おもいッきりDON!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おもいッきりPON!から転送)
移動: 案内検索
おもいッきりDON!
NTV Zero Studio 2007-1.jpg
第1部で使われたゼロスタジオ
ジャンル 情報バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 尼崎昇、藤森和彦 /
藤好耕、武澤忠
(共に総合演出)
監修 渥美光三
プロデューサー 岡田泰三(CP)
スタッフを参照
出演者 中山秀征
夏目三久
上重聡
馬場典子
ビビる大木
岡田圭右ますだおかだ
杉上佐智枝 ほか
出演者を参照)
音声 ステレオ放送
オープニング オープニングテーマ曲を参照
エンディング エンディングテーマ曲を参照
外部リンク 公式サイト
おもいッきりDON! 1025
→おもいッきりPON!(第1部)
放送時間 平日10:25 - 11:25(60分)
放送期間 2009年3月30日 - 2010年3月26日
おまけのDON!(ミニ番組)
放送時間 月曜 - 水曜11:25 - 11:30(5分)
放送期間 2009年3月31日[1] - 2010年3月24日
おもいッきりDON! 1155
→おもいッきりDON!(第2部)
放送時間 平日11:55 - 13:55(120分)
放送期間 2009年3月30日 - 2010年3月26日

特記事項:
上記放送時間は日本テレビのものである(その他の地域のネット状況はこちらを参照)。
テンプレートを表示

おもいッきりDON!』(おもいッきりドン!)は、2009年3月30日から2010年3月26日まで日本テレビ系列平日生放送された情報バラエティ番組である。ハイビジョン制作

概要[編集]

午後は○○おもいッきりテレビ』、『おもいッきりイイ!!テレビ』から続く、おもいッきりシリーズブランドの第3弾。

2009年3月27日まで放送された『ラジかるッ』と『おもいッきりイイ!!テレビ』が前身番組となっており、内容、出演者、スタジオ、スタッフなど両番組から継承されているものが多い。中山秀征は『ラジかるッ』から引き続いての起用となった。

10:25 - 11:25(JST、第1部)と11:25 - 11:30(月曜 - 水曜)、11:55 - 13:55(第2部)の3部構成で、第1部と第2部の間には『ご存じですか』(木・金のみ:全国ネット)と『NNNストレイトニュース』(日テレNEWS24制作[2][3]・『キユーピー3分クッキング』が内包されている。

2009年度上半期[編集]

日本テレビの公式サイトやEPGでは『おもいッきりDON! 1025(第1部)』『おまけのDON!(第1部の延長)』『おもいッきりDON! 1155(第2部)』とした。

第1部『1025』はゼロスタジオ、第2部『1155』はテレビバ[4]、一部コーナーではマイスタジオと、共にオープンスタジオから放送されていた。『おもいッきりテレビ』、『おもいッきりイイ!!テレビ』時代のようにスタジオに観客を入れてはいないが、スタジオ外から見学することは可能であった。テレビバでの放送中に出演者の背後にガラス越しに映る一般人が増えたためか、2009年6月末頃からはガラスにスモークを貼るなどして対応していた。放送中は一般人が立ち止まっての番組観覧を抑制するため警備員を配置して対応していた。

1部・2部共に総合演出は『ラジかるッ』を担当してきた尼崎昇。BGMと字幕やグラフィックのデザイン、時刻や占いを常時表示するなどは『ラジかるッ』を引き継いでいる。

『1025』では『ラジかるッ』をほぼそのまま引き継いだ構成。『1155』は『おもいッきりテレビ』以来続く12時台の特集(『イイ!!テレビ』時代の「エ〜!!本当ですか、先生」)と「今日は何の日」などのコーナーは踏襲してアレンジを加えた。ニュースコーナーも継続。『ラジかるッ』の中継や「特だねワイド」も放送。ほぼ全てのコーナーにはタイトルに「DON」が混じっていた。

2009年度下半期[編集]

フジテレビテレビ朝日など、他局と激しく争う激戦区の昼間帯の番組であることから、他局との内容差別化を図るべく、2009年10月5日から第1部はバラエティー性を、第2部は情報性をより強めるためにそれぞれの演出・企画・コーナーがリニューアルされた。

第1部は『おもいッきりPON!』、第2部が『おもいッきりDON!』と番組名が分かれた[5]ことに伴い、出演者も大幅に変更されたほか、第1部と第2部のコンセプトの違いをより明確にするため、全ての出演者が『PON!』か『DON!』いずれかのみの出演となる(ただし、『PON!』出演者が、『DON!』にゲストとして出演することはある)。また、『DON!』は『おもいッきりテレビ』〜『おもいッきりイイ!!テレビ』時代のS3スタジオでの放送ならびにスタジオに観客を入れる形に戻し、加えてパネリストとしてのゲスト出演も復活した。

『PON!』は『ラジかるッ』のコーナーの一部(「エンタメ」、突撃レポート、ライブ、ゲストトークコーナー、「ポシュレ」など)から構成され、『DON!』は『ラジかるッ』のコーナーの一部(ゲストトークコーナー、中継など)、及び前枠の『おもいッきりイイ!!テレビ』のコーナーの一部(「エ〜!!本当ですか、先生」、「きょうは何の日」、ニュースなど)をリニューアルしたものから構成されている。

