義製薬を退社した。プロ1年目は、遊撃のレギュラーに定着し、4割近い打率を残し、首位打者を獲得した。プロ2年目の2011年にはチームの副キャプテンに就任した。 2012年ベストドレッサー賞受賞。

2017年3月25日のフローラ戦(わかさスタジアム京都)でプロ入り初ホームランを記録。[2]

2018年12月29日、引退を発表[3][4]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 ドリームス 40 176 150 20 59 11 4 0 78 25 3 2 0 3 20 - 3 9 3 .393 .466 .520 .986
2011 50 185 155 23 63 9 4 0 80 27 6 2 0 1 26 - 3 7 3 .406 .497 .516 1.013
2012 39 145 118 24 43 6 1 0 51 16 11 2 0 2 24 - 0 9 1 .364 .465 .432 .897
2013 アストライア 46 162 130 32 56 10 8 0 82 34 19 4 0 1 24 - 7 8 1 .431 .537 .631 1.168
2014 35 120 102 17 28 4 4 0 40 17 11 5 1 2 14 - 1 4 1 .275 .361 .392 .753
2015 50 173 145 32 55 13 1 0 70 20 19 6 1 1 26 - 0 7 3 .379 .471 .483 .954
2016 36 129 104 15 34 4 6 0 50 21 3 4 0 5 20 - 0 12 2 .327 .419 .481 .900
2017 47 177 141 39 56 8 3 2 76 16 2 1 14 5 28 - 5 6 3 .397 .509 .539 1.048
JWBL:8年 343 1267 1045 202 394 65 31 2 527 176 86 30 4 16 182 - 19 62 17 .377 .472 .504 .976
  • 2017年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2010 ドリームス 4 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.1 8 0 6 - 1 2 2 0 7 6 12.56 3.26
JWBL:1年 4 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.1 8 0 6 - 1 2 2 0 7 6 12.56 3.26
  • 2017年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位

タイトル

表彰

  • 年間MVP(角谷賞):1回(2013年
  • ベストナイン:3回(遊撃手部門:2011年2013年、二塁手部門:2017年
  • ゴールデングラブ賞:1回(二塁手部門:2017年
  • 月間MVP:2回(2015年8月度、2017年3・4月度)

記録

背番号

出演

テレビ

同アニメ内の1コーナー「夢見る青葉!」(2010年3月7日)に登場
コーナー「夢を応援!情熱アスリート」に登場
野球企画「ぶち抜KING」に参加。この企画には兄・慎吾も出演していたため兄妹で共演となった。
REDステージをクリアし、BLUEステージに進出も第5エリアのスポンジブリッジでリタイアとなった。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 川端慎吾×川端友紀 兄妹対談”. エスエスケイ. 2015年9月8日閲覧。
  2. ^ 川端友紀選手、プロ入り初ホームラン☆2017年3月26日、日本女子プロ野球リーグ
  3. ^ ヤクルト川端の妹・川端友紀が現役引退「常に兄の後ろ姿を追いかけてきた」
  4. ^ 川端友紀選手 現役引退のお知らせ
  5. ^ アストライア川端が通算200安打「まだまだ通過点」(スポニチ2013年7月7日)
  6. ^ 2013年7月7日試合結果”. 日本女子プロ野球リーグ. 2018年10月13日閲覧。
  7. ^ 【10/2公式戦結果】川端友紀(#23)通算300安打達成も逆転負けで後期優勝を逃す。2015年10月2日、日本女子プロ野球リーグ
  8. ^ 2015年10月2日試合結果”. 日本女子プロ野球リーグ. 2018年10月13日閲覧。

関連項目

外部リンク