木戸美摸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木戸 美摸
Yoshinori Kido 1955 Scan10041.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加古川市
生年月日 (1937-09-18) 1937年9月18日(83歳)
身長
体重
171 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1956年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1964, 1968 - 1974, 1976 - 1985, 1990 - 1992)

木戸 美摸(きど よしのり、1937年9月18日 - )は、兵庫県加古川市出身[1]の元プロ野球選手監督コーチ。ポジションは投手

経歴[編集]

兵庫農業短期大学附属高等学校を経て、1955年読売ジャイアンツへ入団。1956年に一軍公式戦に初登板して3勝を挙げると、1957年は17勝7敗で新人の藤田元司と並んでチームの勝ち頭になるとともに、勝率.708で最高勝率のタイトルを獲得、防御率も2.36でリーグ6位に入った。1958年は調子を崩して二軍落ちするなど[2]1勝に留まる。1958年調子を持ち直して5勝を挙げるが、以降は勝ち星を挙げることができず、1961年限りで引退。

引退後は投手コーチ(1964年)・二軍投手コーチ(1968年 - 1973年, 1980年 - 1985年)・一軍投手コーチ(1974年, 1979年)・一軍投手コーチ補佐(1976年 - 1978年)・三軍監督(1990年 - 1991年)・二軍育成担当チーフコーチ(1992年)など巨人の指導者を歴任。その合間を縫って寮長・スカウトなども務め、1998年に退団。スカウト時代には高橋一三を獲得した。

負傷事件[編集]

1956年5月20日に、広島総合球場で開催された広島カープとのダブルヘッダーで、巨人に3連敗してイライラしていた熱狂的な広島ファンがスタンドからビール瓶などを投げ込み、マウンドからベンチへ引き上げようとしていた木戸の右足にビール瓶が命中し、ひざ下を2針縫う負傷をした。

その後も、巨人の水原茂監督バスに乗り込む前にファンに暴行される事件が起こり、これらの事に対して巨人側は犯人を見つけない限り、二度と広島では試合を行わないと発言した。その後、犯人が出頭(実際は替え玉であり説諭だけで書類送検もされていない)し、結果的には替え玉であったとはいえ、犯人出頭を評価した巨人は広島での公式戦開催を承諾し、事件は収まった。

選手としての特徴[編集]

シンカーカーブスライダーフォークシュートナックルと多彩な変化球を全く同じフォームから投げ分けた。さらに球筋も一定しなかったことから、当時の二軍監督であった千葉茂が木戸に秘訣を訪ねたところ、「実は、ボクにも球の行き先がわかりません」との返事であったという[2]

人物[編集]

コルゲンコーワのキャラクター(ケロちゃんコロちゃん)に容姿が似ていたことから、仲間内ではコルゲンコーワと呼ばれていた[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 巨人 25 6 1 1 0 3 1 -- -- .750 277 73.1 57 8 11 0 0 20 2 0 24 22 2.68 0.93
1957 44 22 5 0 0 17 7 -- -- .708 808 202.0 155 16 50 3 6 134 3 0 71 53 2.36 1.01
1958 13 2 0 0 0 1 3 -- -- .250 140 32.2 37 3 8 0 1 14 0 1 24 20 5.45 1.38
1959 31 5 0 0 0 5 4 -- -- .556 350 85.0 72 7 27 1 7 54 2 1 38 37 3.92 1.16
1960 8 3 0 0 0 0 0 -- -- ---- 76 18.0 18 5 6 0 0 10 0 1 12 12 6.00 1.33
1961 10 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 75 16.1 27 2 1 0 0 14 1 0 13 12 6.35 1.71
通算:6年 131 40 6 1 0 26 15 -- -- .634 1726 427.1 366 41 103 4 14 246 8 3 182 156 3.28 1.10
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 56 (1955年 - 1956年)
  • 29 (1957年 - 1961年)
  • 76 (1964年)
  • 82 (1968年 - 1974年)
  • 72 (1976年 - 1980年)
  • 71 (1981年 - 1985年)
  • 119 (1990年 - 1991年)
  • 92 (1992年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 巨人軍の息子たちへ―ジャイアンツ組織論・指導論(1998年7月刊、TOKYO FM出版)ISBN 4-88745-025-7

脚注[編集]

  1. ^ スポーツグラフィックナンバー編 『プロ野球ヒーロー伝説 みじかくも美しく燃え』 文藝春秋 (文春文庫)、1992年、118頁。
  2. ^ a b c 『巨人軍の男たち』184頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]