同時にラテ欄の表記も変更(10:25から放送する地域のみ)となった。リニューアル前は10:25 - 13:55でひと纏め(よって、ストレイトニュースと3分クッキングは内包扱い表記)であったが、リニューアル後は『PON!』、『ご存じですか』(木・金曜日)、『NNNストレイトニュース』、『キユーピー3分クッキング』、『DON!』がそれぞれ独立して表記されている。ただ、『PON!』に関しては『おもいッきりPON!』と書かれることはなかった。

改題・リニューアル[編集]

2010年春改編により、番組タイトルから『おもいッきり』が外れ、10:25からが『PON!』、11:55からが『DON!』とそれぞれ独立した番組に生まれ変わった。この改編により、1987年より続いてきた『おもいッきり』シリーズは約22年半の歴史に終止符が打たれた。加えて『おまけのDON!』、『ご存じですか』も終了し、『PON!』の放送時間が5分延長された。

出演者[編集]

※番組終了時点

第1部『PON!』[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
MC
ビビる大木 岡田圭右ますだおかだ
杉上佐智枝日本テレビアナウンサー
パネリスト
名越康文
スザンヌ
鈴木美潮
安めぐみ
品田英雄
篠田麻里子AKB48
金谷俊一郎
神戸蘭子
荻原博子
坂下千里子
DJ
DJ MICKEY(坂上みき
突撃芸人
山本高広 なすなかにし 超新塾[6] 大西ライオン 鳥居みゆき
曜日企画
浜内千波
ザブングル
高橋みなみAKB48
博多華丸・大吉
山田五郎
マシンガンズ
Wエンジン
クワバタオハラ 島田秀平
松岡シュウゾウぼれろ
クルム重盛
お天気お姉さん
本山華子慶應義塾大学4年) 虎南有香武蔵野大学2年) 西田美歩 本山華子 虎南有香
「天カメ教室 ちょっとウケたい授業」
ザ・たっち
「おもいッきりPON!×NNNストレイトニュース」
丸岡いずみ(日本テレビ報道局記者兼キャスター)
「PON!PON!ポシュレ」
東海林のり子
吉岡美穂
杉上佐智枝
児嶋浩次郎(商品説明担当)
藤田大介(ナレーション・日本テレビアナウンサー)
演奏
Vanilla Mood

ミニ番組『おまけ』[編集]

中山秀征(『DON!』総合司会)
馬場典子(日本テレビアナウンサー)

第2部『DON!』[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
MC
中山秀征(総合司会)
馬場典子(日本テレビアナウンサー)
上重聡(日本テレビアナウンサー)
パネリスト[7]
徳光和夫
榊原郁恵
宮本隆治
レッド吉田TIM
森泉
高橋英樹
堀ちえみ
小倉優子
カンニング竹山
優木まおみ
草野仁
松本明子
東MAXTake2[8]
ナレーター
関口伸
鈴木まどか
曜日企画
ヨネスケ
ギャル曽根
宮本隆治 にしおかすみこ
益若つばさ
U字工事 ナイツ
「NEWSエクスプレス」
丸岡いずみ(日本テレビ報道局記者兼キャスター)

タイムテーブル[編集]

第1部『PON!』[編集]

