タチアナ・マリニナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif タチアナ・マリニナ
Tatiana Malinina
Figure skating pictogram.svg
Tatiana Malinina.jpg
2000/2001 ISUグランプリファイナルでの演技
基本情報
代表国:  ウズベキスタン
生年月日: (1973-01-28) 1973年1月28日(44歳)
出生地: ソビエト連邦ノヴォシビルスク
身長: 160 cm
元コーチ: ローマン・スコルニアコフ
所属クラブ: Alpomish
引退: 2002年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
1999 ハリファックス 女子シングル
グランプリファイナル
1998/99 サンクトペテルブルク 女子シングル

タチアナ・マリニナロシア語:Татьяна Малининаタチヤーナ・マリーニナラテン文字転写:Tatiana Malinina1973年1月28日 - )はウズベキスタン出身の女性フィギュアスケート選手。ロシアノヴォシビルスク生まれ。身長160センチメートル。夫も元フィギュアスケート選手のロマン・スコルニアコフ。スコルニアコフはマリニナのコーチでもあった。

現在はアメリカヴァージニア州デール・シティ在住で、夫婦でフィギュアスケートのコーチをしている。子供は男児が一人である。名前はイリヤ。

経歴[編集]

1992-1993年シーズンからウズベキスタンのエースとなり、引退する2001-2002シーズンまでウズベキスタン選手権を全て優勝している。過去にオリンピックには2回、世界選手権へは9回出場。

初のオリンピック出場となった1997-1998シーズンの長野五輪では、8位入賞と健闘する。選手としてのピークは1998-1999シーズンで、GPNHK杯ISUグランプリファイナル四大陸選手権で優勝している他、スケートアメリカで5位、1999年世界選手権は同大会で自己最高位の4位入賞を果たした。

引退シーズンとなった2001-2002シーズンは、再びNHK杯を制してソルトレイクシティ五輪に臨んだ。ショートプログラムでは安定した滑りをしたものの、その直後に風邪の悪化により、フリースケーティングを棄権する。またその後、長野で行われた2002年世界選手権では、フリープログラムでのジャンプが、終盤の2アクセル以外は全て失敗するなどし、総合順位は15位に終わる。それでもフリー演技終了後、長野の観客からの温かな拍手喝采に彼女は涙しながらも深々と頭を下げていた。この世界選手権を最後に現役を引退。

主な戦績[編集]

大会/年 1992-93 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02
オリンピック 8 棄権
世界選手権 21 22 13 17 14 4 18 13 15
四大陸選手権 1 7 4 10
ウズベキスタン選手権 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
アジア大会 2 1
GPファイナル 1 5 6
GPスケートアメリカ 5
GPボフロスト杯 4 3 6
GP NHK杯 10 7 9 8 7 1 3 3 1
ゴールデンスピン 1

シニア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2001/2002 ISUグランプリファイナルはフリー演技を2度行った。
  2. ^ 順位決定方法については2000/2001 ISUグランプリファイナルを参照のこと。

外部リンク[編集]