GOSSIPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴシップス
GOSSIPS
ジャンル 情報誌
読者対象 10代 - 40代女性
刊行頻度 月刊(毎月18日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 380円(税込)
出版社 日本ジャーナル出版
トランスメディア
編集部名 (株)オウトグラフ・プロダクション
編集長 大柳葵理絵
刊行期間 2007年11月 - 現在
発行部数 28万部部(2012年1月)
ウェブサイト トランスメディア GOSSIPS

GOSSIPS』(ゴシップス)は、トランスメディアが発行し、日本ジャーナル出版が発売し、オウトグラフ・プロダクションが編集を手がける女性向けファッション・芸能情報誌。主に海外芸能人のファッションゴシップ美容ライフスタイルに関する情報を掲載している。

2007年6月18日創刊。日本初のセレブリティゴシップ情報誌で、米国『Us Weekly』と独占提携している。発売社は当初トランスメディアであったが、2013年11月より日本ジャーナル出版に変更された。2010年2月号より、誌名が『GOSSIPS PRESS』(ゴシップス・プレス)から『GOSSIPS』(ゴシップス)に変更された。

概説[編集]

日本で初めて海外セレブリティを専門として取り扱う女性誌として、2007年6月18日にトランスメディア社から第1号が発行される。2007年11月18日に月刊誌として創刊された[1]。当初は2005年に創刊する予定だったが、パパラッチ写真1枚につき数百万円の料金を提示されたため採算が合わないと断念。ただその後アメリカでパパラッチの人数が増えたことで、パパラッチ写真の相場が下落。この環境の変化が月刊化に踏み切った理由の1つだった[2]

読者対象は10代から40代となっており、メインターゲットは20代の女性である[3]。海外セレブリティのプライベートや素顔に焦点をあてた内容となっている[3]。創刊当時からアメリカの大手ゴシップ誌『Us Weekly』と独占提携を結んでおり、日本では『GOSSIPS』にのみ『Us Weekly』の記事を使用する権利がある[1]。この提携を始め、海外と太いパイプラインを持つ。

発行部数[編集]

2012年1月現在の発行部数は28万部である。発行当時からの驚異的な売上に海外メディアも反応し、イギリスの『TIMES』が記事で取り上げ「日本で初めて欧米セレブを雲の上の超人的な存在として扱わない雑誌、GOSSIPS PRESSは、記録破りの売り上げを続けている。日本の雑誌業界が不況に喘ぐ中、これは素晴らしい記録である。売り上げは、毎月10%も倍増している」と評した[4]

メディア出演[編集]

海外セレブリティ・マガジンのパイオニアとして、テレビ・ラジオ番組など他のメディアに出演協力や情報提供をする。詳しくは大柳葵理絵を参照。

2015年3月現在、編集長の大柳が日本テレビの情報・バラエティ番組PON!に水曜レギュラーとして出演中。

フジテレビのバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』にコメンテーターとして出演する一方、『ザ・ベストハウス123』ではGOSSIPSとのコラボ企画としてお騒がせセレブリティシリーズを放送。ニコール・リッチーアンジェリーナ・ジョリーマドンナらを取り上げて、大きな話題を呼んだ。

その他、日本テレビの『世界まる見え!テレビ特捜部』、『スッキリ!!』、『ZIP!』、『PON!』、フジテレビの『ノンストップ!』、テレビ朝日の『サンデースクランブル』、『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』、WOWOWの『アカデミー賞事件簿』、Fm yokohamaの『ANIMO!』、ニッポン放送の『テリー伊藤のってけラジオ』など多数のメディアに出演。[5]

別冊[編集]

増刊ムック本の展開にも積極的で、2015年3月現在、以下の号が発売されている。[6]

書籍の監修[編集]

ゴシップスが監修した海外セレブリティの書籍[7]

  • ダイヤモンドの真実/The Truth About Diamonds(ニコール・リッチー著、2010年4月 トランスメディア社発行)
  • プライスレス/Priceless(ニコール・リッチー著、2011年5月 トランスメディア社発行)
  • オネスト・ライフ/The Honest Life(ジェシカ・アルバ著、2014年4月 トランスメディア社発行)
  • エンパワーユアセルフ/Empower Yourself(ミランダ・カー著、2014年7月 トランスメディア社発行)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “バックナンバー”. トランスメディア株式会社. http://www.transmediainc.jp/gossips/back_number.html 
  2. ^ “海外セレブ誌突然の花盛り パパラッチ急増で「価格破壊」”. AERA. (2008年10月10日). http://www.aera-net.jp/summary/081010_000402.html 
  3. ^ a b 『日経産業新聞』2008年10月2日、「ヒット案内人」
  4. ^ “Japan’s respect for celebrities goes west”. TIMES ONLINE. (2007年12月15日). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article3054439.ece 
  5. ^ “新ジャンル“セレブゴシップ誌”を開拓!/創刊1周年「ゴシップス・プレス」大柳編集長に聞く”. 新文化通信社. (2008年11月). http://www.shinbunka.co.jp/news2008/11/pnews081117.htm 
  6. ^ “GOSSIPS 特別編集”. トランスメディア株式会社. http://www.transmediainc.jp/nicole_richie/index.html 
  7. ^ 『GOSSIPS』2012年4月号

外部リンク[編集]