時刻 コーナー 詳細
10:23.15 15秒予告アイキャッチ ゼロスタから『PON!』の予告を伝える。『スッキリ!!』(第2部)終了直後に放送される。稀に『スッキリ!!』(第2部)本編終了時刻の繰り上げ、繰り下げがあるため、それに伴い前後することがある。
10:25.00 オープニング お天気カメラの映像をバックにオープニングタイトルとオープニングテーマ曲が流れ、スタジオのカメラに切り替わる。その後、パネリストの紹介とオープニングコーナーがある。
  • 月曜日「今週の格言
有名人、著名人の格言を紹介する。
坂本龍馬の半生を紹介する。
都内で話題のパワースポットを紹介する。
東京スカイツリーの建築状況を、2010年1月7日の観察開始時点(254m)と比べながら紹介する。
週末の運勢を紹介する。
10:26頃 「おもいッきりエンタメよーいPON!」 『ラジかるッ』の「DJ TERUの特だねワイド」のエンタメニュースの部分を受け継ぐ内容で、スポーツ紙夕刊紙週刊誌などのゴシップ記事や報道局提供のニュースをDJ MICKEYが紹介する。2009年3月30日開始。2009年10月2日までは「おもいッきりエンタメよーいDON!」というコーナー名だった。
  • 突撃コーナー
曜日毎の突撃芸人がネタを交えながら注目記事のタレントに突撃インタビュー取材を行う。
10:36頃 曜日企画 曜日毎に異なる中継企画が放送される。2009年10月5日開始。
  • 月曜日「いますぐマネシピ 美味しいです」
マイスタ前広場(雨天時はマイスタ)から誰でも簡単に作れる料理を浜内千波が紹介する。2009年10月5日開始。
  • 火曜日「アートの祭り! これい~んです」
美術館博物館など話題のアートの現場を訪れる。2009年10月6日開始。
  • 水曜日「PONPON!ランキング」
週間視聴率ランキング(関東地区ビデオリサーチ調べ)と週替わりのランキングのベスト5を紹介する。2009年10月7日開始。
  • 木曜日「腹ペコ中継! おなかがPON!」
旬の食材を使ったおいしい料理を求めて話題の場所、お店から中継する。2009年10月15日開始。
  • 金曜日「お手を拝借! 手相でスッPON!」
話題の芸能人をゲストに迎え、ゲストの本性を手相で判断する。2009年10月9日開始。
10:48頃 「ハラハラトーク スタア秘宝館」 『ラジかるッ』の「うれしはずかし写真館」を受け継ぐ内容で、ゲストのお気に入りのスイーツと共に、ゲストの思い出の品やVTR、写真を通してゲストとトークする。2009年10月5日開始。
10:58頃 お天気お姉さんのコーナー お天気お姉さんによる曜日毎に異なる企画が放送される。2009年10月5日開始。
  • 月曜日「ハナコのスイーツK.O.(ノックアウト)」
本山華子がおいしいスイーツを紹介し、そのおいしさにノックアウトされる。2009年10月5日開始。
  • 火曜日「名パン偵コナン」
虎南有香が『名探偵コナン』の江戸川コナンに扮し、おいしいパンの捜査に乗り出す。2009年10月6日開始。
  • 水曜日「SHINO監修美腰エクササイズ」
SHINOが監修する美腰エクササイズを西田美歩が実践する。2009年10月14日開始。
  • 木曜日「あした天気にCUPでPON!」
本山華子の実践を通してゴルフを基本から学ぶ。2009年10月15日開始。
  • 金曜日「コナンとゆかいな雑貨たち」
虎南有香がムツゴロウに扮し、癒される雑貨を紹介する。2009年10月9日開始。
11:00頃 今日のPV
今日誕生日の有名人
最新の天気予報
お天気カメラの映像をバックに放送日前後に発売される曲のプロモーションビデオと今日誕生日の有名人一覧が流れる。お天気お姉さんが気象庁11時発表の最新の全国天気予報を伝える。2009年3月30日開始。
11:04頃 「天カメ教室 ちょっとウケたい授業 『ラジかるッ』の「ちょっと何の日?」の後継コーナー。ザ・たっちお天気カメラ新橋SL広場、江の島海岸など街角に登場し、人に話したらちょっとウケる知識や雑学を紹介する。2009年10月5日開始。
11:09.00 「おもいッきりPON!×NNNストレイトニュース 報道フロアから最新のニュースを丸岡いずみが伝える。
11:10.00 CM 【一部ネット局向けの飛び降り点】
11:11.30 「PON!PON!ポシュレ 【ローカル枠】[9] [10] [11]
11:22.15 Vanilla Mood演奏
番組へのご意見募集
視聴者プレゼント紹介
「ビビる大木のエンドリポート!」(月 - 水)
『DON!』予告(木・金)
エンディング
【一部ネット局向けの飛び乗り点】
新聞記事などから気になる話題を大木が一刀両断する。『DON!』の「トップリポート!」のパロディコーナー。(月 - 水)
『PON!』のゼロスタと『DON!』のS3スタジオを結んで『DON!』の予告を交えたクロストークを行う。(木・金)
「おもいッきりPON!」の掛け声とスタジオ全員によるカメラへ向けてのPON!ポーズで終了。
11:23.30 CM(ステブレ) 11:25.00 『おまけのDON!』(月 - 水)または『ご存じですか』(木・金)に続く。

ミニ番組『おまけ』[編集]

時刻 コーナー 詳細
11:25.00 『DON!』予告 『PON!』のゼロスタと『DON!』のS3スタジオを結んで『DON!』の予告を交えたクロストークを行う。2009年10月5日開始。
11:27頃 エンディング 「おもいッきりDON!」の掛け声とDON!ポーズで終了。
11:28.00 CM(ステブレ) 11:30.00 『NNNストレイトニュース』に続く。

第2部『DON!』[編集]

