アンテナショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンテナショップ(Antenna shop)とは企業や自治体などが自社(当該地方)の製品の紹介や消費者の反応を見ることを目的として開設する店舗のこと。

企業のアンテナショップ[編集]

一般企業におけるアンテナショップは、主に消費者向けの最終製品を手がける企業が開設する。いわゆるショールームとしての機能のほか、自社製品のユーザー向けのサポート窓口・修理受付、消耗品の販売などを行うことが多い。また新製品のテスト販売を行ったり、アンテナショップ限定のグッズを用意したりする場合もある。

場所としては主に当該企業の本社ビル内やその周辺、あるいは人の多い繁華街に出店するのが一般的(例:メルセデス・ベンツ コネクションホンダウェルカムプラザ青山など)。最近ではキヨスクにアンテナショップの機能を持たせたものも登場している(詳しくはキヨスクの項を参照)。

またフランチャイズ展開を行うチェーンストアにおいては、直営店が実質的なアンテナショップの役割を担うことが多く、特に当該チェーンの本社・本部の周辺にある直営店では試験的なメニューの販売が行われたり、実験的な業態の店舗が開設されたりすることが多い。

自治体のアンテナショップ[編集]

都道府県が設置する場合は、主として東京都内の山手線沿線等におかれ、地方自治体特産品を紹介することを主たる目的としている。東京都も都内に設置しており、中には沖縄県のように県内以外に複数設置しているものもある。

店舗には特産品の直売所やギャラリー、観光情報コーナーなども備えられており、地方出身者の必需品の買出し、首都圏在住者の購買等に利用される。中には北海道北海道どさんこプラザ宮城県の「コ・コ・みやぎ」、新潟県の「ネスパス」、香川県愛媛県(共同設置)の「せとうち旬彩館」、鹿児島県の「かごしま遊楽館」など、特産品の販売だけでなく飲食店を併設するものもある。

企業の場合にも共通するが首都圏の場合、テナント料をはじめとした維持費が高くつくのが難点といえる。徳島県のように、自前のアンテナショップに替えて、近隣のコンビニエンスストア内に特産品コーナーを設けたケースもある。

また最近では、地方の特産品・加工品等を地元の住民がそもそも知らない、というケースも増えていることから、地域による地域のためのアンテナショップを管内に設置する動きも出てきている。鳥取県鳥取中部ふるさと広域連合が運営する「Coup! la cafe」(クラカフェ)などがその代表例である。

東京都内にある、各自治体の主なアンテナショップ[編集]

都道府県

全国の各都市

コウノトリの恵み 豊岡
(有楽町・東京交通会館

他の府県にある、各自治体の主なアンテナショップ[編集]

  • 青森県 - 青森県特産品センター弘前店(青森県弘前市亀甲町津軽藩ねぷた村内)
  • 青森県・岩手県・秋田県(3県共同運営) - きた東北発見プラザ・JENGO(ジェンゴ)(大阪府大阪市中央区)
  • 愛知県 - ピピッと!愛知(愛知県名古屋市中区栄四丁目1番1号 中日ビルB1F)
  • 鳥取県(鳥取中部ふるさと広域連合) - 「Coup! la cafe」(クラカフェ)(鳥取県倉吉市山根557-1 SCパープルタウン1F)
  • 徳島県 - とくしま県の店(大阪府大阪市中央区)
  • 熊本県 - 熊本よかもんSHOP(大阪府大阪市中央区・ローソン安土町2丁目店内に、特産品コーナーとして開設)

閉店した主なアンテナショップ[編集]

  • 全国 - 銀座めざマルシェ(東京都中央区銀座
  • 北海道 - さっぽろスイーツカフェ(札幌市中央区さっぽろ地下街オーロラタウン内)
  • 北海道 - カムイン北海道(大阪府大阪市中央区)
    • 2012年(平成24年)3月28日閉店[3]。 閉店後、鹿児島県との共同設置により『北海道かごしま館』を6月1日に開設している。
  • 北海道・鹿児島県 - 北海道かごしま館[リンク切れ]
    • 前述の『カムイン北海道』の後継として出店したが、現在は閉店。
  • 長野県 - おいしいさんぽ信州(東京都中央区築地)ナチュラルローソン築地東劇ビル店に、特産品コーナーとして開設
    • 2010年4月オープン、2012年3月閉店[4]
  • 鳥取県 - 食のみやこ鳥取プラザ(東京都港区新橋)
    • 2014年8月27日まで鳥取県単独で運営していた。閉店後はアンテナショップの機能を前述の「とっとり・おかやま新橋館」に継承。[5]
  • いわき市 (福島県) - いわき・ら・ら(東京都港区新橋)
    • 1994年にオープンしたが、2011年3月に閉店。[6]

外国のアンテナショップ[編集]

アジア太平洋[編集]

  • モンゴル - モンゴルアンテナショップMON(茨城県つくば市)
  • 韓国 -チョンガーネ(東京都新宿区百人町・新大久保駅最寄り)
  • 台湾 - 台湾物産館笹塚本店(東京都渋谷区笹塚)
  • ロシア - ロシア雑貨店パルク(東京都杉並区阿佐谷北)
  • タイ - アジアスーパーストア(東京都新宿区大久保)
  • ニュージーランド - ニュージーランドギフトショップ(東京都港区赤坂)
  • ネパール - ネパール物産店(店舗名不明)(東京都新宿区百人町2-10-9 新大久保イニシャルハウス 1F)

中近東[編集]

  • 南アフリカ - マデリーフ&カニールス(埼玉県さいたま市浦和区常盤)
  • 中国 - 中国物産長江(愛知県名古屋市中村区椿町)

ヨーロッパ[編集]

  • ドイツ - ダンケ(奈良県生駒市 西旭丘)

アメリカ[編集]

  • 南米 - アルパカハウス 長野県茅野市ちの3502-1 ベルビア2F

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北日本新聞 2016年11月10日付27面『魚津の味 東京で提供 中板橋商店街に食堂開店』より
  2. ^ “札幌地下街スイーツカフェ8月閉店 家賃、経費負担重く” (日本語). 北海道新聞 (札幌市: 北海道新聞社). (2016年5月28日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0275328.html 2016年5月30日閲覧。 
  3. ^ 関西圏道産品チャレンジショップ「カムイン北海道」閉店のお知らせ(北海道貿易物産振興会、2016年11月10日閲覧)
  4. ^ 「おいしいさんぽ信州」東京店 終了のおしらせ”. 長野県 観光部 観光振興課 (2012年3月19日). 2012年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月11日閲覧。
  5. ^ 食のみやこ鳥取プラザ
  6. ^ いわき市アンテナショップ「いわき・ら・ら」3月閉店へ-事業縮小で(新橋経済新聞 2016年11月10日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]