藤川優里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤川 優里
ふじかわ ゆり
Yuri Fujikawa cropped 2 Yuri Fujikawa 20110923.jpg
生年月日 1980年3月8日(36歳)
出生地 青森県八戸市
出身校 帝京大学文学部
所属政党 (無所属→)
自由民主党
称号 学士(文学)
親族 藤川友信
公式サイト 八戸市議会議員 藤川ゆり公式サイト

選挙区 八戸市
当選回数 3回
在任期間 2007年4月22日 - 現職
テンプレートを表示

藤川 優里(ふじかわ ゆり、1980年昭和55年)3月8日 - )は、日本女性政治家青森県八戸市議会議員(3期)。自由民主党所属(公認)で、議会では保守会派「自由民主クラブ」に所属。選挙ポスターや公式サイト等では藤川ゆりと記載されている。「美人すぎる市議」として有名になり、後に、「美人すぎる××」と言う言葉が生まれたきっかけになった人物でもある[1]

概要[編集]

1980年(昭和55年)、青森県八戸市生まれ。青森県立八戸東高等学校を経て、帝京大学文学部卒業。

2007年(平成19年)4月、藤川友信(元八戸市議会副議長・自民党津島雄二系)の青森県議会議員選挙における2度目の落選がきっかけとなり[2]八戸市議会議員選挙の告示5日前に出馬表明。無所属で立候補し、同年4月22日に、八戸市議会議員選挙史上最高の6962票を獲得し、トップ当選した。市議会では、民生常任委員会委員・環境先進都市推進特別委員会委員を務める[3]

父の友信は2011年4月、自民党公認を得て3たび県議選に立候補し初当選。2015年4月、再選を果たしている。医療法人十和田第一病院理事などを務めている。

来歴[編集]

大学卒業後は政治家の秘書になることを考えていたが、父は専業主婦になることを望んでいたという[4]2003年、父の選挙において、うぐいす嬢を務めた[5]。 2007年4月8日、県議会議員選挙での父の落選後、八戸市内の選挙事務所を兼ねた自宅において、支持者に礼を述べると共に「(2週間後に控えた)市議会議員選挙に出たい」と表明した。両親共々反対したが、4月10日土下座しての出馬の訴えに父は容認し、その日の夕方、近くの写真店へ選挙ポスター用の写真を撮りに行ったという[6]

介護予防事業の推進、介護保険料や介護サービスの利用料金の値下げや見直し働くお母さん達のために病児保育の施設を作ることなどを訴える。投票日は雨であったため浮動票の低下を心配し、テレビのない自分の部屋で結果を待ったという[4]。定数36に対し47人が立候補したこの市会議員選挙において2位当選の前沢時広の3665票の倍近い6962票を獲得し、トップ当選した。八戸市議選史上最多得票であり、20歳代の女性候補者というのも八戸市議選では初めてであった[6]。若年層の投票増加により、12年ぶりに投票率が上昇した(55.95%)[6]

自民党は2010年(平成22年)の第22回参議院議員通常選挙に向けて、藤川に参議院比例区からの立候補を打診し[7]、地元選挙区選出議員である大島理森自民党幹事長も説得に動いたが[8]、藤川が「地方自治に専念したい」としてこれを固辞したため、大島は藤川の国政への擁立を断念した[7][8]

政策・活動[編集]

略歴[編集]

人物像[編集]

  • 身長:160cm

趣味・特技[編集]

嗜好[編集]

エピソード[編集]