時刻 コーナー 詳細
11:55.00 CM 番組表上の番組開始時刻。
11:56.00 オープニング オープニングタイトルとオープニングテーマ曲が流れた後、スタジオの映像に切り替わり、パネリストと本日の番組内容が紹介される。「おもいッきりDON!」の掛け声とポーズで次のコーナーに移る。
11:58頃 「チョット気になる!」 『おもいッきりイイ!!テレビ』の「今日のトピックス」を受け継ぐ内容で、巷で気になるトレンド情報や人物を取り上げる。2009年5月4日より開始。2009年10月2日までは「DJ MICKEYの特ダネ一本」として放送されていた。バンクーバー五輪以降、「トップリポート!」より改題。
12:15頃 「昼得ファイル」 『おもいッきりイイ!!テレビ』の「エ〜!!本当ですか、先生」をリニューアルしたコーナーで毎日スペシャリストをスタジオに迎え、生活に役立つ情報を発信。コーナーの終わりにはスタジオ観覧募集のお知らせがある。2009年3月30日開始。2009年10月2日までは「オ・シ・え・て♥DON(首領)」というコーナー名だった。コーナー開始時のオープニングCGは2009年11月いっぱいで廃止された。
12:46頃 曜日企画 曜日毎に異なるテーマの企画が放送される。2009年3月30日開始。
ルックルックこんにちは』から続き、全国放送としては『ザ!情報ツウ』以来3年ぶりに再開[12]されたヨネスケの代名詞ともなっている名物企画。ヨネスケがとある町の家庭をアポ無しで訪問し、晩ごはんを味見しながら各家庭の家族と触れ合う。2軒目からは知り合いの家庭を紹介してもらい、数軒ほど訪ねる。
  • 隔週月曜日「あの町この町どんな味!?」
『ラジかるッ』から続くギャル曽根が出演するグルメコーナー。各地の商店街から旬のおいしいものや絶品料理を生中継する。2009年9月28日までは「ヨネスケ・ギャル曽根のDONだけ美味いの!?」というコーナー名だった。
  • 火曜日「名曲ファイル その時ヒットは生まれた」
歌手を招き、名曲誕生の裏側を時代背景とともに紐解いていく。トークの後、スタジオで生熱唱する(もしくはVTRで振り返る)。リニューアル前の『1155』の「DONとTALK」火曜日「火曜紅白歌謡館」の後継コーナー。2009年10月6日開始。
  • 水曜日「コレくる!つばさセレクション」
ファッションからグルメまであらゆる流行を益若が発信する。2010年1月6日開始。2009年9月29日までは火曜日の「おもいッきりLIVE」で「にしおか&益若のつばさんぽ コレくるDON!」として放送され、街角を散歩しながら、絶対に流行るというおしゃれアイテムを見付け出し、益若がその場でコーディネートした服を毎回にしおかが生着替えするという企画、同12月23日までは「つばさんぽ HAPPYチェンジ!」として同じくゲストまたは一般人が生着替えをする企画だった。
  • 木曜日「U字工事のニッポン勝手にランキング!」
47都道府県の中から毎週1つの都道府県に注目し、その県の凄いところのベスト3をランキングで紹介する。2009年10月8日開始。2010年2月4日までは、その県の凄いところのベスト5を紹介していた。
  • 金曜日「イマどき注目ワード! Yahoo! JAPAN検索ランキング」
検索数が急上昇したワードのランキングを紹介する。また、ランキング内の注目のワードやランキング外の先取りワードについてネタを交えて説明する。説明の際に強引に森末慎二クラシアン(「水」、「トラブル」、「パイプ」などに引っ掛けている)に結び付けてネタにするのが恒例になっている。2009年10月1日までは木曜日の「DONピシャランキング」のコーナーで放送されていた。
  • 「どんな疑問も解決!? Yahoo!知恵袋」
Yahoo!のQ&AサイトであるYahoo!知恵袋へ寄せられた質問とその回答の中から気になったものをネタを交えて紹介する。
13:02頃 「きょうは何の日」 『おもいッきりテレビ』『おもいッきりイイ!!テレビ』の「きょうは何の日」をリニューアルしたもの。放送日と同じ日に起こった出来事や放送日と同じ命日、誕生日の有名人の人生をVTRで紹介する。2009年3月30日の番組開始以来「きょうはDON(どん)な日!?」というコーナー名に変更されていたが、2009年10月5日のリニューアルで「きょうは何の日」に戻った。ナレーションは日本テレビアナウンサーが担当。
13:22頃 「午後イチ! エンタメ」 『おもいッきりイイ!!テレビ』の「エンタメ情報 来た!見た!もんた!」を受け継ぐ内容で、エンタメニュースを紹介する。ナレーションは、過去にTBS系『ブロードキャスター』の看板コーナーだった『お父さんのためのワイドショー講座』を担当していた関口伸鈴木まどかのコンビが務める。2009年10月5日開始。
13:32頃 「丸岡キャスターのNEWSエクスプレス」 最新ニュースを丸岡いずみが伝えるコーナー。『おもいッきりテレビ』の「情報特急便」→『おもいッきりイイ!!テレビ』の「Newsエスプレッソ」の流れを汲んでおり、丸岡が「Newsエスプレッソ」から引き続き担当する。2009年3月30日開始。2009年10月2日までは「丸岡いずみのDONDON取材中」というコーナー名だった。
13:51頃 「告白DON!」 地デジ普及のキャンペーンをしながら出演者の素顔を暴く。中山の「ハイビジョンじゃないの?もったいないよね」の一言(ブラビアのCMの矢沢永吉のモノマネ)から始まる。地デジ大使である馬場アナはCMでも着用しているアンテナの被り物をして登場する。リニューアル前の「マグロ」に相当するコーナー。2009年10月13日開始。
13:52頃 エンディング 中山の「明日も!(来週も!)おもいッきりDON!」の掛け声とスタジオ出演者、観覧者によるカメラへ向けてのDON!ポーズで終了。
13:52.45 情報ライブ ミヤネ屋』15秒予告アイキャッチ 読売テレビ制作。読売テレビほか一部地域のみ直後に玄関前トークが続く。
13:53.00 CM(ステブレ) 13:55.00 『情報ライブ ミヤネ屋』に続く。


ネット局[編集]

『おもいッきりDON!』ネット局(いずれも日本テレビ系列
○…同時ネット △…金曜のみ非ネット ▲…月曜のみネット ×…非ネット
放送対象地域 放送局 第1部
『PON!』
月曜 - 金曜
10:25 - 11:25
ミニ番組
『おまけ』
月曜 - 水曜
11:25 - 11:30
第2部
『DON!』
月曜 - 金曜
11:55 - 13:55
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
『おもいッきりDON!』制作局
北海道 札幌テレビ(STV) × ×
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)[14]
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) [15]
富山県 北日本放送(KNB) ×
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[16]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) [17][18]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)[19] ×
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS) [20]
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) ×
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT) [17]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) ×

