八戸航空基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八戸飛行場
IATA: HHE - ICAO: RJSH
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 青森県八戸市大字河原木字八太郎山官地
種類 軍用
所有者 防衛省
運営者 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
開設 1941年
所在部隊 第2航空群
標高 46 m (150 ft)
座標 北緯40度33分07秒 東経141度28分02秒 / 北緯40.55194度 東経141.46722度 / 40.55194; 141.46722
地図
空港の位置
空港の位置
RJSH
空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
07/25 2,250×45 アスファルト
出典: 日本AIP at AIS Japan[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
八戸航空基地の位置
八戸航空基地の位置
RJSH
八戸航空基地の位置
八戸航空基地付近の空中写真。(1975年撮影の4枚を合成作成)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

八戸航空基地(はちのへこうくうきち、JMSDF Hachinohe Air Base)は、青森県八戸市大字河原木字八太郎山官地に所在する、海上自衛隊基地である。八戸飛行場とも呼ばれる。

概要[編集]

当基地には第2航空群の司令部があり、対潜哨戒機P-3Cを運用して、北日本の洋上哨戒を行っている。日本最北端の固定翼機の離着陸可能な海上自衛隊航空基地であり、冬期間には、P-3Cが、北海道を飛び越えてオホーツク海上で流氷観測を行っていることでも知られている。

陸上自衛隊八戸駐屯地・八戸演習場に隣接しており、陸自第9飛行隊も駐屯しているため一体化しているように見えるが、実際は別個に運用されている。滑走路もそれぞれにある。在日米軍航空自衛隊が共同使用している三沢飛行場がすぐ近くにあり、時々、米軍機が天候不順・故障・燃料不足・三沢飛行場の混雑などを理由に緊急着陸を行っており、そのたびに問題になる。

1965年から1975年までの間、民間航空機が就航する共用空港であった。

沿革[編集]

  • 1941年(昭和16年)1月:日本陸軍飛行場として開港。陸軍少年飛行隊等が置かれる。
  • 1945年(昭和20年)9月:終戦により米軍が進駐。「キャンプホーゲン」となる。この時期に大規模拡張される。
  • 1950年(昭和25年):朝鮮戦争により米軍の多くが転進。代わりに警察予備隊八戸駐屯地が新編。
  • 1956年(昭和31年)5月:米軍が撤退。陸上自衛隊八戸駐屯地となる。
  • 1957年(昭和32年)3月16日:海上自衛隊大湊地方隊八戸航空隊新編。
  • 1961年(昭和36年)9月1日:八戸航空隊が第2航空群へ改編、航空集団に編入。八戸航空工作所新編、大湊地方隊に編入。
  • 1963年(昭和38年)6月15日:航空自衛隊臨時八戸派遣隊新編。
  • 1965年(昭和40年):三沢飛行場での民間機共用が米軍の保安上の理由から中止されて八戸移転。民間供用開始。
  • 1972年(昭和47年):航空自衛隊が撤退。
  • 1975年(昭和50年):民間機が三沢飛行場に戻り、民間共用が終わる。
  • 1977年(昭和52年)12月27日:航空施設隊新編、航空集団に編入。
  • 1998年(平成10年)12月10日:八戸航空工作所廃止。第2航空修理隊新編、航空集団に編入。
  • 2001年(平成13年)6月27日:航空施設隊が機動施設隊へ改編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:航空部隊再編に伴い、第4航空隊及び八戸救難飛行隊廃止。UH-60J救難ヘリコプターは大湊航空基地へ移動。

配置部隊[編集]

かつての就航路線[編集]

1965年、三沢飛行場での民間機共用が米軍の保安上の理由から中止されて八戸飛行場に移転。共用空港となる。

日本国内航空が、羽田空港-八戸空港-丘珠空港線を開設した[2]。その後、羽田空港-八戸空港の区間が増便されたのち、1971年に日本国内航空と東亜航空の合併により東亜国内航空が発足、同社の路線[3]となる。

1975年、民間航空路線が三沢飛行場に戻り、民間共用が終わる。

脚注[編集]

  1. ^ AIS Japan Archived 2016年5月17日, at the Portuguese Web Archive
  2. ^ 国鉄監修 交通公社の時刻表』1968年7月号 382ページ航空時刻表
  3. ^ 国鉄監修 交通公社の時刻表』1972年2月号 400ページ航空時刻表

外部リンク[編集]