ウィリー・カークランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィリー・カークランド
Willie Kirkland
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州シェルビー郡
生年月日 (1934-02-17) 1934年2月17日(83歳)
身長
体重
186 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1953年
初出場 MLB / 1958年4月15日
NPB / 1968年4月6日
最終出場 MLB / 1966年9月26日
NPB / 1973年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリー・カークランドWillie Charles Kirkland , 1934年2月17日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州シェルビー郡出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

サウスウエスト高校卒業後の1953年ニューヨーク・ジャイアンツと契約し、球団がサンフランシスコに移転した1958年メジャー初昇格。ウィリー・メイズウィリー・マッコビーと共にクリーンアップを打った。1961年に移籍したインディアンス時代と合わせ、1959年から1962年まで4年連続20本塁打以上をマークした。その後はオリオールズ1964年)・セネタース1965年 - 1967年)を経て、1968年阪神タイガースへ入団。同年に37本塁打を放つと、主軸打者に定着。2年目の1969年も26本塁打を放ったが、三振が133個を数えて当時の日本記録となる。1970年に就任した村山実選手兼任監督からはトレード要員と露骨に名指しされたが、ファンからは人気を集めた。特に対巨人戦になると活躍し、1969年には外国人史上初の1イニング2本塁打、1970年には1試合3本塁打を記録した。1973年引退。

その後はデトロイトに移住し、ゼネラルモーターズに車両の整備員として就職。

エピソード[編集]

野手での6年の在籍は、ランディ・バースマット・マートンと並び最長の在籍である。

いつも「爪楊枝」をくわえてプレーをする姿が「木枯し紋次郎」に似ていることから「モンジロー」というニックネームが付けられた。これは元々リラックスのためガムを噛みながらプレーしていたが、クロスプレーにより前歯を折ってしまい、義歯を入れたところガムがくっつくようになってしまったため。なお口を傷つけないよう、爪楊枝は尖った方ではなく、柄の部分を噛み潰していた。

日本での最後の打席は、1973年10月22日の対巨人最終戦、9回裏2死から阪神最後の打者となり、高橋一三に三振し、この直後、阪神の惨敗に怒った観衆が暴徒と化してグラウンドに乱入した。

掛布雅之の前に背番号31を着けていた選手でもある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 SF 122 470 418 48 108 25 6 14 187 56 3 2 0 4 43 7 5 69 5 .258 .332 .447 .779
1959 126 511 463 64 126 22 3 22 220 68 5 3 0 3 42 3 3 84 6 .272 .335 .475 .810
1960 146 567 515 59 130 21 10 21 234 65 12 7 2 2 44 8 4 86 4 .252 .315 .454 .769
1961 CLE 146 585 525 84 136 22 5 27 249 95 7 0 4 7 48 4 1 77 3 .259 .318 .474 .793
1962 137 470 419 56 84 9 1 21 158 72 9 1 3 5 43 3 0 62 10 .200 .272 .377 .649
1963 127 478 427 51 98 13 2 15 160 47 8 2 2 3 45 5 1 99 8 .230 .303 .375 .677
1964 BAL 66 172 150 14 30 5 0 3 44 22 3 2 1 3 17 4 1 26 0 .200 .281 .293 .574
WHS3 32 110 102 8 22 6 0 5 43 13 0 0 2 0 6 0 0 30 1 .216 .259 .422 .681
'64計 98 282 252 22 52 11 0 8 87 35 3 2 3 3 23 4 1 56 1 .206 .272 .345 .618
1965 123 337 312 38 72 9 1 14 125 54 3 2 0 6 19 1 0 65 5 .231 .270 .401 .671
1966 124 182 163 21 31 2 1 6 53 17 2 0 2 1 16 3 0 50 3 .190 .261 .325 .586
1968 阪神 133 567 518 71 128 16 0 37 255 89 3 4 0 2 45 7 2 104 6 .247 .309 .492 .801
1969 130 536 496 57 122 17 0 26 217 66 1 6 0 0 36 2 4 133 8 .246 .302 .438 .740
1970 118 408 369 40 92 16 1 15 155 32 3 6 6 1 28 6 4 81 8 .249 .308 .420 .729
1971 110 332 292 23 64 12 0 14 118 27 0 2 9 0 29 3 2 65 3 .219 .294 .404 .698
1972 114 380 346 40 92 17 0 20 169 52 0 1 5 0 28 1 1 66 6 .266 .323 .488 .811
1973 98 280 252 23 61 5 0 14 108 38 0 0 2 1 24 4 1 55 7 .242 .309 .429 .738
MLB:9年 1149 3882 3494 443 837 134 29 148 1473 509 52 19 16 34 323 38 15 648 45 .240 .304 .422 .726
NPB:6年 703 2503 2273 254 559 83 1 126 1022 304 7 19 22 4 190 23 14 504 38 .246 .308 .450 .757
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB
その他の記録
  • 1イニング2本塁打:1969年8月14日、対読売ジャイアンツ19回戦(後楽園球場)、2回表先頭で金田正一から右中間へソロ、2死3塁で堀内恒夫から右中間へ2ラン ※史上6人目[1]

 

背番号[編集]

  • 29 (1958年 - 1960年)
  • 8 (1961年 - 1962年)
  • 27 (1963年)
  • 3 (1964年 - 同年途中)
  • 31 (1964年途中 - 同年途中、1968年 - 1973年)
  • 6 (1964年途中 - 1966年)

脚注[編集]

  1. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]