クロスネット局テレビ大分(TOS・大分県:日本テレビ系列[21]・フジテレビ系列)[22]テレビ宮崎(UMK・宮崎県:フジテレビ系列・日本テレビ系列[23]・テレビ朝日系列)[24]では『PON!』については他の地方局と同様にローカル編成[25]のため、『DON!』についてはフジテレビ系列の番組[26]を同時ネットとしているため、いずれも非ネット。[27]

なお、『PON!』非ネット局でも、「PON!PON!ポシュレ」のみが以下の一部地方局にネットされている(これは「ラジかるッ×ポシュレ」時代の名残)。逆に、『PON!』ネット局でも「PON!PON!ポシュレ」をローカルコーナーに差し替える局(中京テレビ)や、別の通販番組に差し替える局(福岡放送[28]など)がある。

「PON!PON!ポシュレネット局」
放送対象地域 放送局 放送曜日・放送時間
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 金曜
10:55 - 11:05
長野県 テレビ信州(TSB) 月曜 - 金曜
11:45 - 11:55[29]
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 土曜
9:25 - 9:30
愛媛県 南海放送(RNB) 金曜
15:53 - 16:50内[30]

スタッフ[編集]

第1部『PON!』[編集]

ミニ番組『おまけ』[編集]

第2部『DON!』[編集]

  • 総合演出:武澤忠
  • 演出:中川学
    • 月曜日:大倉雅弘
    • 火曜日:黄木美奈子
    • 水曜日:小山人志
    • 木曜日:伴在正行
    • 金曜日:村上剛
  • テーマ曲:宮川彬良
  • 構成:川崎良
    • 月曜日:大久保政男、倉野満、夏目宗弘
    • 火曜日:夏目宗弘、はっしー橋本、藤原琢也
    • 水曜日:高野雄宇、大久保政男、内田裕士
    • 木曜日:マツモトヤスオ、城田光男(城田純城田優兄弟の父親)、藤原琢也
    • 金曜日:下河内一雄、城田光男、倉野満
  • TM:小椋敏宏
  • SW:岩本茂、三井隆裕、高田憲一、木村博靖、蔦佳樹、加賀谷博史
  • CAM:高野信彦、山田祐一、工藤恂児、松嶋賢一、渡辺滋雄
  • MIX:宮内貞、清水秀明、笹川秀男、三石敏生、高木哲郎
  • VE:小野敏之、矢込宏敬、星勇次
  • LD:細川登喜二、木村弥史、名取孝昌、榎本舞
  • 技術:NiTRo
  • 美術:日テレアート
  • 音効:磯川浩己、鈴木宗寿、磯田恵美、片岡幸司、菊池隆裕、遠藤夕佳、田上ゆかり、宮下博国
  • TK:竹島祐子、田中綾、釆岡洋子、生川友美、林たか子、長坂真由美、山際慎子
  • 中継TD:東條和人、川村雄一(水・「つばさんぽ」担当)
  • 中継カメラ:山田大輔(同上)
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • CG協力:アイブリックスタジオ
  • 協力:4Cast.co.jp
  • 美術P:大川明子
  • デザイン:熊崎真知子
  • スタイリスト:藤井やすのり、山本祐行
  • 制作協力:AX-ON東阪企画
  • 芸能デスク:宮澤清夫、高梨安弘、小野元
  • エンタメP:伊藤彰(2009年10月5日 - )
  • 報道デスク:片谷直子、岸田雪子、小倉宏
  • PR:向笠啓祐
  • ディレクター
    • 月曜日:寺山順二、吉田尚代、山岸隆之、水野葉子、川島啓史、小谷信公、畑中真治、廣田雅史、広芝学
    • 火曜日:三井利行、池谷賢志、川上渡、藤原ともい、折田将臣、井上芳朗、猪子華、鈴木徹
    • 水曜日:松浦巧晃、古橋光義、金澤知子、杉江達也、岩永紗代美、小西梓美、酒井貴雄、鈴木徹
    • 木曜日:鈴木利夫、高野修、石島良治、水野葉子、金澤浩二、青木知広、黒田伸、岡田樹也、鈴木徹
    • 金曜日:辻智子、高野正樹、政田ももこ、玉井伴宙、西川宏一、中野伸郎、宮崎浩一、鈴木徹
  • AP:仲田恵一、切田美伸
  • デスク:松本真生、志村美果、安永美和
  • 監修:渥美光三
  • プロデューサー:横田崇、宮木宣嗣、大西威、矢野尚子、藤井純、眞山香織
  • チーフプロデューサー:岡田泰三
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • テーマ曲・演出:尼崎昇
  • 構成:アサダアツシ、高梨武志、大名祥子、坂本茜、中澤秀雄
  • 音効:橋本いづみ、杉山謙一郎、島野高一、中山和人、大根田祐士
  • 中継TD:川村朋秀
  • 中継CAM:八木原輝、長崎太資
  • 協力:プレスマン、NNS系列各局
  • 報道デスク:鹿野正樹、宇佐美理、中村洋介
  • AP:三門綾子、山崎千絵
  • ディレクター:福本光泰、神崎裕子、江間英男、佐々木千栄、佛田珠美、狩野丈志、村田真之、宮澤拓郎、吉濱明秀、滝川義子、八重沢亮、城美幸、菊池佳代、横山剛輔、赤城雄太、森本祐亮、内田一成、松島大悟、鍬田俊太郎、時田和典、井上公志
  • 演出:藤森和彦
  • プロデューサー:村手武治、清水美菜子、久保田誠

付記事項[編集]