  • 優里という名前は、父がかつて秘書を務めていた衆議院議員・津島雄二の妻である津島園子(作家、太宰治(本名・津島修治)の長女)に、つけてもらったという[16]
  • 小学生時代から政治に関心があり、選挙特番が放送されるたびに、深夜までテレビにかじりついて見ていたという。
  • 女子大生時代に、1年半ほど雑誌『CanCam』『Ray』などのファッション誌読者モデルをしていた[17]。このほかに、『特捜TV!ガブリンチョ』といったバラエティ番組への出演歴もあるが、「あの時は、がんばりましたね」とタレント活動について肯定的な考えをみせている[18]
  • 自身が注目を浴びていることについて、「光栄に思っており、これを機に政治に興味を持つ人が増えてくれたら嬉しい」としている。ただ、男性受けのするルックスが注目を集めていることについては、自分の外見や内面にコンプレックスを持っており「気が引ける」と、述べている[19]
  • 2007年8月より若手議員の勉強会「北東北若手議員の会」、通称「わらし塾」に参加し、熱心に活動している。2代目会長である工藤大輔岩手県議に誘われ加入した。
  • 政治家としては異例だが、『週刊文春』(2008年3月6日号)の巻頭グラビアに登場した。また写真集「moe navi 八戸」・DVD「love navi 八戸」では、臀部胸の谷間が露わな水着姿も披露した。優里の後援会会長によれば、これはアイドル的な活動ではなく、彼女を通して八戸市に対する認知度や観光促進を高めるためであり、あくまで市議会議員としての活動の一環であるとしている[17]
  • 殺到するメディアからの出演依頼に対応しきれなくなったため、2008年に、公務・議員活動以外のマスコミ対応を「ポニーキャニオン」に委託した[20]。2010年からはスポーツ選手系の芸能事務所「ジェイロック」に委託している。ただし、いずれもマネージメント提携のみであり芸能活動を目的とするものではない。
  • 2008年9月、『産経新聞』主催の鼎談「私たちが政治を変える!美人市議、大いに語る」に参加し、倉田麗華練馬区議会議員吉羽美華寝屋川市議会議員とともに、政治から結婚観まで本音のトークを披露し、話題を呼んだ[21][22]
  • 2009年スペイン紙『20ミヌートス』のホームページ上で行われた「世界で最も美しい女性政治家」を選ぶネット投票で、同紙が選んだ世界30カ国計65人の「美人政治家」にエントリーされ1位になった。当本人は「公人としてこの件に関しての言及は差し控えるべきと存じます」とコメントしている[23]

関連項目[編集]

藤川をテーマにした商品[編集]

  • ゆりたんの美味しすぎるりんごケーキ
  • ゆりたんの美味しすぎるブルーベリーケーキ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ げんごや.com使える日本語 美人すぎる○○
  2. ^ 産経新聞2008年2月9日付。友信は1987年4月八戸市議に初当選し4期務めた後、県議転身を図るも2003年4月、2007年4月と落選していた。
  3. ^ a b c d e 藤川ゆり公式サイト
  4. ^ a b 八戸市議会議員 藤川優里さんに聞く (PDF) (八戸の月刊誌「うみねこ」2007年7月号)
  5. ^ 藤川優里(藤川ゆり) 議員インタビュー記事(インタビューサイトSMPY)
  6. ^ a b c 『産経新聞』 2008年2月10日
  7. ^ a b “「美人市議」の擁立断念 参院選で自民、本人固辞”. 産経新聞. (2010年4月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100430/stt1004301235007-n1.htm 2010年4月30日閲覧。 
  8. ^ a b “「怖すぎる幹事長」が説得失敗”. 産経新聞. (2010年4月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100430/stt1004302254013-n1.htm 2010年4月30日閲覧。 
  9. ^ 平成19年12月12日 八戸市議会定例会一般質問(八戸市公式ウェブサイト
  10. ^ 藤川優里の一般質問 2007年12月12日
  11. ^ 食育について【季刊誌 楽園 2008年冬号】
  12. ^ 八戸をPRできるなら…美人市議・藤川ゆりさんが写真集&DVD
  13. ^ 【第77党大会】代表アピール(2010.1.24) - YouTube・LDPchannel
  14. ^ 2010年3月19日付Ameba(アメブロ)“涙…こらえ切れません”より
  15. ^ livedoorトレビアンニュース 「青森の美人議員 藤川優里(ゆり)に独占インタビュー!」(livedoor2008年1月28日10時00分閲覧)
  16. ^ 『産経新聞』2008年2月11日
  17. ^ a b グラビアの次はDVD!? 萌え議員ついにアイドルデビューか?(日刊サイゾー)
  18. ^ 中日スポーツ」インタビュー 2008年6月1日付記事
  19. ^ 八戸市 会議録 藤川優里の一般質問 2007年12月12日
  20. ^ 藤川優里議員、出演依頼殺到で大手レコード会社が窓口にSANSPO.COM 2008年3月15日閲覧)[リンク切れ]
  21. ^ 「MSN産経ニュース」 2008.9.21
  22. ^ 産経新聞撮影の美人市議鼎談ビデオ、MSNビデオ[リンク切れ]
  23. ^ 藤川ゆり市議、美しい政治家“世界一当選SANSPO.COM 2008年4月21日閲覧)

外部リンク[編集]