番組ロゴ[編集]

  • 番組内で使われる「PON!」「DON!」の「O」は時計を表しており、『DON!1025』→『PON!』では番組開始時刻の10:25を、『DON!1155』→『DON!』では11:55をそれぞれ指している(但し、『おまけ』では、番組開始時刻の11:25ではなく、番組終了時刻の11:30を指している)。「!」は大砲を象っている。
  • 『PON!』のオープニングタイトルで使用される番組ロゴのアニメーションは、2009年10月5日改変の週と二週目では「D」の縦棒が下につき出して「P」に変わり、「おもいッきりDON! 第1部」の文字も小さくライズアップするとともに大砲は煙を吐くアニメーションであったが、三週目からはタイトル文字は「おもいッきりDON!」のまま、大砲は水玉を吐き出す、リニューアル前の『1025』のアニメーションに変更された。従って、『PON!』のオープニングではMCは「おもいッきりDON! 第1部、おもいッきりPON!」とコールするが、画面には「おもいッきりDON!」とのみロゴ表示される。また、ロゴのデザインも当初は『DON!』と同様に文字が白で縁取られたデザインであったが、三週目からは縁取りのない簡素なデザインに変更された。

BGM[編集]

  • 『ラジかるッ』同様多くの時間帯でBGMが流れており、コーナー、内容、話題によって切り替わる。またBGMはトーク内容・企画内容に基づいた駄洒落など何らかの意図が含まれている。
  • リニューアル前の番組オリジナルテーマ曲やコーナーのジングルなどは全て当時の総合演出の尼崎昇によるものが使われていた。オリジナルテーマ曲は『1025』と『1155』で同じであるが、2009年7月10日まで『1155』では『1025』に比べてややテンポが早いものが使われていた。また放送開始から数日して効果音が加えられた。なおリニューアル後も、一部ジングルでは『PON!』で引き続き使用されている(ただし『PON!』であるため、マイナーチェンジが施されている)。CMに入る際のオリジナルテーマ曲も『PON!』のみである。『DON!』ではリニューアル当初、オープニングテーマ曲をアレンジしたものだったが、2010年1月からはジングルが変更された。

オープニングテーマ曲[編集]

エンディングテーマ曲[編集]

  • 2009年
  • 2010年

アナログ放送[編集]

  • アナログ放送では『PON!』のみ13:9のレターボックスで放送されている。2009年10月2日までは『1155』でもレターボックスで放送されていた。
  • 音声モードは『ご存知ですか』・『NNNストレイトニュース』・『キユーピー3分クッキング』放送時モノラル放送を実施していた。

出来事[編集]

2009年度上半期[編集]

  • 2009年3月30日) - 新番組『おもいッきりDON!』スタート。この日から第1部はゼロスタジオ。第2部はテレビバからの生放送となり、司会者、曜日ブレーン、パネリスト、DJは第1部、第2部両方出演することになる。突撃芸人5組のレギュラー残留をかけたサバイバルバトルも同時スタートとなった。
  • 2009年4月26日) - アニメ『ヤッターマン』(読売テレビ制作)第38話「どうもモグラですが何か?だコロン!」に、中山と夏目がゲスト声優(遺跡発掘のインチキ商売に騙された客役)として出演した。
  • 2009年4月29日) - 昭和の日を記念し、5:20 - 13:55の約8時間半に渡り、『ズームイン!!SUPER』・『スッキリ!!』とコラボレーション。『日テレ系春祭り! おもいッきり昭和でDON!』として放送された。『1155』では「オ・シ・え・て♥DON(首領)」・「きょうはDON(どん)な日!?」・「おもいッきりLIVE」のコーナーが休止。「昭和歌謡祭紅白ヒットパレード」と大井川鐵道千頭駅からのSL中継を中心とした特別編成で放送された。
  • 2009年5月1日) - 当日の曜日レギュラーである松本明子に加え、ゲストとして飯島直子が出演したことから、コーナー「マグロ」の代わりに「おもいッきりDAISUKI!」が放送された。ミニコーナーではあるが、『DAISUKI!』が復活するのは実に約9年ぶりのことである。番組恒例だったアイキャッチは金曜レギュラーの上原美優が担当した。
  • 2009年5月8日(金) - 『1025』に日本テレビの新キャラクター・ダベアが生出演。フロアディレクターを務めた。
  • 2009年5月13日(水) - 小倉優子が「スタアとスイーツDON!べりー」のコーナー内で居眠りを始め、以後のコーナーでもウトウトとした状態が長く続いた。終盤には中山ら出演者から指摘されるまでの事態に至った。小倉は「マグロ」のコーナーでこの件について謝罪したほか、当日の自身のブログでもスタッフ、出演者、ファンに改めて反省の弁を述べた。
  • 2009年5月19日) - 「ビビる大木のDON!とやってみよう!」で興奮した中山が大木の顔面を資料で叩いたことで大木の眼鏡が破壊される事態が発生。大木は眼鏡をテープで補修した状態で『1155』に出演した。
  • 2009年6月1日週 - 日テレ系ecoウィークに合わせ、「DONな所にもぶらりイッテQ」のコーナーに吉田小江子が参加し「吉田小江子のさ〜!eco!」として放送。海岸や堤防、河川敷など水辺の清掃活動を中継し、「ゴミ拾い」クイズを出題した。海岸からの中継だった1日と2日は吉田がビキニの水着を着て登場。また3日は中継に出ている吉田の担当パートを優木まおみが代理で務めた。
  • 2009年6月5日(金) - 突撃芸人5組のレギュラー残留をかけたサバイバルバトルが終了。結果はカトゥー直也が最下位となり、他の4組はレギュラー残留となった。
  • 2009年6月25日) - 「フーテンのたっち 天カメはつらいよ」と「マグロ」のコーナーに青森県八戸市議会議員である藤川ゆりが出演。生放送のバラエティ番組に出演するのは当番組が初である。なお、天カメ映像だけでは物足りないと言う理由から「天カメはつらいよ」では異例の、中継車を出しての生中継となった。
  • 2009年6月29日) - 『1025』で約2カ月間行われていた「突撃DON!」のサバイバルバトルでポイントが最下位になったカトゥー直也がこの日をもって卒業。当番組の卒業第1号となった。後の8月20日放送終盤に「墓場芸人」として登場する。
  • 2009年7月7日(火) - 七夕スペシャルと題し、一部を除いた出演者全員が浴衣を着て出演した。
  • 2009年7月22日(水) - 1963年以来46年ぶりとなる日本での皆既日食を記念し、皆既日食祭りと題してポシュレを休止するなどタイムテーブルを大幅に変更して放送された。東京江の島奄美大島悪石島種子島沖縄上海を中継リレーで結んだほか、日食の時刻に合わせてゲストの錦野旦が『空に太陽があるかぎり』を熱唱した。普段は『1025』をネットしていない鹿児島読売テレビも当日は中継協力局として参加し、同時ネットされた。
  • 2009年8月6日(木) - エンディング直後、放送事故が発生。原因は次番組の制作局読売テレビ側のミスである。詳しくは情報ライブ ミヤネ屋#その他特記事項の項を参照。
  • 2009年8月10日週 - お笑いライブ「DON!点笑わせたら100万ドン」と題し、GO!SHIODOMEジャンボリーゼロスタ広場特別ステージから公開放送された。MCは当日の男性芸人枠曜日レギュラーとお天気お姉さんが、挑戦者はレギュラーの芸人3組が担当。当日の女性曜日レギュラー1人と日テレジェニック2009メンバー3人の計4人を笑わせることが出来た挑戦者には賞金100万ドン日本円に換算すると約5000円)が贈呈された。
  • 2009年8月31日(月) - 前日の第45回衆議院議員総選挙と『24時間テレビ32』の特集のため、特別編成で放送された。
  • 2009年10月2日(金) - リニューアル前最後の放送となり、中山にとっては4年続いたゼロスタ発の番組から、3年半続いた午前の番組からの卒業となった。『1025』、『1155』の最後ではそれぞれ中山から挨拶があった。

2009年度下半期[編集]

  • 2009年10月5日(月) - 番組リニューアル。この日の放送から司会者ならびレギュラー出演者が「第1部」、「第2部」に分かれて出演する形態となる。第1部は、『おもいッきりDON!第1部 おもいッきりPON!』というタイトルとして再スタート。この日の放送から突撃芸人もコメンテーターとして出演することとなった。
  • 2009年10月8日(木) - 台風18号列島縦断に関する最新情報を伝えるため、一部コーナーが休止となり、特別編成で放送された。
  • 2009年10月12日(月) - 日テレ系秋のうまいもの祭りと題し、『ズームイン!!SUPER』、『スッキリ!!』とコラボレーションを行った。それに伴い、当番組も特別編成で放送された。
  • 2009年11月3日(火) - 『PON!』の「ハラハラトーク スタア秘宝館」に出演予定だったはるな愛タイで開催されたミス・インターナショナルクイーン2009に優勝したことによる現地イベント、番組出演のため帰国が遅れ、欠席となった。
  • 2010年1月5日(火) - 第88回全国高校サッカー選手権大会準々決勝第1試合の中継のため、『DON!』のみ放送が休止された。『PON!』は通常通り放送され、『おまけ』は特別企画を行った。
  • 2010年1月8日(金) - 『DON!』に青森県八戸市議会議員である藤川ゆりがパネリストとしてゲスト出演した。
  • 2010年2月18日(木) - YouTubeなどの動画配信サイトで「かわいいにもほどがある」と話題のネットアイドルベッキー・クルーエルがパネリストとしてゲスト出演した。
  • 2010年2月19日(金) - バンクーバーオリンピック中継のため、『PON!』、『DON!』ともに放送休止。
  • 2010年3月22日(月) - 「Pリーグ美女ボウラー[31]と夢の共演! DON!杯争奪 春の大ボウリング大会!」が開催され、その模様が『DON!』のコーナーで放送された。
  • 2010年3月26日(金) - 沖縄国際映画祭の宣伝のため、「天カメ教室 ちょっとウケたい授業」が沖縄から生中継で放送された。この日をもって、1987年より続いてきた『おもいッきり』シリーズは約22年半の歴史に幕を閉じた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年3月30日)は「はじめての一枚」(読売テレビ制作全国ネット)最終回放送のため休止扱いとし、翌日(31日)から開始となった。
  2. ^ 週末版については日本テレビ制作。
  3. ^ 在京局で昼前ニュース番組が昼ワイド番組に内包される放送局は、テレビ朝日TBSに次いで3番目のことである。
  4. ^ 後に汐留AXとなるも2012年をもって閉鎖。
  5. ^ ただし西日本放送のように、『PON!』のパートを一切ネットしていないにも関わらず、EPGでは一貫して「おもいッきりDON! 1155」とされていたところもあった
  6. ^ スタジオ出演はイーグル溝神のみ。
  7. ^ 記述のレギュラーパネリストにゲストパネリストを加えた計4~5組が出演。
  8. ^ 毎週火曜日の同時間帯はニッポン放送高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に出演。
  9. ^ 中京テレビはローカルコーナー『おもいッきりDON!ナゴヤ』が放送される。担当は同局アナウンサーの水谷陽介田岡咲香
  10. ^ 福岡放送は『お得情報もDON!』に差し替え。
  11. ^ くまもと県民テレビは『マル得情報ドン!』に差し替え。内容は健康食品の通販番組を挿入したもの。
  12. ^ 『情報ツウ』終了後は『NNN Newsリアルタイム』の「リアル特集」で月1回放送していた。
  13. ^ 2009年9月24日には渡本人が「この人は昔!?TV探偵DON」の特別ゲストとして出演し、『マグロ』の番宣CMを放送した。CM前のアイキャッチで次のコーナー名である「マグロ」の掛け声も再度この番宣CMが使用されていた。
  14. ^ 『おまけ』に関しては2009年5月末までは月曜 - 水曜、9月末までは月曜と火曜に放送していた。
  15. ^ 火曜は『地震防災チェック』の再放送、水曜は『24時間テレビリポート』を放送。
  16. ^ 日本テレビ系列テレビ朝日系列(サブ)のクロスネット局でもある。ただし、ANNの一般番組供給部門には非加盟(太字はメインの系列)。NNS単独加盟時代から『お昼のワイドショー』の同時ネットを行ってきた。
  17. ^ a b なるトモ!』(読売テレビ制作・月曜 - 金曜9:55 - 11:14(読売テレビでの放送日時))の後枠扱いでネットしている。
  18. ^ 2010年1月8日までは金曜日もネットしていた。1月15日より10:25 - 10:53は『それいけ!アンパンマン』、10:53 - 11:25は自社制作番組『ラッキーブランチ!!』を放送。
  19. ^ 月曜 - 木曜については、『1025』を『なるトモ!』(自社制作・月曜 - 金曜9:55 - 11:14)の後枠扱いでネットするも、2009年5月28日をもって打ち切り。6月1日以降の平日の当該時間帯については再放送枠(自局・他局製作や他系列局の番組問わず。夏休みの間は1週間程度、自社制作アニメ再放送を編成)のほか『ビートップスでお買物』などを放送。中京テレビで受信できる地域は視聴することができる。
  20. ^ 金曜は自社制作の生活情報番組FBS金曜トレビアン』と『夢∞無限大FUKUOKA』などの番組を放送。
  21. ^ テレビ大分は正式なNNS加盟局。
  22. ^ 山口放送・南海放送・高知放送・福岡放送・くまもと県民テレビで受信できる地域は視聴する事ができる。
  23. ^ テレビ宮崎NNSは非加盟。
  24. ^ くまもと県民テレビ・鹿児島読売テレビで受信できる地域は視聴する事ができる。
  25. ^ テレビ宮崎は『アサデス。九州・山口』(九州朝日放送制作、ANN九州・山口ブロックネット、月~木曜のみ)を放送。
  26. ^ 笑っていいとも!』・『ライオンのごきげんよう』・『昼の帯ドラマ(THKドラマ)』(東海テレビ制作)。
  27. ^ このため、テレビ大分NNSに加盟局で(現在(1994年4月以降))唯一本枠非ネットである。
  28. ^ 放送開始当初に数回ネットしたが、現在は別の通販番組(VTRの前後にマスコットキャラクターの「ゆめんた」と齊藤直史アナウンサーのアイキャッチが入る)か、自社制作の通販番組の「お得にDON!」(「DON!」のロゴは10:25を示している)に差し替えている。
  29. ^ 後発局のため、日本テレビで同時間帯に放送している『キユーピー3分クッキング』(NTV版)は長野県域局では放送されていない(CBC版が先発局のSBCで放送されているため。ただし、日本テレビ・山梨放送・北日本放送で受信できる地域は視聴することができる)。前身の「ラジかるッ×ポシュレ」は週1回の放送だった。
  30. ^ おかえりテレビ・デリシャス』の1コーナー「おかデリポシュレ」として放送。
  31. ^ 「P★League」からは代表して姫路麗、森彩奈江、名和秋、長谷川真実の各プロと全日本ナショナルチームの浅田梨奈の5名がこの収録に参加。この日のオンエアで浅田は「1990年3月21日生」と誤って紹介された(正しくは1990年10月30日)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 平日10:25 - 11:25枠
前番組 番組名 次番組
ラジかるッ
※9:55 - 11:25
おもいッきりDON! 1025

おもいッきりPON!
(第1部)
PON!
※10:25 - 11:30
日本テレビ 月曜日11:25 - 11:30枠
はじめての一枚
【この期間のみ読売テレビ制作】
おまけのDON!
【ここから日本テレビ制作】
PON!
※10:25 - 11:30
日本テレビ 火曜日水曜日11:25 - 11:30枠
おまけのDON!
PON!
※10:25 - 11:30
日本テレビ系列 平日12・13時台
おもいッきりDON! 1155

おもいッきりDON!
(第2部)